スポンサーリンク

WordPressにURLパラメーター付きSNSボタン実装

WordPressに実装したSNSアイコン WordPress

CocoonテーマのSNSシェアボタンもいいですが、LINEなどリンク元が不明な場合はシェアされてLINEからサイトに訪問したのか分かりません。

なので、「http://ページURL/?line」のようにURLにパラメータを付けることにしました。

SNSボタンにパラメータ付きURLにするためにCocoonテーマのSNSボタンを使用せず、テーマ内のfunctions.phpでショートコードを用いてSNSシェアボタンを実装します。

実装するSNSは「Twitter、Facebook、LINE」です。他のSNSも共有するリンクと記事URLの法則分かると実装できると思います。

WordPressテーマはCocoonを使用してます。HTMLのヘッダー(HEAD)領域のOGP関連のタグはCocoonテーマで出力されるタグをそのまま使用します。

WordPressでSNSシェアボタン実装イメージ
SNSシェアボタン実装イメージ
スポンサーリンク

パラメータ付きSNSボタン実装前にCocoonの設定

パラメータ付きSNSボタンを実装する前にCocoonの設定を確認します。

【WordPress管理画面】>【Cocoon 設定】

サイトアイコンフォントを変更

Cocoon設定タブの【全体】

サイトアイコンフォントをFont Awesome 5に変更
Font Awesome 5にする

「Font Awesome 5」に変更します。 Font Awesome にTwitterなどのSNSアイコンのフォントがあるのでそれを利用します。

今回は「Font Awesome 5」を使用しています。

SNSシェアボタンを無効

Cocoonで表示してるSNSシェアボタンを無効にします。

Cocoon設定タブの【SNSシェアボタン】

SNSシェアボタンを無効(トップ)
SNSシェアボタンを無効(トップ)
SNSシェアボタンを無効(ボトム)
SNSシェアボタンを無効(ボトム)

CocoonのSNSシェアボタンを表示したままだと、下の画像のように二重に表示されます。

CocoonのSNSボタンと実装したSNSボタンを表示
CocoonのSNSボタンと実装したSNSボタンを表示
スポンサーリンク

functions.phpでSNSシェアボタンのショートコードを作成

functions.phpを編集する前にバックアップを取ってください。記入ミスなどでサイトが真っ白になる場合があります。

ショートコードは「記事タイトル」のみと、「記事タイトル|ブログタイトル」の2つのパターンを記載します。

SNSアイコンのコードを取得する

Font Awesome 5 のSNSアイコンはこちらで確認ができます。

Font Awesome

Twitterアイコンなら検索フォームに「Twitter」と入力して表示します。無料版でもSNSアイコンの種類は多いです。

アイコン詳細ページの「<i…」コードをクリックするとSNSアイコンを表示するコードがクリップボードにコピーされる。

<i>タグをクリックでコピペ
<i>タグをクリックでコピペ

記事タイトル、記事URLのみのコード

Twitterでシェアすると

記事タイトル
URL

でツイートできます。

パラメータ付きSNSボタン、Twitter投稿例
パラメータ付きSNSボタン、Twitter投稿例
//SNSアイコン表示のショートコード(Twitter、Facebook、LINE)
function SNSCodeFunc() {
	$url_temp = get_permalink(); //記事URL取得
	$page_title = get_the_title(); //記事タイトルを取得
	//SNSリンク
	$sns_var = '<p class="sns_ico"><a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//twitter.com/intent/tweet?&text=' . $page_title . '&url=' . $url_temp . '?twitter"><i class="twitter fa-3x fab fa-twitter-square"></i></a>';
	$sns_var .= '<a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=' . $url_temp . '?facebook' . '%2F&t=' . $page_title . '|' . '"><i class="facebook fa-3x fab fa-facebook-square"></i></a>';
	$sns_var .= '<a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//timeline.line.me/social-plugin/share?url=' . $url_temp . '?line"><i class="line fa-3x fab fa-line"></i></a></p>';
}
add_shortcode('sns_code', 'SNSCodeFunc');

記事URLと記事タイトルを取得して変数に代入

  • $url_temp = get_permalink(); //記事URL取得
  • $page_title = get_the_title(); //記事タイトルを取得

「get_permalink(); 」で記事URLを取得、「 get_the_title(); 」で記事タイトルを取得、それらを変数に代入。

SNSシェアURLには法則があるので、こちらを参考。

【ソーシャルサービス】シェアURLまとめ
※動作確認は不十分のため、動作しない or 挙動がおかしい場合は公式ドキュメントなどを見て実装することをお勧めします。 Tweetボタン URL形式 https

Twitterにシェアする場合は以下のようになります。

TwitterシェアURL(aタグhref属性の部分のみ)

<a href="//twitter.com/intent/tweet?&text=[テキスト文]%0a&url=[URL]">

[テキスト文]を「記事タイトル」など、 「%0a」で改行 して、[URL]に「記事URL」が入ります。※[]は不要

これをWordPress関数から記事タイトルなどを取得した変数で

<a href="//twitter.com/intent/tweet?&text=[$page_title]&url=[$url_temp]">

このようするのですが、このままだと文法エラーで動かないので以下のようにします。

'<a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//twitter.com/intent/tweet?&text=' . $page_title . '&url=' . $url_temp . '?twitter">'

「nofollow noopener」、新規ウィンドウ、URL末尾にパラメーター「?twitter」を追加してます。

変数「$sns_var」に代入して、FacebookやLineのシェアURLも同様に「$sns_var」に連結して代入。returnで出力。

文字列を扱うためHTMLタグをシングルクォーテーション「”」で囲んでます。HTMLタグの属性にダブルクォーテーション「””」を使用してるため、シングルクォーテーションです。

TwitterシェアURLでハッシュタグについての補足

ハッシュタグ用のパラメーター「hashtags=」で追加する方法と、テキスト文に追加する方法があるようです(CocoonテーマのSNSボタンは後者)。

Twitterパラメーター使用したシェアURL(例)

<a href="//twitter.com/intent/tweet?&text=[テキスト文]&hashtags=[ハッシュタグ]&url=[URL]">

ハッシュタグのパラメーターを追加するとTwitterパラメーター順に関係なく同じ順番でツイート投稿画面に表示されます。

ツイートの投稿画面

テキスト文
URL #ハッシュタグ

また、テキスト文にハッシュタグを入れる場合は直接「#ハッシュタグ」は使用できないため少し工夫します。

Twitterパラメーター使用しないシェアURL(例)

<a href="//twitter.com/intent/tweet?&text=[テキスト文]%0a%23[ハッシュタグのテキスト]%0a&url=[URL]">

ツイートの投稿画面

テキスト文
#ハッシュタグ
URL

「%0a」は改行。「%23」はハッシュタグ「#」のためハッシュタグ記号は不要、テキストのみの入力で大丈夫です。 URLに記号を使うときは「%~」で置き換えます。

@付きも「%40」に置き換えで行けると思います。

【ASCII文字とURLエンコードの対応表】

TECHNICAL MANUAL

現在のページURLの取得はPHPの変数「$_SERVER」でもURL取得可能ですが、「?twitter」のようにURLにパラメータが入っていると正規表現でパラメータを削除する必要があるので、WordPressで用意されている関数を使った方が簡単です。

<i>タグでSNSアイコンのフォントを表示していますが、クラス内の「fa-3x」はアイコンサイズ。「fa-lg、fa-2x~5x」でアイコンサイズが大きくなります。

また、クラスについてる「twitter」や「facebook」などはCSSでアイコンの色を変更するためです。前後の<p class=”sns_ico”>も含めてあとで、CSSで色とレイアウトを調整します。

ただ、このままでツイートするとテキスト文が「記事タイトル」だけになってしまい、ブログタイトルも入れたいです。(TwitterカードなどのOGPでは表示されるんですが)

「記事タイトル|ブログタイトル」の形式でSNSシェアボタンを実装

先ほどの方法だとブログタイトルが表示されないので、表示するようにします。

Twitterでシェアすると

記事タイトル|ブログタイトル
URL

になります。

また、このまでブログトップページをシェアするとテキスト文が「ブログタイトル|ブログタイトル」になるので、トップページは「ブログタイトル|ブログ概要文(キャッチフレーズ) 」にしてます。

トップページのみ

ブログタイトル|ブログ概要文
URL

にしたい。

//SNSアイコン表示のショートコード(Twitter、Facebook、LINE)
function SNSCodeFunc() {
 	//記事ページURL取得(WordPress関数を使うのでパラメーターは無視される)
	$url_temp = get_permalink(); //記事URL取得(追加したパラメーターは無視される)
	$page_title = get_the_title(); //記事タイトルを取得
	$site_title = get_bloginfo('name'); //サイトタイトルを取得
	$site_description = get_bloginfo('description'); //サイト概要文を取得
	$site_url = get_bloginfo('url') . '/'; //サイトのURL取得。末尾にスラッシュ無いので追加

	//ブログトップページが判別
	if($url_temp == $site_url){ //サイトのトップページ
		//SNSシェアURL
		$sns_var = '<p class="sns_ico"><a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//twitter.com/intent/tweet?&text=' . $site_title . '|' . $site_description . '&url=' . $url_temp . '?twitter"><i class="twitter fa-3x fab fa-twitter-square"></i></a>';
		$sns_var .= '<a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=' . $url_temp . '?facebook' . '%2F&t=' . $site_title . '|' . $site_description . '"><i class="facebook fa-3x fab fa-facebook-square"></i></a>';
		$sns_var .= '<a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//timeline.line.me/social-plugin/share?' . $url_temp . '?line"><i class="line fa-3x fab fa-line"></i></a></p>';
	}
	else{ //サイトのトップページ以外
		//SNSシェアURL
		$sns_var = '<p class="sns_ico"><a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//twitter.com/intent/tweet?&text=' . $page_title . '|' . $site_title. '&url=' . $url_temp . '?twitter"><i class="twitter fa-3x fab fa-twitter-square"></i></a>';
		$sns_var .= '<a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//www.facebook.com/sharer/sharer.php?u=' . $url_temp . '?facebook' . '%2F&t=' . $page_title . '|' . $site_title . '"><i class="facebook fa-3x fab fa-facebook-square"></i></a>';
		$sns_var .= '<a rel="nofollow noopener" target="_blank" href="//timeline.line.me/social-plugin/share?url=' . $url_temp . '?line"><i class="line fa-3x fab fa-line"></i></a></p>';
	}
	return $sns_var;
}
add_shortcode('sns_code', 'SNSCodeFunc');

if文の条件分岐でトップページがどうかを判別しています。

ウィジェットにショートコードを追加する

ウィジェットに作成したショートコード [sns_code] を記入するとSNSシェアボタンが表示されます。※[]を含む太字の部分

ウィジェットの「テキスト」を「固定ページタイトルの下」など任意の場所に追加します。

実装したアイコンはこんな感じで表示されます。

実装したSNSアイコン
実装したSNSアイコン

SNSシェアボタンが表示されましたが、このままだと色が同じだし、位置も調整したいです。※CocoonのSNSシェアボタンも表示していますが、Cocoonの設定から非表示に出来ます。

実装したSNSアイコンの色と位置を調整する

SNSアイコンを各SNSのイメージカラーに変更し、位置も右寄せに調整します。

CSSでSNSアイコンを調整

/* SNSアイコン */
p.sns_ico{
  text-align: right; //SNSアイコン右寄せ
}
p.sns_ico i{
  margin: 0 8px; //SNSアイコンの余白調整
}
/* LINEイメージカラー */
p.sns_ico i.line{
  color: #00B900;
}
/* twitterイメージカラー */
p.sns_ico i.twitter{
  color: #1DA1F2;
}
/* Facebookイメージカラー */
p.sns_ico i.facebook{
  color: #3C5A99;
}
WordPressに実装したSNSアイコン
実装したSNSアイコン

これで完成。

スポンサーリンク

記事URLにパラメータ付きSNSボタンを追加した

「http://記事URL/?line」のようにパラメータが付くようになりました。これで記事がシェアされてアクセスが有ったかが分かります。

テーマやプラグインのSNSシェアボタンもいいですが、自分で実装することでSNSでシェアされるURLにパラメータを付けることができるので便利です。

ウィジェットの好きな場所にショートコードを追加するので自由が利きますよ。

SNSアイコンを画像に変えたりCSSで調整することで、CocoonテーマやCocoonスキンにあるようなシェアボタンにすることも出来ると思います。

タイトルとURLをコピーしました