素人が13年目のクロスバイクCS3000を徹底メンテナンス。固着したスプロケットを外すのは大変

スプロケットを抜く GIANT CS3000いじり

スプロケットはボスフリーなので専用工の「ボスフリー抜き工具」を使用します。カセットスプロケットと違いチェーンを引っ掛ける必要はありません。

BBは簡単に外れたのでスプロケも行けるかと思いましたが、長年のサビと固着で外すのが一番大変な作業でした。

使用工具

  • ボスフリー抜き
  • メガネレンチ(24mm)

他の作業も同時進行で行っているので時系列におかしい場合があります。ご了承ください。

素人による見解なので、記載内容に間違いがある場合があります。プロによるメンテナンス法ではありません。自転車メンテナンスはショップに任せるか自己責任でお願いします

スポンサーリンク

スプロケを外す前にクイックリリースを外します

クイックリリースを外す
クイックリリースを外す

ボスフリー抜き工具はクイックリリースを外す必要があります。クイックリリースのスプロケ側を押さえつつレバーをクルクルって回すと外れます。

外したクイックリリース
外したクイックリリース

バラしたクイックリリースは無くさないようにはめなおして保管します。

固着しすぎたスプロケットを外すのは無理っていうほど大変

スプロケットに使うボス抜き工具
スプロケットに使うボス抜き工具

ボスフリー抜き工具をスプロケットにはめてモンキーレンチやメガネレンチなどで回します。

ボスフリー抜き工具を使う前に、スプロケットのボスフリー抜きが入る隙間とホイールの裏側をラスペネを吹き付ける。

スプロケット
スプロケット

スプロケットの中にボスフリー抜きを装着します。スプロケはかなり錆びてますね。

ハブシャフトのナットを外したかは覚えてないですが、ボスフリー抜きがハマらなかったらナットを外します。

ボスフリー抜き装着
ボスフリー抜き装着

ボスフリー抜き工具をスプロケットに装着したら、モンキーレンチやメガネレンチで回します。

モンキーレンチより安定しそうなメガネレンチを使います。サイズは24mm。

ボスフリー抜き工具が外れそうならクイックリリースで固定するのもいいかもしれない。

スプロケットを抜く
スプロケットを抜く

正ネジなので反時計回りに回すと抜けます。写真だとメガネレンチを上方向になっていますが、下方向に力を入るようにホイールの向きを変えます。

えいやっと何度も体重をかけて挑戦しても外れない。動く気配もなくビクともしない。

何度やっても無理だったので家族の手を借りまます。

メガネレンチを鉄パイプで延長する方法も考えましたが持っていないので鉄スコップを代用。

スコップを利用してレンチを延長
スコップを利用してレンチを延長

鉄スコップのハンドルの穴にメガネレンチを引っ掛けて2人がかりでスプロケットを外します。

これでやっと動きました。

あとはボス抜き工具を手で回すだけで外れます。

外したスプロケット
外したスプロケット
スプロケットを外したホイール
スプロケットを外したホイール

スプロケットの裏側から適当にラスペネ噴射していましたが、ホイールのネジに写真のように装着されていたので、裏側から隙間に細いノズルで浸透させるように吹き付けるとよさそうです。

スプロケットがハマってたネジ山も綺麗で問題なさそうです。

透明なプラスチックのスポークプロテクトは後で洗浄します。ツメで固定されているだけなので(割れないように注意しながら)簡単に外せます。

固着したスプロケットを外すのはかなり大変だった

固着したスプロケットを外すのはかなり大変だった。

2人がかりで何とか外せたが、1人だとメガネレンチを鉄パイプで延長する必要があるかもしれないし、角度が付いてるメガネレンチだと鉄パイプの太さも考えないといけない。

個人的に、スピンナハンドルと六角ソケット(24mm)があると便利かもしれない。スピンナハンドルだと鉄パイプで延長するにも合いそうな太さを探せそうだから。

こっちもあると便利あかもしれない

タイトルとURLをコピーしました