【CUI】ラズパイZERO WHの初期設定からSSH有効まで

PC

ラズパイZERO WHにインストールしたRaspbianの初期設定をします。ラズパイZEROは性能が低くメモリも少ないためCUIで操作し、パソコンからSSH接続をメインで使用します。

そのため、Raspbianも「Raspbian Lite」をインストールします。

初期設定は、

  • コンソールの日本語表示
  • ネットワーク設定
  • raspi-config(SSH有効、タイムゾーン、ビデオメモリ変更)

を作業します。基本的にパソコンでSSH接続して作業するので設定は最低限のみです。

環境

  • RaspberryPi ZERO WH
  • Raspbian Lite
  • Wi-Fiは接続済み

2021年8月22日時点の内容です。

スポンサーリンク

NOOBS liteのダウンロード

ラズパイをRaspbianにインストールするにはNOOBSをSDに書き込む方法と直接ISOイメージファイルをSDに書き込む方法があります。

NOOBSは Raspbianをインストールするインストーラーで初心者でも簡単にRaspbianをインストールできるツールです。

しかし、2020年3月からNOOBSに変わって「Raspberry Pi Imager」のツールが推奨されるようになりました。

NOOBSと同じようにパソコンからSDにOSをインストールするツールです。

そのため、RaspberryPiの公式サイトからNOOBSのダウンロードページが無くなりました。しかし、公式サイトからページが無くなっただけで、直接ダウンロードは出来ます。

なので、慣れ親しんだNOOBSを以下のURLからダウンロードします。

http://downloads.raspberrypi.org/

「/NOOBS_lite/images」の順に階層を辿ると各バージョンのNOOBSがダウンロードできます。

2021年8月時点の最新版「NOOBS_lite-2021-05-28」からNOOBS_lite_v3_7.zipをダウンロードします。

NOOBS Liteはラズパイをインターネットに接続してネットからOSをインストールします。そのため、SDカードからOSインストールするNOOBSとは違いSDカードに入れる容量は少なく済みます。

Wi-Fiに接続してRaspbian Liteをインストールします。

この時点でWi-Fiに接続するので、Raspbian起動後もWi-Fiに接続されるので接続設定は不要になります。

Raspbianの初期ログインは

  • ユーザー名:pi
  • パスワード:raspberry

になります。

スポンサーリンク

コンソールの日本語表示

Raspbian LiteにはGUIは無くCUIで使います。

なので、コンソールからコマンドを入力するのですが、残念なことにコンソール画面は日本語に対応していません。

日本語の表示部分は「四角■」で文字化けします。

初期設定の画面も文字化けして何がなんだか分かりません。

なので、まずはコンソール画面を日本語表示にします。

ここからは、root権限で作業します。

fbtermをインストール

apt-get install fbterm

jfbtermは”exit”コマンドを打つとフリーズするため「fbterm」をインストールします。

fbtermを実行すると新しくコンソール画面に切り替わりますが、このままだと日本語で表示してる部分が空欄になります。

なので、fbterm実行前にフォントをインストールします。

apt-get install fonts-noto

fbterm実行すると日本語が表示されます。

exitでfbtermを終了すると、通常のコンソール画面に戻ります。通常のコンソール画面では日本語表示が文字化けしたままです。

コンソールの日本語表示はラズパイ起動時に毎回「fbterm」を実行する必要があります。また日本語入力も出来ないのですが、パソコンからSSH接続をメインで使うので設定しないでこのままです。

スポンサーリンク

ソフトウェアの更新

apt-get update
apt-get upgrade
apt-get autoremove

ソフトウェアの更新が終了したら「reboot」で再起動する。

スポンサーリンク

vimのインストール

ネットワーク設定をするにあたり設定ファイルを編集するので、(特にカーソル移動が)viより使い慣れてるvimをインストールします。

apt-get install vim
スポンサーリンク

ネットワークの設定

パソコンからSSH接続をするので、IPアドレスを固定にします。

ラズパイは「RaspberryPi2」と「RaspberryPi ZERO WH」の2台持っていてラズパイのIPは「192.168.11.5x」にしてるので同じ場所のIPを設定します。

dhcpcd.confを編集する

vim /etc/dhcpcd.conf

末期に追記

interface wlan0
static ip_address=192.168.11.51/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

保存したら再起動。

ネット接続のInterfaceが「wlan0」になっていると思いますが、ifconfigで確認出来ます。

ネットに接続しているInterfaceが「wlan0」で、接続してるIPアドレスも設定した[192.168.11.51]になってます。

スポンサーリンク

ユーザーパスワードを変更する

ユーザーpiのデフォルトのパスワードがraspberryなので任意のパスワードに変更します。

ユーザー「pi」でログインして

passwd

実行。

現在のパスワード「raspberry」を入力したら、新しいパスワードを2回入力します。

rootにログインしているとroot権限にもパスワードを変更することが出来ます。rootの場合は現在のパスワードは不要。

スポンサーリンク

タイムゾーンの設定

タイムゾーンを日本に設定します。

root権限で

rasp-config

実行

[5 Localisation Options > L2 Time Zone > アジア > 東京]

選択。

スポンサーリンク

ビデオメモリを変更

初期だと64MBになっていてGUIは使わないので8MBに変更します。

タイムゾーンと同じく

続けて設定する場合はコマンド不要。

rasp-config

実行する。

[4 Performance Options > P2 GPU Memory]

【8】と入力。

スポンサーリンク

SSHを有効にする

SSHも同じく

続けて設定する場合はコマンド不要。

rasp-config

を実行。

[3 Interface Options > P2 SSH > はい]

ラズパイ再起動。

スポンサーリンク

パソコンからSSH接続

ラズパイのSSHを有効にしたらパソコンから接続確認。

SSH接続の確認が出来た。

SSH接続の場合はfbtermを実行しなくても日本語表示・日本語入力が出来ます

あとは、ApacheやらSambaなどの構築をパソコンから作業するだけです。

タイトルとURLをコピーしました