Gmailに転送したメールは「ラベル機能」でアカウント別に振り分けると管理しやすい

プロバイダーやフリーメールなど複数のメールアドレスを持っていて、Gmail転送してスマートフォンで見れるようにしているしてると、受信フォルダがゴチャゴチャして重要なメールを見落としてしまうこともあるので、Gmailでメールの振り分け設定しています。

Gmailの振り分けは「ラベル」を貼り付けて分けているので、他のメールソフト(メーラー)と振り分け方が違って忘れてしまいそうなのでメモとして、Gmailでのラベルの貼り付ける方法を書いていきますね。

複数のメールアドレスをアカウント別に分けたいので、そのラベルを貼り付ける方法です。

Gmailの振り分け設定はパソコンを使用してます。

Gmailでメールの振り分け方法

Gmailでは、「ラベル作成」>「振り分けフィルタの作成」の順で作成する必要があります。

初めに、転送て届くメールアドレスの振り分け用「ラベル」を作成方法について書いていき、次に作成したラベルに「フィルタ」を作成して元のメールアドレス別に振り分けていきます。

ラベルを作成する

振り分け用に、新たにラベルを作成します。

Gmailにログインして、左の赤枠を選択して、隠れてる項目を出します。

項目の一番下にある「新しいラベルを作成」を選択します。

ラベル作成画面が出るので、分かりやすい名前を入れて【作成】ボタンを選択します。そうするとラベルが作成されます。

振り分けフィルタの設定

作成したラベルに「届いたメール」を振り分けます。

検索入力の「▼」を選択します。

転送元のメールアドレスで分けたいので、「to」に転送元のメールアドレスを入力します。入力したら「この検索条件でフィルタを作成」を選択。「to」で「転送元の自分のアドレス」を登録することでフィルタは「アドレス」につき1つで済みます。

フィルタの条件設定「ラベルを付ける」にチェック☑して「ラベル」から先ほど作成したラベルを選択します。

「一致するメッセージにも適応」にもチェックを入れます。こうすることで既に受信済みのメールにもフィルタを適応させることができます。

最後に【フィルタ作成】ボタンを選択して終了です。

ラベル・フィルタの編集と削除

作成したラベルやフィルタの設定を間違えた。使わないメールアドレスの振り分けを削除したいなど、作成したラベルとフィルタの編集・削除の方法について書いていきます。

ラベルの編集と削除

左の項目の「ラベルの管理」を選択します。スクロールすると、作成したラベルが一覧で出るので「編集」か「削除」したいラベルを選択します。(編集は、ラベル作成のときと同じ画面が出ます)

ラベルを削除してメールも一緒に消されないの・・・?

ラベルを削除しても、メールからラベルがは外されるだけなので、メールは削除されません。残ったメールは「受信トレイ」から確認できます。

フィルタの編集と削除

「ラベルの編集と削除」同様に「ラベルの管理」を選択します。

「タブ」から「フィルタとブロック中のアドレス」を選択します。

登録しているフィルタが一覧で出るので「編集・削除」したいフィルタを選択します。
(編集は、フィルタの条件を入力するときと同じ画面が出ます)

ラベルのと同じく、「削除」してもメール自体は消えません。

まとめ

用途に合わせて複数のメールアドレスを利用していてスマートフォンでも見れるようにと、Gmailに転送している方は、Gmailのラベル機能で振り分けると転送されたメールの管理がやりやすくなります

ラベルもフィルタも作成して振り分けがうまくできない時は、上記の「ラベル・フィルタの編集と削除」から確認できます。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク