ドコモパケットパック(SPモード)をパソコンで解約する手順 | コピペから応用へ!

ドコモパケットパック(SPモード)をパソコンで解約する手順

スマートフォンのパケット代高いと思ったことありませんか?

自分は、ドコモを使っていますが、格安SIMという言葉を当たり前のように聞くこのご時世、ドコモのパケットパック(データパックS)払うのが高く感じてきました。

なので、パケットパックを解約して格安SIMのデータ通信に乗り換えることにしました。

パソコンから、ドコモのサイトでパケットパックを解約できるようなので実際に解約します。

はっきり言って、面倒くさかったです。お店で解約したほうが断然早いと思います。

それでも自分は、お店に行くのが面倒くさいのとコミュ障(自称)持ちで店員と話すが苦手なので、パソコンから頑張って解約しました。

パケットパック解約すると通信が一切できなくなるので、先に、格安SIMの契約を完了させ接続できる状態にします。

これから、パケットパック解約した手順を順を追って説明しますね。

パケットパック解約前の注意事項

パケットパック解約にはSPモードも解約するのでその注意事項です。

パケットパック解約前に解除するサービス

これをしないとパケットパック解約できません。

  • 通話プランのカケホーダイライトはカケホーダイに変更
  • iD契約者はiDを解約(iDアプリからできます)

解約したほうが良いサービス

解約しなくても問題ないが、後々面倒くさいかも。

  • ドコモメールで登録してるメールマガジンの解約
  • 携帯払いの有料サービス

メールアドレス無くなります(SPモード再登録で同じアカウント登録可)。
有料サービスは、例えば、ニコニコプレミアムだと後で自動解約になります。

ドコモパケットパックの解約

マイドコモのサイトにログインします

解約手続き完了の通知メールはドコモのアドレスに送れないので、事前にパソコン等のアドレスを登録しときます。

解約の手順に入ります。

ドコモパケットパック解約手順1
「ドコモオンライン手続き」をクリック

ドコモパケットパック解約手順2
「料金プランの変更」をクリック

契約内容の一覧が出るので「SPモードに関するサービス」の契約の「解約」します。

ドコモパケットパック解約手順3

このような画面が出るので、全て「解約」に選択します。

特に注意する必要があるのが、データパックを解約すること。
試してないので確認してないのですが、恐らくSPモード解約するとデータパック解約できなくなるはず・・・

ドコモパケットパック解約手順4

SPモードと関係する契約も全て「同意」して解約です。

パケットパックの追加容量も解約します。

契約変更の一覧が出るので「手続きを完了する」をクリックして解約を完了させます。

SPモードの再登録

ドコモのメールアドレスを再登録します。SPモードの解約を行った際に、今まで使ってたアカウントも解約になったので、直ぐに再登録すると同じアカウントで登録できるかと思います。(時間を置くと他の人が、そのアカウント名で登録する可能性があります)

SPモードの再契約は解約の時と同じくドコモオンライン手続きの「契約内容確認・変更」から行えます。
また、SPモード決済を行う場合パスワードはリセットされます。

この時、データパックは契約しません。SPモードだけの契約です。

また、有料サービスを利用したい場合は再度契約し直します。

データパックは月末までの契約が残ってるので解約時期によりますが、SPモード再契約でも月末までパケ代かかりません。

この期間を利用して格安SIMに乗り換えるので、格安SIMの契約を完了させて使える状態にします。

契約した格安スマホのプラン
ドコモ データSパック(2GB/月)3700円 → ocnモバイルone (3GB/月) 1100円 + 934円(Wi-Fiルータ レンタル)

PS Vitaなど接続したかったのでWi-Fiルータをレンタルしています。

ドコモのスマホで格安SIMに接続した場合テザリングが使えないので、タブレットや携帯ゲーム機を接続する場合は、テザリングできるSIMフリーのスマホかモバイルWi-Fiルータを使う必要があります。

格安SIMのOCNモバイルONEに変えてパケ代26.87%節約!』で、格安SIM乗り換えで節約した記事書きました。

シェアする

フォローする

僕のブログはmixhostのレンタルサーバーを使ってます
mixhost