ブラウザで真っ白に表示される問題の解決はセキュリティソフトESETの設定から

PC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブラウザで一部サイトが真っ白になる事案発生

SEOチェキNAVERまとめなどのサイトがブラウザで真っ白に表示される問題が発生。

どういう状況で出るのか調べたら、Windows10でChromeとOperaで症状が出てるようだった。

試しにEdgeで確認したら上部のヘッダー部分にエラーメッセージがズラリ。

セキュリティソフトの設定変更で解決

エラーの内容は分かりません。ただ、ブラウザが影響を受けるソフトを考えたらセキュリティソフトのESETだと思いました。

ESETの設定を見てみると「WEBアクセスの保護」という項目があります。怪しい……いかにもブラウザに影響出そうな項目。

これが影響で一部のサイトで真っ白になっているのかと思い、機能をOFF。そしたら、ネイバーまとめやSEOチェキのサイトが問題なく表示。Edgeで出ていたエラーも消えた。

ただ、Windows Vistaではこの問題は出ていません。「WRBアクセスの保護」機能も有効になってます。

そこで両者の違いについて考えました。

  • Windows10:ESET 8
  • Windows Vista:ESET 9

そう、ESETのバージョンが違ってます。

症状が出てたWindows10のパソコンのESETのバージョンを「8 → 9」にアップ。さらに、無効にしてた「WEBアクセスの保護」を有効。それでも真っ白になる症状は出なくなりました。

ブラウザの画面が真っ白になってサイトが表示されないときは

お試しあれ~(^^♪

スポンサーリンク
PC
SNS(アカウント)・RSS
スポンサーリンク
コロロング