駅メモで富山県の黒部峡谷鉄道を考察!冬季取得も可能か | コピペから応用へ!

駅メモで富山県の黒部峡谷鉄道を考察!冬季取得も可能か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

富山県攻略で最も駅取得が困難な黒部峡谷鉄道の駅を黒部峡谷鉄道以外で取得できるポイントを解説します。
ほぼ全ての駅でレーダーを使用します

ほとんどのエリアは冬季閉鎖区間のため春から11月の間にしか取得できませんが、冬季閉鎖ゲート付近で取得可能かについても分析しています。

また、駅取得ポイント確認に「駅メモマップ」を使用しています。

黒部峡谷鉄道

一般的には観光向けトロッコ電車で黒部峡谷は豪雪地帯のため
冬は運行していません

例年の運行シーズンが
4月下旬~11月頃まで
2017年の全線開通は5月10日予定

黒部峡谷鉄道の駅取得ポイント

黒部峡谷鉄道にある各駅にレーダーで届く場所について解説します。

宇奈月駅(うなづき)

富山地方鉄道の宇奈月温泉駅から近いので宇奈月温泉街から通年取得できます。

黒薙駅(くろなぎ)

宇奈月温泉駅からレーダーで取得可能です。

さらに奥に行った所にある「とちの湯」は露天風呂から黒部川とトロッコ電車が見れるのでお勧めです。
例年4月下旬~12月上旬頃まで営業

20170114020027
駐車場から撮った写真ですが露天風呂からも同じ景色が堪能できます


シーズン中宇奈月温泉からシャトルバスが出ていたと思いましたが情報が無いので、直接お問い合わせで確認してください。

宇奈月温泉街の駐車場有料ですが、とちの湯の駐車場は無料です。

黒部・宇奈月温泉観光局

鐘釣駅(かねつり)・欅平駅(けやきだいら)

鐘釣駅

称名滝で取得可能。

一応レーダーで宇奈月温泉街から届きます(13番目)

欅平

称名滝から取得可能です。

称名滝へ行く道路は、12月初め~4月下旬まで冬季閉鎖

駐車場から1.3kmほど歩き日本一高い滝の称名滝周辺からレーダーで取得できます。
シーズン中は富山地方鉄道立山線の立山駅から駐車場の食堂・売店まで立山黒部貫光バス称名滝線が運行されています。
駐車場からはレーダーが届きません

20170114024944
ちなみに称名滝は日本一高い(落差がある)滝だそうです


  食堂から先はトイレと自販機が無いので準備をしてから出発しましょう。

剱岳登山口(馬場島荘)

黒部峡谷鉄道の全駅取得可能な場所です。

チェックイン駅が「欅平」となっていて、車から唯一取得可能な場所です。

12月初め~4月中旬まで冬季閉鎖

道幅が狭い箇所があるため、ストリートビューなどで確認してから向かうことをお勧めします。

冬季取得エリア

「宇奈月駅・黒薙駅」は宇奈月温泉街から取得できるので、「鐘釣駅・欅平駅」について解説します。

剱だけ登山口に向かう、富山県道333号線の冬季閉鎖ゲート手前500mにある剱青少年研修センター(ストリートビューで取り壊し工事中)からは欅平と鐘釣駅がレーダーの範囲内なので冬でも取得可能かと思います。

20170114044729

ゲート付近まで除雪がされている前提で解説していますが、手前にある集落まで距離があるためゲート付近の除雪の状態が分かりません。

冬期に取れるか欅平を検証しました『駅メモ!冬に欅平は取れるのか!?富山県道333号を走ってみた

携帯3社のエリアは

ドコモ、au、ソフトバンクの3社のエリアを調べました。

称名滝

3社とも電波入ります。

宇奈月温泉街・とちの湯

温泉街は民家もあるので当然入ります。

とちの湯も3社ともカバーしてます。

馬場島荘・県道333号冬季閉鎖ゲート

馬場島荘はドコモとソフトバンクがカバー、ゲート付近は際どいですがドコモだけカバーしてるようです。
(ドコモは閉鎖された剱青年研究センターの周りで電波が入るようです)

黒部峡谷鉄駅道取得ポイントまとめ

シーズン中に黒部峡谷鉄道を利用するのが一番でしょうが、それ以外の方法だと称名滝と宇奈月温泉からレーダーで取るのが確実と言ったところです。

冬季取得を考えるのであれば、雪が落ち着く3月頃を狙うとよさそうです。

駅メモ関連記事

【駅メモ】マスターオブ福井への道 廃駅取得ポイント【福井鉄道鯖浦線】

北陸3県「富山・石川・福井」の鉄道フリーきっぷ1日乗車券まとめ

駅メモ!冬に欅平は取れるのか!?富山県道333号を走ってみた

運転中のスマホ操作は違法です。
マナーを守り楽しい駅メモライフをエンジョイしましょう

駅メモ中はスマートフォンのバッテリー消耗が早いのでバッテリー切れにならないようにモバイルバッテリーを忘れないように用意しましょう

スポンサーリンク



このブログはレンタルサーバーmixhost
運営してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする