サーバーにWordPressを手動でインストールする方法

PHPとデータベース(MySQL)が使えるサーバーでFTPソフトからワードプレスを手動でインストールす方法です。

以前『海外ホスティングサービスに日本語版WordPressのインストール手順』で解説しましたが、一般的なレンタルサーバーを想定して新たに解説します。

「Raspberry Pi」にWEBサーバーを入れてローカル環境で解説していますが、「PHP・MySQL」が使えるレンタルサーバーでも基本的なことは同じかと思います。

基本的な手順は「WordPress入手→WordPressアップロード→データベース作成→WordPressインストール」です。

スポンサーリンク

事前準備

WordPressをインストールす前に「準備・確認」してほしい項目です。

サーバーのデーターベース(DB)の確認

  • DBのホスト名
  • DBのユーザー名
  • DBのパスワード
  • データベースの新規作成方法(サーバー管理画面からか、phpMyAdmin利用可能か)

FTP

  • サーバーにFTPの接続方法の確認
  • FTPソフトの用意
  • FTPソフトの接続設定

ここではFTPソフトはFileZillaを使って説明します。

FileZillaのダウンロードは、FileZilla公式サイトに行き「ダウンロード」ページに移動します。

ダウンロードパッケージ一覧から

「FileZilla_Server-バージョン番号.exe」をダウンロードします。

また、レンタルサーバーのFTPの「アカウント・パスワード・接続先」も確認します。

エディタソフト

サクラエディタや秀丸エディタなどのWindows標準メモ帳以外。

WordPressを入手

公式サイトから入手できます。

投稿時最新である「バージョン4.7.2」を使います。

ZIP形式をダウンロードします。

WordPressは常に更新されるので画面のバージョンと異なる場合があります。

WordPressを解凍

ダウンロードしたWordPressを解凍します。

WordPressのアップロード

FTPでアップロード

「FileZilla」を使ってWordPressをアップロードします。

解凍した「wordpress」のフォルダをサーバーのサイトのルートディレクトリにアップロードします。

※ここではWordPressを管理しやすいように「ルートディレクトリ/wordpress/」にインストールしています。

WordPressをルートディレクトリ直下にインストールしたい場合は「ルートディレクトリ直下にインストール」進みます。

index.phpの編集

ローカルの「wordpress」フォルダ内の「index.php」を編集して別フォルダに新規保存します。(上書きしません

WordPressをルートディレクトリ直下にインストールする場合は不要です。

<?php
/**
 * Front to the WordPress application. This file doesn't do anything, but loads
 * wp-blog-header.php which does and tells WordPress to load the theme.
 *
 * @package WordPress
 */

/**
 * Tells WordPress to load the WordPress theme and output it.
 *
 * @var bool
 */
define('WP_USE_THEMES', true);

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

編集前

<?php
/**
 * Front to the WordPress application. This file doesn't do anything, but loads
 * wp-blog-header.php which does and tells WordPress to load the theme.
 *
 * @package WordPress
 */

/**
 * Tells WordPress to load the WordPress theme and output it.
 *
 * @var bool
 */
define('WP_USE_THEMES', true);

/** Loads the WordPress Environment and Template */
require( dirname( __FILE__ ) . '/wordpress/wp-blog-header.php' );

編集後(最後の行を「/wordpress/wp-blog-header.php」に変更します)

※上書きせず、新規に「index.php」を作成します。

編集した「index.php」をルートディレクトリにアップロード

ルートディレクトリ直下にインストール

WordPressをルートディレクトリ直下にインストールすることも可能です。
この場合「index.php」の編集は不要です。

WordPressフォルダ内にある全てのファイルをFTPでルートディレクトリにアップロードします。

データベースの作成

phpMyAdminで新規にデータベースを作成します。

phpMyAdminからデータベースの作成ができない場合はレンタルサーバーの管理画面から作成します。

その場合、照合順序を「utf8_general_ci」に指定します。

phpMyAdminでデータベース作成

phpMyAdminにログインします。

データベースのタブを選択

データベース名を入力し、照合順序を「utf8_general_ci」にして作成します。

データベースを作成すると赤枠にDBが追加され画面のようなメッセージが出ます。

WordPressのインストール

赤枠のボタンを選択します。

データベースの接続設定

※データベースホスト名は「例」です。レンタルサーバーの管理画面等で確認します

サーバーデータベースの情報を入力します。

データーベース名:先ほど作成したDB名
ユーザー名:DBに接続するユーザーアカウント
パスワード:DBに接続するためのパスワード
データベースのホスト名:***.example.com
テーブル接頭辞:セキュリティ上「wp_db_」などに変えたほうが無難

全て入力し終わったら「送信」ボタン選択します。

正常にデータベースに接続するとこの画面が出るので次に進みます。

インストール

サイトタイトルなど入力します。「ユーザー名・パスワード」はWordPressの管理画面に入るための情報なので新しく入力します。

「検索エンジンへの表示」にチェックを入れれます。こうすることでサイトが作成中はGoogleなどに登録されません。

サイトが完成したらチェックを外しましょう。
「管理画面 > 設定 > 表示の設定」

※セキュリティ上、データベースの「ユーザー名・パスワード」とは別にします。

先ほど作成したWordPressの「ユーザー名・パスワード」でログインします。

赤枠で囲んでいるところにタイトルが表示されます。タイトルをクリックするとサイトが表示されます。

公開されたサイトの状態です(デフォルト)

これでWordPressのインストールが出来たので、後はテンプレートの編集などして記事を投稿しましょう。

最初の内はトラブルが起きるものです。当管理人も初めてWordPress(無料海外サーバーで)をインストールしたときは「データベースの接続」で何度もエラーを経験しました。

何度もトライアンドエラーを経験することで分かってくるものです。

インストール時のトラブル対処

WordPressインストール時に発生するトラブルの対処法です。

ファイル wp-config.php に書き込めませんでした。

この様な画面が出た場合は

  • WordPressインストールしたディレクトリの所有者確認
  • WordPressインストールしたディレクトリのパーミッションの確認

VPSやLinux(CentOSやDebianなど)でアップロードしたユーザーとApacheのユーザーが異なってると出ます。レンタルサーバーだと、この症状少ないかと思います。

サーバーのファイルマネージャーやLinuxコマンドで所有者をApacheの所有者に変更します。
または、パーミッションが「書き込み可」になってないか確認します。

WordPressのパーミッション設定はこちら

修正したら、ブラウザの画面を一つ戻り再度「データベースの接続設定」から操作を行います。

データベース接続エラー

この画面が出た場合は、サーバーのデータベースの接続が失敗しています。

前の画面に戻り、「DBのユーザー名、パスワード、接続先、データベース名」を見直します。

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク