パソコンの入門書と専門的な本の役割

パソコン関連の書籍には、パソコンの使い方を解説してる「入門書」とソフトの使い方について解説してる「専門的」な本がある。(厳密には専門的レベルではないが)

入門書でキーボードの入力の仕方やマウスの使い方を説明しているのは分かるけど、そのソフトの使い方の「専門的な本」でマウスの使い方を説明してるのってどうなんだろうって疑問に思う。

そもそも、、WordやExcelならまだしも、ペイント系ソフトやビデオ編集ソフトでパソコンの基本的な操作の解説は不要だと思う。

なぜなら、電源を入れると誰でも最初はパソコンの基本的な操作を覚える必要があるからだ。
この時点でキーボードやマウスの使い方はクリアしている。

ソフトの説明をするなら、ショートカットキーやマウスのジェスチャーについて解説したほうが良いんじゃないかな。

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク