mixhost登録前にWordPress移行プラグインを試してみた | コピペから応用へ!

mixhost登録前にWordPress移行プラグインを試してみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


以前から『レンタルサーバーMixhostが気になります』で気になっているmixhostですが、登録前にWordPressのブログをローカル環境で移行できるかテストしてみました。

WPとDBをバックアップ取って手動で移行するのもいいのですが、ローカルで確認するにもデータベースのURLの置換が面倒なのと、WPをインストールする階層を変えたいのもあって、WP自動インストールも考えて移行プラグインを使ってみました。

あと、WP自動インストール時に、サーバーインストール型RSSリーダー入るようなので、これも少し気になっています。

ちなみに移行する予定のブログは、VPSで運営しててアクセスがクソで超零細で半放置気味の1日1000~2000pvのアダルトなブログです。(一応、広告収入で毎月サーバー代の元は取れてるみたいです)

WP移行プラグイン

mixhostの『ヘルプセンター』が有能で、WordPress移転についても細かく書いてあります。

その、「ヘルプセンター」に、WordPressの移行プラグイン「All-in-One WP Migration」、「Duplicator」の解説が載ってたので両方試すことにしました。

WordPressの他サーバーからの移転方法(All-in-One WP Migrationを使用)
他サーバーからmixhostに、WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」…
WordPressの他サーバーからの移転方法(Duplicatorを使用)
他サーバーからmixhostに、WordPressプラグイン「Duplicator」を使用して移転する方法をご…

両方試したなかで、Duplicatorだけ移行に失敗しました。

ただ、両プラグインの違いが、何となく分かったのでその違いについて説明したいと思います。

All-in-One WP MigrationとDuplicatorの違い

「All-in-One WP Migration」と「Duplicator」の違いにですが、

All-in-One WP Migration

  • エクスポートもインポートも簡単
  • 設定不要で移行完了
  • ドメイン変わってもインポート時に置換してくれる
  • エクスポートのファイルは1つのみ
  • 移行予定のサーバーにWPのインストールが必要

Duplicator

  • 移行先環境でWPのインストール不要
  • インストーラーファイル(PHP)とWPのディレクトリのZIPの2つダウンロードする必要がある
  • インポート時にサイトURL、WP管理画面URL任意にL変更可能
  • インポート時に移行先のDBログイン情報の入力が必要

こんな感じでしょうか2つの印象は。

All-in-One WP Migrationは簡単にインポートできますが、移行先のサーバーにWP本体とプラグインをインストールする必要があります。

Duplicatorは、エクスポートでダウンロードしたファイルに、インポート実行用のPHPとWP本体のZIPが付いてるので、手動でWP本体とDBを移行する作業をプラグインでやっている感じがします。

実際に使っていみて

ただ、先ほど述べた通り「Duplicator」でのインポートに失敗しています。テスト環境でインポートした際にWP本体のインポートはプラグインも含めてできてるようですが、記事のインポートがまったくできません。

インポートしたサイトにアクセスするとWordPressインストールしたときに出る「サイト登録の画面」がでます。インポート時にDBの接続設定は終わっているのでDBにはログインできてると思います。

また、エクスポートでダウンロードする実行用のPHPファイルがダウンロードに失敗して文字化けします。移行前のサーバーで保存はされてるようなので、FTPからダウンロードしてます。

ちなみに、このブログ(Xdomain)を「All-in-One WP Migration」で移行テストしたところ、エクスポートしたバックアップファイルのダウンロードに失敗、「500 Internal Server Error」がでました。

Xdomainの上位にあたるエックスサーバーだとダウンロードできるようなので、無料版での制限かと思います。

仕方ないので、エクスポート時に作成されるバックアップファイルをFTPで接続してバックアップファイルをダウンロードしています。

『All-in-One WP Migration』プラグインを使用してXdomainからmixhostに引越し手順を記事を書きました。「500 Internal Server Error」の対処法も書いてます。

WordPressお引越し!WPからWPに同一ドメインの移転方法
WordPressお引越し!WPからWPに同一ドメインの移転方法
先ほど書いた記事『ブログで借りてるサーバー引っ越しで移転の際に行うべき作業とは』はメモ的な内容なので、独自ドメインとWordPres...

まとめ

ローカル環境で確認したところ、プラグイン「Duplicator」でインポート失敗(原因は調べてないので分かりません)、プラグイン「All-in-One WP Migration」だとあっという間に移行が完了したので、mixhostに移行するときは「All-in-One WP Migration」になりそうです。

ローカル環境で試したのでURLが「http://IPアドレス/test1/」みたいになっていますが、両プラグインとも、ドメインもインポート時に置換されるようなのでドメインが変わっても問題なさそうです。

ただ、WP本体がある場所が「/wordpress/」から「/」に変更しているので、ウィジェットに貼り付けてる画像や個別に書いた内部リンクのURLは修正する必要がありそうです。

あとは、mixhostにスムーズに移行できるかだけです。vpsからmixhostに移行する時にネームサーバーをmixhostに変更してから移行すると、その間見れなくなりますから、この辺スムーズにできるか調べてからmixhostに登録しようかと思います。

移行後に、余裕あればこのブログもmixhostに移行しようかと考えてます。

僕はmixhostのレンタルサーバー
ブログ運営してます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする