TMPGEncでオーディオコメンタリー(副音声)作成方法 | コピペから応用へ!

TMPGEncでオーディオコメンタリー(副音声)作成方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

アニメ「ももくり特番」をHDDレコーダーで撮っていたので、パソコンで取り込んで「TMPGEnc Video Mastering Works 5」でオーディオコメンタリー化にしました。

BSのアニメは、アニメ特番でオーディオコメンタリー付きが流れることがあり、副音声の作成方法をつい忘れてしまうので、メモとして書いておきます。

本編 — 音声トラック1
副音声 — 音声トラック2
として作成してるので2カ国語音声と違いどちらもステレオになります。(但し、放送ソースに依存します

録画とパソコン取り込み環境

録画はアイオ・データー「HVTRN-BCTL」のHDDレコーダーでしています。こに製品、TSで録画できるのでオーディオコメンタリーもそのまま録画されます。

パソコンへの取り込みは以下のようになります。

[HVTRN-BCTL]-D端子-[MonsterX2]–>[アマレコTV]–>AVIファイル

なお、オーディオコメンタリー付きのアニメは、本編と副音声2回パソコンに取り込んでます。(副音声用は画質落としてます)

本編ファイル –> フルHD
副音声ファイル –>  ハーフ(960×540)

このように取り込んでます。

TMPGEncでオーディオコメンタリー作成方法

「TMPGEnc Video Mastering Works 5」が長いので、以後、「TMPGEnc」で説明します。

!録画ファイルは本編と副音声の2つが必要になります。
また、2つの録画ファイルのフレームレートは同じにします。(そうしないと音ズレが発生します)


TMPGEncを開き「新規作成(ノーマルモード)」を選びます。


取り込んだ2つのファイルを追加します。追加ウィザードや直接ドラッグでも取り込めます。


編集したいファイルをダブルクリックします。


CMカットなど適度に編集します。CMから本編に切り替わるフレームを目安にするとうまくいきます。

慣れないうちは、オープニングパートなど短い時間で試すことをお勧めします。


2つのファイルのフレームが同じであること確認します。
副音声用ファイルを再度編集画面を開き「クリップ情報」を選択します。


映像の「▼」を開いて「映像なしにする」を選択します。確認メッセージが出ますが「はい」を押します。


このような画面になるので「OK」を押して完了させます。


2つのファイルを別々で保存するので、出力設定の出力方法を「クリップ毎に別々のファイル(または別々のファイルセット)で出力」を選択します。

今回は、DVD1枚に収まる容量なのでエンコード形式は「AVCHD」のフルHDに設定しています。


出力開始かバッチ登録でエンコードします。

フレームにだけ気を付ければよいので、副音声ファイルは編集後に音声だけ出力するとエンコード時間の節約になります。


出力設定の「出力ストリームの種類」を音声のみに設定するとエンコードで音声ファイルが出来上がります


次にスタート画面に戻り、「高度なツール」を選択します。


MPEGツールの多重化(高度)を選択して、先ほど作成した2つのファイルを追加します。

形式を選択して、出六先を選んで実行します。形式は以下の表を参考にします。

DVD-VideoMPEG2 プログラムZ(VBR)
Blu-rayMPEG2 Transport(VBR)
AVCHD DVD
MP4MKV

作成されたファイルを再生します。再生ソフトのメニュー等で音声トラック1,2が確認できます。

TMPGEnc Authoring Works 5があるとディスクを焼くときに簡単になります

TMPGEnc Video Mastering Works 5でエンコードした本編と副音声ファイルを用意します。

本編ファイルを追加します。


「音声ストリーム追加」で音声トラックを追加します。(音声2になってると思います)


参照の「▼」から「音声ウィザード」を使って副音声のファイルを追加します。


「はい」を選択します。もし、カット編集などしていれば編集前に戻ります。

後は、普通に進めてDVDやBlu-rayディスク作成します。

まとめ

一通りの作業はこんな感じです。本編と副音声ファイルのフレームレートとフレーム数を同じにすると音ズレは発生しません。

TMPGEnc Authoring Works 5は音声トラックを追加できます。なので、DVD-VideoやBlu-ray Discを作成する場合は、TMPGEnc Video Mastering Works 5でエンコードしたファイルを追加することで簡単に副音声が作成できます。

現在、「TMPGEnc Video Mastering Works」と「TMPGEnc Authoring Works」は共にバージョン6ですが、操作性にさほど違いはないので同じことができるかと思います。

スポンサーリンク



このブログはレンタルサーバーmixhost
運営してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする