日常アニメの移り変わり!学校ものから社畜(ブラック)ものへ | コピペから応用へ!

日常アニメの移り変わり!学校ものから社畜(ブラック)ものへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日常系アニメ大好きな『こたつねこ』です。お気に入りの日常系アニメはあずまんが大王、ひだまりスケッチ、らきすた、けいおん、ゆゆ式です(笑)※時系列順

日常系アニメ見始めたのがらきすたからですが、最近、日常系アニメって時代を反映しているなとつくづく思います。

一昔前は学校ものが多かったですが、今は社畜(ブラック系)を見かける様に感じてます。

日常系アニメの定義は様々ですが、私、個人的に言うと、「ほのぼのしていたりシュールなギャグがある日常を描いてるアニメ」かと思います。なんだか曖昧な感じがしますが、ようは考えないで感じて楽しむアニメかなと思います(笑)

そんな日常系アニメの作品を学校と社畜(ブラック)に分けて書きたいと思います。

「あのアニメ入ってないよ」とか思うかもしれませんが、「私」主観なので大目に見てやってください(^^;

学校ものの日常アニメ

作品タイトルに放送した年を入れてます、

あずまんが大王(2002)


元祖萌え系日常アニメの元祖です。今の萌え系日常アニメ(主に4コマ系)は、この「あずまんが大王」を基準に作られてると思っていいほど共通点がたくさんあります。

個人的に大阪さん(春日 歩)が好きでしたが、改めて見ると先生2人組がイイ感じにキャラが出てて好きになりました。

ひだまりスケッチ(2007)


美術系日常アニメ。シュールなギャグより、まったり楽しめるほんわかアニメです。

美術系アニメは他にもありますが(GAとか)、ひだまりスケッチが一番有名かなと思います。チクリンは伝説。

らきすた(2007)


オタク+学校ものを組み合わせた日常系アニメ、オタクのあるあるネタなど沢山出ます。

今は当たり前になった聖地巡礼を世に広めた作品です。これより前から聖地巡礼はあったのですが、恐らくらきすたがブームに火をつけたのでしょう。

聖地巡礼で成功したアニメとも言えます。

けいおん!(2009)


バンド系日常アニメ。演奏をより音楽室でお茶会しながら会話を楽しむアニメです。

映画は感動します。一度見るべし

けいおん!をきっかけにバンド始めた人も多いかと思います。

社畜(ブラック○○)もの日常アニメ

NEW GAME!(2016)

社畜系日常アニメ。ゲーム会社に就職した主人公の日常を描いてます。

スケジュールに追われ、残業続き、納期直前の徹夜などIT企業の3K?が入ってるのではないかと思います。

ステラのまほう(2016)

学校が舞台ですが、ブラック部活的な意味でこっちです。

同人ゲームを制作する部活のサークルの話になっていて、イベント直前の納期に追われる様子が、NEW GAME!を引き継いだようようなアニメです。

まとめ

こうしてみると、日常系アニメって現在の社会情勢?が描かれている気がします(笑)

他にもIT企業で働いてる設定のアニメはありますが、NEW GAMEとステラのまほうはブラックよりなので書きました。

どんな内容でも、日常系アニメは考えないで感じて見るアニメだと思います。小難しい話ではないので、面白いんですよね。

ではまた^^

スポンサーリンク



このブログはレンタルサーバーmixhost
運営してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする