WordPress引越しプラグインAll-in-One WP Migrationで簡単移行

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WordPress

WordPressの引越しはプラグイン「All-in-One WP Migration」を使うと簡単にサーバーを移転できます。ブログのURLを変更する移転にも対応しています。

一般的にWordPressの引越しとなると、ファイルやデータベースのバックアップを取って手作業で行ってるのを思い浮かびますよね。これだと、FTPで全ファイルダウンロードやデータベースのバックアップをしないといけません。

素人がデータベース操作するのはかなり大変な作業ですよ。

  • データベースの操作不要
  • サイトのURL変わっても自動でアドレス置き換え

All-in-One WP Migrationを使うとDBの操作も不要でURLが変わっても対応できます。えっ、こんだけで終りなの?とあっという間。手作業よりも格段に楽になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ引越しの前準備

WordPressを移転する前に必ずやっておく準備があります。

  1. 移転先のサーバーにドメインを登録する
  2. 移転先サーバーでWordPressをインストールする
  3. 移転先サーバーでプラグイン「All-in-One WP Migration」を入れる

同一ドメインの引越しでサーバー移転する時は移転先のサーバーに移転元と同じドメインも登録しておきます。この時点で、ネームサーバーの変更は不要です。

同一ドメインの移転で常時SSL[https]化してる場合

移転先サーバーのWordPressは[https]のアドレスでインストールします。

同一ドメインで常時SSL化していると移転先サーバーの作業中はブラウザに「証明書未発行」の警告画面が出る場合があります。そのまま、無視して表示させて問題ありません。

証明書発行は、移転作業完了してネームサーバーを変更したときに行います。サーバーにより、コントロールパネルから操作して発行、ネームサーバー変更後24時間以内に自動発行など異なるので利用してるサーバーに確認してください。

ブログのURLを変更して移転する場合は、同じサーバー内で新規にWordPressを入れることも可能です。

All-in-One WP Migrationの使い方

移転時の注意点

All-in-One WP Migrationで移転するときに注意点です。

サーバー移転・ブログURL変更共に共通

  • 無料版はエクスポートす容量は512MBまで対応
  • プラグイン「SiteGuard」は無効にしておく
  • ご自身で作成したディレクトリはインポート(バックアップ)されない

All-in-One WP Migrationの無料版のバックアップできる容量は512MBまでとなってます。容量は画像ファイルが大きくなる傾向があるのでバックアップから除外してFTPでアップロードすると512MB以下に収まると思います。

プラグイン「SiteGuard」も無効にしておくと良いです。「SiteGuard」はログインページ変更などセキュリティに関する機能がありますが、移転先でログインする際にログインページが表示されない場合があります。

ブログを移転して動作確認が終わったら「SiteGuard」を有効にさせます。

また、ご自身で作成したディレクトリやファイルなどは個別にFTPでアップロードする必要があります。

例えば、このブログのディレクトリは以下の階層になってます。

coronblog.net
├── etc
├── wp-admin
├── wp-content
├── wp-includes
└── …

[etc]は後で作成したディレクトリなのでFTPでアップロードする必要があります。

ブログURL変更する場合

  • HTMLやCSSで直接書いてる内部リンク(URL)は移転後に修正必要

HTMLやCSSに背景画像などのURLを書いている場合は、ブログURL変更で置き換わりません。手作業で修正していく必要があります。

また、移転作業でパソコンのhostsファイルを書き換えますが、書き換え作業はWindowsで説明しています。

ネームサーバー変更前はテーマ編集をしてはいけない

移転先サーバーにネームサーバー変更前は、移転先の作業でWordPressの[外観]>[テーマ編集]からCSSやPHPファイルを編集しないでください。

WordPressのテーマ編集で編集したCSSやPHPファイルは保存するときにエラーが無いかチェックしています。ネームサーバーを変更していないで編集を行うとエラーチェックの通信が確認できないため、WordPressのバージョンによっては最悪ファイルが真っ白になる事があります。

どうしても編集する場合はFTPやサーバーのファイルマネージャーを利用するか、ネームサーバーを変更してから行うようにしてください。

エクスポート(移転元サーバー)

エクスポートを選択する

エクスポートを選択する

All-in-One WP Migrationの【エクスポート】を選択します。エクスポートするとバックアップファイルが生成されます。

サーバーやWordPress、プラグインのバージョンにより英語表記「Export」になってる場合があります。

ファイルを選択

ファイルを選択

エクスポート先の【ファイル】を選択するとエクスポートが始まります。

エクスポートしたバックアップファイルをダウンロードする

エクスポートしたバックアップファイルをダウンロードする

バックアップファイルが作成されるので、ダウンロードします。

移転元の作業は以上で完了です。

パソコンのhostsを書き換える(同じドメインで移転の場合)

パソコンにあるhostsを書き換えることで、ネームサーバーを移転先サーバーに変更しなくてもサイトを表示させることが出来ます。これは、hostsを書き換えたPCのみで他のパソコンからのアクセスに影響は出ません。

ブログのURL変更の移転になる場合は「hosts」の書き換えは不要です。

hostsの書き換えにWindowsで説明を進めます。Macの場合は『Macでのhosts書き換えを説明しているサイト』があるのでそちらを確認してください。

管理者権限でメモ帳を開く

管理者権限でメモ帳を開く

管理者権限でメモ帳を開きます。

hostsファイルを開く

hostsファイルを開く

メモ帳のメニューの【開く】から「C:\Windows\system32\drivers\etc\hosts」と入力してファイルを開きます

hostsファイルに移転先IP・ブログURLを追加する

hostsファイルに移転先IP・ブログURLを追加する

メモ帳に移転先のネームサーバーとドメインを追記します。

移転先サーバーのIPアドレス	サイトURL

IPとURLの間に「タブ」で空白を入れています。

追記したら上書き保存します。ブラウザでブログにアクセスしてみてください。これで、移転先サーバーのWordPress(作りたてのブログ)が表示されます。

※移転作業完了してネームサーバーを移転先に変更したら、hostsは元に戻します。

インポート(移転先サーバー)

hostsを書き換えた場合、ブログのURLで移転先サーバーにアクセスがあるか確認します。移転先サーバーには、予めインストールしておいたWordPressのサンプル記事が表示されています。

これから、移転先サーバーでインポート(リストア)作業に入ります。

インポートを選択する

インポートを選択する

All-in-One WP Migrationの「インポート」を選択。

インポート元の【ファイル】を選択

インポート元の【ファイル】を選択

「ファイル」を選択します。

インポートするファイルを選択する

インポートするファイルを選択する

移転元からエクスポートしたバックアップファイルを選択します。

CONTINUEを選択する

CONTINUEを選択する

アップロードが完了したら、CONTINUEをクリックします。リストアが始まります。

パーマリンクを設定する

パーマリンクを設定する

【Permalinks Settings】をクリックしてパーマリンク設定に進みます。

この時、ログインを求められるので、移転前と同じIDとパスワードでログインします。

パーマリンクは変更しないで保存する

パーマリンクは変更しないで保存する

記事にアクセスできないこともあるので、パーマリンクが同じでも【変更を保存】をクリック。

パーマリンクを設定したら移転作業完了です。次に、ブログが正常に表示されているか確認します。

移転したら画像の表示や内部リンクを確認する

移転が完了したら、画像が表示されているか、内部リンクは問題ないかチェックをします。

特に、ブログURL変更の移転の場合はグローバルメニューのリンクやHTML・CSSも含めて念入りに確認しましょう。

確認が終わったら、ドメインのネームサーバーを移転先サーバーに変更です。書き換えたhostsも元に戻しましょう。

All-in-One WP Migrationのトラブル

インポートのアップロードが進まない

Unable to import
We are sorry, there seems to be a problem while uploading your file. Follow this guide to resolve it.

サーバーによってインポート時の進行バーが止まり、エラーが出る事があります。サーバーのセキュリティが関係していますが、その場合はFTPでアップロードします。

All-in-One WP Migrationでバックアップしたファイルのアップロード先は

WordPressがインストールされているディレクトリ
├── wp-admin
├── wp-content ── ai1wm-backups
├── wp-includes
└── …

になります。FTPやファイルマネージャーで【ai1wm-backups】にファイルをアップロードします。

移転先のサーバーにファイルをアップロードしたら「リストア」です。

All-in-One WP Migrationの「バックアップ」を選択

All-in-One WP Migrationの「バックアップ」を選択

All-in-One WP Migrationの「バックアップ」を選択します。緑枠で囲んでいる所にアップロードしたファイルが表示されています。

ファイルを選択して「リストア」

ファイルを選択して「リストア」

バックアップファイルを選択して「リストア」を選択する。インポートの時と同様にリストアされます。

512MB超えてインポートできない

512MBを超えるとインポートできない

512MBを超えるとインポートできない

無料版でもエクスポートは512MB超えて可能です。しかし、インポートの時に512MB超えていると警告画面出てインポートできません。

数千記事や数万記事など極端な場合を除き、WordPressのブログで容量大きいファイルは画像が大半です。データベースは全てテキストデーターなので容量はそこまで大きくありません。

なので、エクスポート(バックアップ)時に画像を除外すると解決します。

高度なオプション

高度なオプション

「高度なオプション」を展開して「メディアライブラリをエクスポートしない」にチェック✔を入れてエクスポートします。

画像のアップロード・ダウンロードはFTPソフトを使います。

WordPressがインストールされているディレクトリ
├── wp-admin
├── wp-content ── uploads
├── wp-includes
└── …

この「uploads」以下のディレクトリを全部ダウンロードして移転先にアップロードします。

画像圧縮系プラグイン「EWWW」などで画像を使用しているとFTPソフトの「FFFTP」だと画像が乱れる場合があります。FileZillaWinSCPを使うと良いです。

Xdomainでエクスポート(ダウロード)はFTP使用

Xdomainからサーバーを移転する場合、エクスポートするとバックアップファイルのダウンロードでサーバーエラーになります。

Xdomainはセキュリティの関係でダウンロード出来ないだけでバックアップファイルは作成されています。なので、FTPソフトを使ってダウンロードします。

その場合もバックアップファイルの保存先は

WordPressがインストールされているディレクトリ
├── wp-admin
├── wp-content ── ai1wm-backups
├── wp-includes
└── …

になります。FTPソフトで【ai1wm-backups】からバックアップファイルをダウンロードします。

サーバー移転完了したらネームサーバー変更を忘れずに

WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」を使うと簡単にWordPressの引越しが出来ます。同じサーバー内でブログのURL変更する際にも使えます。

ブログURL変更して引越しする場合は移転元のブログから新しいブログのURLにリダイレクトさせましょう。

移転先サーバーでブログの動作確認が完了したら、ドメインのネームサーバーを移転先サーバーに変更しましょう。そしたら、パソコン内のhostsも元に戻しておきます。

無料版「All-in-One WP Migration」にはバックアップのスケジュール機能はありませんが、バックアップを取る目的にも利用できます。

「All-in-One WP Migration」で移転してURLが変わると内部リンクのアドレスも置き換わるのですが、画像などのパスをルートパスにしておくと手作業で移転するときなど機転が利きます。

WPで記事内の画像など内部リンクは「Search Regex」で簡単にルートパスに一括置換出来る
このブログは元々URLのスキームが「http://」で始まってたけど今は「https://」になてます。 WordPressのプラグインや「.htaccess」で「http」に来たアクセスは「https」にリダイレクトすれば良いのだけ...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WordPress
RSS
コロロング