WordPress同士のお引越し!WPからWPに同一ドメインの移転方法

先ほど書いた記事『ブログで借りてるサーバー引っ越しで移転の際に行うべき作業とは』はメモ的な内容なので、独自ドメインとWordPressでサーバーを引っ越しする方法をまとめした。サーバーの移転だけなのでドメイに変更はありません。

移転作業は、Xdomainからmixhostに移転する流れで説明しています。また、移転にはWordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」を使用していますが、移転可能な容量はWordPress本体を含めて512MBまでとなります。

※画像など除外してバックアップを取る方法もありますが、ここでは省略します。

大まかに以下の流れで移転作業を進めます

  1. 旧サーバーのWordPressのバックアップ(エクスポート)
  2. 新サーバーでドメイン登録
  3. 新サーバーでWordPressインストール
  4. 新サーバーでWordPressのリストア(インポート)
  5. 新サーバーのWordPress動作確認
  6. ネームサーバー変更

移転前(Xdomain)を「旧サーバー」、移転後(mixhost)を「新サーバー」としてます。

スポンサーリンク

【旧サーバー】All-in-One WP MigrationでWordPressのバックアップ

旧サーバーのWordPressでプラグイン「All-in-One WP Migration」でバックアップを取ります。

プラグインAll-in-One WP Migrationをインストール

All-in-One WP Migrationを有効化にします。

All-in-One WP Migrationのエクスポートを選択

「FILE」を選択するとバックアップファイルが作成されます。

バックアップファイルが作成されるので、ダウンロードします。

Xdomainでダウロードの注意!

Xdomainではwordpressの管理画面からダウンロードできないので、FTPソフトを使ってバックアップファイルをダウンロードします。

ファイルの場所は「/wp-content/ai1wm-backups」にあります。

また、バックアップファイル作成前にXdomain専用キャッシュプラグインを除外します。

「mu-use-plugins」の項目をチェックして「FILE」でバックアップファイルを作成。

【新サーバー】ドメインを登録

ここでは、mixhostで独自ドメインの登録について説明しています。新サーバーが他社の場合そちらの管理画面等から独自ドメインの登録を行って下さい。

サーバー管理画面にログインします。

管理画面の「アドオン ドメイン」を選択

移転元と同じドメインを入力して作成します

パソコンのhostsファイルを書き換える

PC内のhostsファイルを書き換えることで、ネームサーバーを新サーバーに変更しなくてもブログの表示確認が行えます。

ここでは、Windowsで説明します。

管理者権限でメモ帳を開きます。

メモ帳のメニューから「C:\Windows\system32\drivers\etc\hosts」を入力して開きます

メモ帳に新サーバーのネームサーバーとドメインを追記します。

127.0.0.1 itentest.coronblog.net」

赤字に新サーバーのネームサーバーかIPアドレスを入れます。

追記したら、上書き保存します。これで「パソコン」から新サーバーにアクセスできるようになります。

※追記した内容は、ネームサーバーを新サーバーに変更後に削除します。

【新サーバー】WordPressをインストール

mixhostでWordPressを簡単にインストールする方法です。他社サーバーにWordPressの簡単インストールがある場合は、それを利用してください。

管理画面からWordPress簡単インストールを選択

インストールを選択

先ほど登録したドメインを選択

※ディレクトリは、移転元のWordPress本体がインストールされている場所に合わせます。通常空白でいいのですがWP本体が「example.com/wordpress」のような場合、ディレクトリに赤字の部分を入力します。

画面下までスクロールして、「インストール」を選択します。

WordPressをインストールが終わったらWordPressの管理画面にログインします。

【新サーバー】All-in-One WP Migrationでインポート

新サーバーでWordPressにプラグイン「All-in-One WP Migration」を入れておきます。

All-in-One WP Migrationのインポートを選択して「IMPORT FROM」を選択

「FILE」を選択

旧サーバーからダウンロードしたバックアップファイルを選択してアップロードします。

アップロードが完了するので、インポートします。

インポートが完了するので、「1.」のパーマリンクセッティングを選択します。

ログインを求められるので、旧サーバーと同じIDとパスワードでログインします。

記事にアクセスできないこともあるので、パーマリンクが同じでも「変更を保存」をクリックします。

これで、旧サーバーのWordPressのデーターを新サーバーに移すことができました。

【新サーバー】ブログの動作チェック

新サーバーにWordPressのデータを移動させました。次に、ネームサーバー変更前に動作に問題ないか確認します。

動作の確認ですが、次の項目を確認するようにしています。

  • 表示確認(記事、固定ページ、カテゴリー、タグ、インデックス一覧、サイトマップ、RSS)
  • 内部リンクのURLチェック(カスタムメニューや記事内に個別に関連記事にリンクしている場合など)
  • テーマが正しく機能しているか
  • プラグインが正しく機能しているか(Twitter自動投稿プラグインなど)
  • JavaScript動作確認(使ってたら)
  • ASPのリンクチェック

これらを一通り確認して、正常に動作していたら移転作業はほぼ完了です。最後に、ネームサーバーを新サーバーに変更します。

ネームサーバーの変更

ムームードメインを使ってネームサーバーを変更を説明します。

ログイン後にドメイン選択して、ネームサーバーの変更。

新サーバーのネームサーバーを入力したら保存します。

これで、ネームサーバーが新サーバーに切り替わりました。プロバイダや通信経路により古いネームサーバーの情報がキャッシュとして残ってる場合があり、古い情報から旧サーバーにアクセスすることがあります。なので、ネームサーバーの情報が更新されるまでの数日間は旧サーバーのデータも残しておきます。

最後に、パソコンの「hosts」ファイルを元に戻します。

インポートに失敗して移行できない場合(追記)

インポートが途中で止まる進まない場合

バックアップファイルをインポートすると進行バーが途中で止まり次のエラーメッセージが出ることがあります。

Unable to import
We are sorry, there seems to be a problem while uploading your file. Follow this guide to resolve it.

メッセージの内容は「ファイルアップロード中に問題が発生した」ことらしい。いくつかのバックアップファイルを確認したら、僕の使ってるレンタルサーバーではバックアップファイルの容量が大きいと問題が出るようで「93.4MBは正常、113MB以上で失敗」したことが分かりました。

試しにとサーバー管理画面からPHPの設定値を最大に変更して「メモリ(512MB)、post(128MB)、アップロードサイズ(512MB)」にしても効果なかった。

インポートが失敗する場合はどうすればよいのか。それはFTPソフトなどで直接バックアップファイルをアップロードすることで解決しました。

All-in-One WP Migrationでインポートできない場合はFTPで直接アップロードする

もし移行先でインポートが失敗して移行作業ができない場合は、FTPソフトやファイルマネージャーを使用してインポートが行えます。

  • 移行先サーバーでFTPソフトなどで接続
  • 「All-in-One WP Migration」のアップロードで保存されるディレクトリに移動
  • 「All-in-One WP Migration」でダウンロードしたファイルをアップロード
  • WordPress管理画面の「All-in-One WP Migratio」でリストア

移行先のサーバーで「WordPress」と「All-in-One WP Migration」がインストルーされている前提でアップロード方法を説明します。

FTPソフトで移行先サーバーに接続

FTPソフトで接続後に「WordPress」が入っているディレクトリに移動して次に[/wp-content/ai1wm-backups]にアクセスする。

バックアップファイルのアップロード

旧サーバーからダウンロードしたバックアップファイルをアップロードする。

WordPress管理画面からリストア

次に、WordPress管理画面から、「All-in-One WP Migration」の「Backups」を選択する。
そしたら、緑枠内に先ほどアップロードしたバックアップファイルが表示される。

RESTORE」を選択する。

インポート時と同じ画面が出るので、同じ手順で進みます。

インポートが完了して作業完了です。先ほどの、『【新サーバー】All-in-One WP Migrationでインポート』同じくパーマリンクの設定など確認していきます。

まとめ

「独自ドメイン + WordPress」でサーバーの移転について説明しました。Xdomainからmixhostに移転する方法で書きましたが、WordPressのデータを移す作業は他社サーバーでも同じかと思うので、参考になれば幸いです^^

HTTP/2対応!独自ドメインで常時SSL化もできる月額480円~のレンタルサーバー

mixhost

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク