はんだ付け失敗は温度が原因!?温度制御できる温調はんだごて選び | コピペから応用へ!

はんだ付け失敗は温度が原因!?温度制御できる温調はんだごて選び

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

電子工作のはんだ付けの失敗は誰もが経験します。経験を積むと綺麗にハンダできますが、失敗する原因の一つとして温度が高すぎる点があります。

はんだ付けに適してる温度は330度~360度と言われていて(鉛フリーはんだの場合)、100円ショップやホームセンターで売られている安いはんだごては温度調整ができないので400度、中には500度になることもあります

500度まで上がってしまうと基盤のパターンも剥がれてしまいます。ICなど熱に弱い部品を使う場合も注意が必要です。

※RoHS対応の鉛フリーハンダ

そんな時、温度制御ができる『温調はんだごて』があると温度による失敗が減ります。適切な温度ではんだ付けすると、部品の足を入れる基板の穴(ランド)にはんだが吸い付くようになります。

失敗しないハンダ付けのコツは

  • コテ先は寝かして当てる(接触面積が増えて熱が伝わりやすい)
  • ハンダ基板の穴と部品の足に(コテ先に付けちゃダメ)
  • ハンダを流し過ぎない(ハンダが流れてランドの穴が埋まったらハンダを離す)
  • 当てる順番は『コテ先、ハンダ』の順に(コテ先でランドを温めてからハンダ付け)
  • 離す順番は『ハンダ、コテ先』

適切な温度で作業するとハンダ付けの失敗は減ります!

おすすめの温調はんだごて

温度調整のやり易さの観点から、温調はんだごてを紹介します。

メーカーは、白光、太陽電機産業(goot)だと替えのコテ先もホームセンターや電子部品専門店(マルツなど)で入手しやすいです。

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600

私も使ってます。調整ダイヤルの摘みが大きく指先で調整できます。メモリに320度と360度があるので鉛フリーハンダを使うにも温度調整しやすいです。

※電源プラグには通常の平型と2極接地(3極プラグ)があり、家庭用コンセントで使用する場合は平型を選びます。

goot 温調はんだこて PX-201

gootの温調はんだごてです。温度調整の摘みは小さいマイナスドライバーで調整するので、使用中に温度変える時少し不便です。
保護キャップが付いてるので、使用後に完全に冷やさなくても保管できるのが便利です。

Geekway ハンダゴテ こて ハンダ ダイヤル式電子はんだこて セット

ハンダに必要な工具一式セットになってます。替えのコテ先も付いていて買い足す必要がありません。Amazonにありますが、楽天では取り扱ってないようです。

コテ台は簡易的なものなので重量がある安定したコテ台を用意するといいかと思います。

はんだごて使うのに便利なアイテム

クリーナーがあると、スポンジに水を含ませる手間がなくなります。金属たわしなのでスポンジよりよく取れます。

※たわしは温調ハンダごて専用です。温度制御できないハンダごては、コテ先の温度を下げる役割もあるため水を含ませたスポンジを使います。

コテ台は重量があると安定していて倒れる心配がありません。コテ台の底が金属で重量があると使いやすいです。

たわしとスポンジがセットになったコテ台です。これだと作業台の場所を取りません。

失敗したハンダを取るときに使います。ハンダ吸い取り器とハンダ吸い取りシート両方あると便利です。

交換用コテ先

メーカー毎に互換性が無いのと種類が多いので画像がありませんが、コテ先が極細の物やマイナスドライバーの様な形状のものまで様々です。

ハンダごて本体に付いてくる標準タイプのほかに、極細タイプもあるとICなど小さい部品の取り付けに役立ちます。

コテ先のメンテナンス

ハンダごてのコテ先メンテナンスは重要です。使い終わったら余熱を利用してコテ先にハンダを盛っておきます。こうすることで酸化防止になります。

コテ先にハンダが付かなくなったら

クリーナー剤があります。

コテ先に付けた後、スポンジなどで拭き取ります。拭き取った後はコテ先にハンダを付けて酸化防止させます。

それでも駄目ならコテ先を買い替える

コテ先はメーカーにもよりますが500円前後で手に入ります。どうしてもハンダが付かなくなったら簡単に交換できます。

写真のように簡単に分解できます。分解は十分冷ましてから、やけどに注意!

まとめ

はんだ付け作業に欠かせないのが温調ハンダごてです。適切な温度ではんだ付けをするとハンダも乗りやすく失敗も少なくなります。

温調ハンダごては、白光、太陽電機産業(goot)だと替えのコテ先もホームセンターや電子部品専門店(マルツなど)で入手しやすいです。

ハンダ付け温度は330度~360度が最適ですが、私は、330度で作業してます。手際が遅いのでこれより高い温度設定で行うと基板を焦がすこともあるので・・・

特に、ハンダが部品の足やパターンに付かない場合は温度が高い場合が多いので、温調はんだごてを使うと付き易くなります。部品の足に吸い込むようにハンダが馴染む様子を見ると気持ちいです^^

僕はmixhostのレンタルサーバー
ブログ運営してます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする