mixhostでお試し利用する登録方法とその流れ | コピペから応用へ!

mixhostでお試し利用する登録方法とその流れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

mixhostはApacheよりも速いLiteSpeedが搭載の高速なクラウド型レンタルサーバーです。

この記事では、レンタルサーバーのmixhostに契約する手順について説明していきます。mixhostはお試し期間が30日間あり、本契約と料金の支払いは後で申し込むことになります。

mixhostの登録までの流れ

mixhostにアクセスします。

mixhost


ページ中ほどにあるプランから申し込みをします。

各プランの目安のpv数は

  • エコノミー:50万PV/月
  • スタンダード:100万PV/月
  • プレミアム:200万PV/月
  • ビジネス:400万PV/月
  • ビジネスプラス:600万PV/月

になります。お試し期間中(問い合わせで対応)や本契約移行時にプラン変更が可能です。

サブドメインを入力します。ドメインは『mixh.jp』と『mixhosted.net』の2種類から選択します。

サブドメインは変更できないので、よく考えて決めましょう

【お客様情報の入力】から、入力フォームに進みます。

「氏名、メールアドレス、電話番号、住所、パスワード」と赤枠の項目を入力する必要があります。

ページ下にある利用契約に同意して【注文完了】から申し込みを完了します。

申し込みが完了するとメールが届くので後で確認しまます。このまま、マイページに進みます。

マイページでは契約状態が確認できます。サーバー管理画面へログインやサポートの問い合わせもマイページからできます。

本契約のタイミングと支払方法は

mixhostの本契約はお試し期間終了前に申し込みます。30日間のお試し期間が終了してしまうと契約したサーバーは自動解約になるのでそれまでに申し込みましょう。

料金の支払いは「クレジットカード / PayPal / 銀行振込み」に対応です。クレジットカードは「VISA / MasterCard / American Express 」が使えますが、JCBは PayPal経由で利用できます。

クレジットカードとPayPalでの支払いは即時に反映されますが、銀行振り込みだと入金確認に3営業かかるそうです。本契約を銀行振り込みで申し込んで、入金確認前に30日お試し期間が終了しても解約にはならないそうです。

まとめ

mixhostは2016年6月からサービスを開始したので、新参のレンタルサーバーですが、日本初となるLiteSpeedやHTTP/2.0対応、独自ドメインのSSLの証明書も無料で発行出来たりと高性能なサーバーです。

mixhostにアクセスして、この記事にある手順通りに進めると簡単に登録ができるので参考にしてください。

お試し期間が30日間と長いので、高性能なレンタルサーバーを実感してみてはどうでしょうか。

mixhost

このブログはレンタルサーバーmixhost
運営してます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする