石川県内ICOCA(イコカ)でどう変わる?対応エリアと注意点は | コロロング

石川県内ICOCA(イコカ)でどう変わる?対応エリアと注意点は

2017年4月15日から石川県内でICOCA(イコカ)が使えるようになります。

既に、4月1日から「金沢、松任、小松」の駅で自動改札機が始まって、紙の切符が改札機で使える。ただ、初めての自動改札機で導入初日に、電車内の車掌から購入した切符を間違えて改札機に入れて詰まらせるなどトラブルもあったみたい。

今度は、4月15日にICOCAが対応する。なので、トラブルにならないように、利用可能なエリア利用時の注意点を説明していく。

ICOCAの他に、SuicaやPASMOなどの全国交通系ICカードも利用できる(相互利用可能)

スポンサーリンク

石川県ICOCA対応エリア

実は、富山県でICOCAが既に使えて、4月15日から石川県と富山県の旧北陸本線で使える、エリアの外に出ると精算時に面倒になるので使えるエリアを覚えておきたい。

ICOCA対応路線は以下の路線の駅

JR北陸本線・IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道(旧北陸本線)

大聖寺~越中宮崎(富山県)

城端線

高岡~新高岡

旧北陸本線の石川県・富山県が対応している。また、城端線の高岡駅~新高岡駅も対応。

ICOCA未対応のエリアは

福井県・新潟県の旧北陸本線はICOCA使えないので注意しよう。また、石川県と富山県でも以下のエリアは未対応。

  • 七尾線(津端~七尾)
  • 氷見線(高岡~氷見)
  • 城端線(新高岡~城端)
  • 高山本線(富山~猪谷)

金沢駅から乗車で例えば、次の場合はICOCAが使えない。

  • 金沢~福井
  • 金沢~七尾
  • 金沢~糸魚川
  • 金沢~氷見
  • 金沢~福光

もちろん、在来線で移動した場合。新幹線はICOCAは使えない。

もし、エリア外までICOCAで乗車してしまったら、降りた駅の窓口で、乗車駅からの運賃を現金で支払うことになる。ただ、ICカードは降車処理できてないので、証明書をもらいICOCAエリアの駅窓口で対応してもらうことになる。

また、2つのエリアをまたがって利用もできない。例えば、金沢から京都・大阪などに移動する時は紙の切符が必要になる。これは石川県が「石川・富山エリア」で京都や大阪は「近畿圏エリア」になってるから。

ICOCAで特急券利用

ICOCAエリア内であれば、特急も利用できる。その場合、車内で特急券を購入する必要がある。ただし、これも金沢~大聖寺までのエリア、他のエリアにまたがる場合は使えない。

ICOCA利用の注意点

ICOCAの注意する点はJR西日本の「ICOCAのよくある質問」に載ってあるので、改札で良く起きるトラブルについて書こうと思う。

誤ってもICOCAなどのICカードを切符投入口に入れないように

新幹線には使えない

新幹線をICOCAで乗ることはできない。ただし、「在来線→新幹線」や「新幹線→在来線」で乗り換えた場合、在来線の運賃はICOCAで支払うことができる。

JR西日本 新幹線乗換口をご利用の場合

残金が足りない

ICOCAの残金が足りないと自動改札が通れない、改札を出る前に窓口や精算機で対応する。窓口や精算機が無い場合は、次回利用の時に駅の窓口で説明して対応してもらう。

また、残金が数10円など極端に少ない場合は、改札内に入れないので、事前にチャージする。

ICOCAの残高確認はスマホアプリで可能

おサイフケータイ対応のスマートフォンがあればICOCAの残高確認ができる。

Android端末なら『Suica check 残高確認』で確認ができる。Suicaと書いているが、PASUMOやICOCAなどでも使える。

画像の通り、ICOCAでも残高確認ができる。

iOSは端末を持っていないので確認はしてないが『パソリユーティリティ』で確認ができるようだ。

簡易改札機は「入場」と「出場」にタッチを忘れない

ICOCAなどのICカードは、「改札に入ったか」、「改札から出たか」を記録してる。駅を降りる時に「出場」のタッチを忘れ、翌日利用する場合は「入場」でエラーになるので必ず「出場」をタッチすること。

 

※画像をクリック(タップ)すると全体が表示されます。

電車に乗るときは『入場』、電車から降りたら『出場』をタッチ。

なお、ICOCAでは同じ駅で出入りできないのにも注意(別途入場券が必要)。

紛失時は定期券だけ対応できる

定期券タイプは、購入時に個人情報をが登録するので再発行ができて、紛失届を出した時点までの残金は保証。通常タイプのICOCAは個人情報が無いので再発行ができないので注意しよう(残金も戻らない)。

北陸鉄道バスIcaは未対応

北鉄バスのICa(アイカ)は使えません。北鉄バスに乗車の際や、ICaでJRやIRいしかわ鉄道が利用できないので注意しよう。

まとめ

ICOCA(イコカ)の石川・富山エリアと注意点をまとめました。ICOCAは改札の入出場がスムーズなので、自動改札が開かないなどトラブルを避けてスムーズに利用しましょう。

現在、石川・富山エリアの運賃は現金・ICカードで同じですが、関西や首都圏だと現金よりICカードがお得なので持っておくと良い。

ちなみに、ICOCAは1枚2000円(預り金500円+チャージ1500円)で1500円分使える。電車以外にもコンビニなどで電子マネーの支払いも対応してる。

2019年夏には福井県の北陸本線が対応するので、「石川・富山・福井」と北陸エリアで使える可能性も高い。

福井エリアは新疋田駅まで対応予定で、近畿エリアの近江塩津駅とはお隣同士、2019年は近畿エリアまで使える可能性もあるかも。

ではでは^^

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

スポンサーリンク

フォローする