2台の無線LANルーターを同じSSID・パスワードにした結果 | コピペから応用へ!

2台の無線LANルーターを同じSSID・パスワードにした結果

わが家は、無線LANルーター1つだけだと、家中に電波が届かないので2台使っている。これでスマートフォンで家のどこにいてもWi-Fiに繋がるようにしてる。

ただ、2台利用も、電波が届くギリギリの範囲で遠くの無線LANに繋がってしまう自動で近い無線LANに繋がらないこともあって手動で接続を変えている。

この問題を解決するため、2台の無線LANルーターのSSIDとパスワードを同じにした。

2台の無線LANで同一SSIDにすると、勝手に近い無線LANに接続するのでは?と思い、実際にやってみることにした。

無線LAN2台を設置しただけの場合(SSID別)

2台の無線LANを設置するだけでも接続できるのだが、別々の無線LANに接続するので、例えば、「お隣さんにある無線LANに接続するようなもの」と同じになる。

こうなると、よく接続している無線LANに、離れていても頑張って接続しようとする。

こんな感じで、優先順位が高い無線LANに繋がる。

電波のイメージはこんな感じ、「別の無線LAN」だから色分けしてる。

無線LAN2台のSSIDを同じにした場合(予想)

2台の無線LANを「同じSSID」にしたら、接続し直さなくてもいいのではと考えた。ただし、自動で切り替わるのを配慮して2台のパスワードも同じにする。

電波のイメージはこんな感じ。「SSID・パスワード」を統一すると「1つの無線LAN」と同じになるのではと考えた。

携帯電話の基地局をイメージすると良い。あれを小規模でやろうと思った。

移動しても、近い無線LANで接続できるはず・・・

2台の無線LANを同一SSIDにした結果

実際は、携帯電話の基地局のようにスムーズに切り変わらなかったが、ほぼ似たようなことができた。

最初、近いほうの無線LANに繋がって、移動して電波が弱くなっても同じ無線LANに繋がったまま。ここまでは、SSIDを別にした時と同じ。

電波が不安定でになり繋がってた無線LANが切れると、近いほうの無線LANに接続となった。

まとめ

スマホの機種にもよるのだろうが、私のスマホだと、無線LANルーターを2台使ってる場合は、2台ともSSIDは同じにすると電波が切れた時、電波の強い(近い)無線LANに接続となる。

この時、2台の無線LANのパスワードは同じ、チャンネルは別にすると干渉せずに速度が出やすくなる。

2台の無線LANをLANケーブルで繋ぐのが煩わしいときは『無線LAN中継器』を使うと良い。恐らくやってることは同じ。

2台の無線LANルーターを使っていて接続が不安定なあなた、お試しあれ^^

シェアする

フォローする

僕のブログはmixhostのレンタルサーバーを使ってます
mixhost