【検証】Wi-Fiルーター2台接続してエリアを広げてみた

PC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

家の中で無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を1台だけで使っていると、どうしても接続が不安定な部屋が出てくる。

とくに「うち」の場合は1階にある浴室が不安定だ。

最近は、防水スマートフォンでお風呂でもスマホ三昧な環境。現在、スマートフォンのパケット定額制は解約して、家庭内Wi-FiルーターとモバイルWi-Fiを経由して内と外でWi-Fi接続している。なので、スマートフォンで直接モバイル通信は出来ない。やるとパケ代が常に発生するのでいずれパケ死してしまう。

そこで、余っていたお古の無線LANルーターを取り出して2台で接続することにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2台のWi-Fiルーターを有線接続させた【検証】

繋ぎ方はこうだ

2台の無線LANを有線でつなぐ

インターネットにつないでいる無線ルーター(ここではAと呼ぶ)と、無線ルーター(ここではB)を有線で接続した。こうすることで無線LANのカバー範囲が広がる。

設置はこんな感じ。

有線接続で2台の無線LANを使用

2台の無線LANの距離を離すことで家の中どこでもWi-Fi接続が出来るようにした。

電波が広範囲になったがWi-Fi接続不安定は解消されず

電波が広範囲になったがWi-Fi接続の不安定は解消されなかった。

原因は、2台のWi-Fiルーターの「SSID・パスワード」を異なるものにしていたから。

SSIDが違うと優先度の高い無線LAN機器に接続しようとする

どうやら、スマートフォンで接続が優先される無線LANルーターが決められているらしく(機種によるかもしれない)、2つの電波が受信できると優先度の高い無線LANルーターに接続されるようだ。

2台のWi-Fiルーター(SSID別)の電波のイメージ

2台のWi-Fiルーター(SSID別)の電波のイメージ

これだと、皮一枚で繋がってると近いほうの無線LANルーターに接続されない。

そこで、2台の無線LANの「SSID・パスワード」を同じにした。イメージとしては携帯電話の基地局のように移動しても自動で近い無線LANルーターに繋がると考えた。

2台のWi-FiルーターのSSID・パスワードを共通にさせたら通信がやや安定

そこで、2台の無線LANルーターのSSID・パスワードを共通にした。

Wi-Fiルーターのチャンネルは、お互い干渉しないように離しておくのが良いだろう。

2台のWi-FiルーターのSSID共通にしたときの電波のイメージ

2台のWi-FiルーターのSSID共通にしたときの電波のイメージ

SSID同じなら近くの無線LANにつながるはず

移動すると自動で近い無線LANるーたーにつながるはず・・・

そう考えたが、実際は少し違った。SSIDを別にするより安定して繋がるようになったが、これはスマートフォンでWi-Fiが切れて、再接続時に近い方の無線LANルーターにつながると言うもの。

つまり皮一枚で繋がっていると途切れるまでは遠い無線LANルーターに頑張って繋がろうとする。

なお、これを解決するには中継機能付き無線LANを使用すること。

無線中継機能のWi-Fiルーターについて

2台の無線LANを中継機能で接続

2台の無線LANを中継機能で接続

中継機能付きの無線LANだと電波の範囲が拡張されるので、途切れる心配はない。他社メーカーや古いタイプの無線LANルーターとも接続できる(どちらかが無線中継機能が必要)。

中継機能付き無線LANルーターの特徴

  • 設置が容易
  • スマートフォンなどの端末で設定不要で使える
  • 1つが中継機能対応ならもう1つは古くても使える
  • モバイルルーターのエリア拡大にも使える
  • 親機の電波が届かない場所で設置は出来ない
  • 2台とも古い無線LANルータだと対応してない

インターネットに繋がってる親機側の電波が届く範囲にしか設置できないが、電波の拡張になるので通信が途切れる心配がない。

中継機能に対応した無線LANルーターは例えばこのような機種がある。

これらの製品を使えば解決するのだが、あいにく中継機能付きの無線LANルーターを持っていない。なので、既存の環境で改善できないか考えてみた。

ローミングの積極性を利用する

中継機能付き無線LANルーターが無い場合は、ローミングの積極性を利用する。

ローミングの積極性を利用すると電波が弱くなったら自動的に強いほうの無線LANに切り替わるというもの。

スマートフォンでローミングの積極性を利用する

ただ、Androidのスマートフォンだと対応していない。iPhoneは対応できるようだが持っていないため実際は不明。

しかし、Androidのスマートフォンでもアプリを使う事でローミングの積極性を利用できる。

アプリは「Wifi Roaming Fix」。これをインストールするだけ、設定は不要。

Wifi Roaming Fix - Google Play のアプリ
This app is for network administrators as it requires technical knowledge about wifi configuration. Most of the negative reviews are from people who have not co...

実際にインストールしてみたが、思っていた動作と少し違っていたが無線LANルーター切り替えでだいぶ安定してきた。

動作としては、

  • 家の中移動で接続中のWi-Fiが弱くなる(この時もう1台のWi-Fiが強い)
  • Wi-Fiの接続が切れる
  • Wi-Fiが再接続される(この時Wi-Fiが強いほうに繋がる)

Wi-Fiが再接続されるまで数秒程度切れるので、一瞬途切れるのでリアルタイムの動画やオンラインゲームだと支障をきたすかもしれないが、当方は通信がシビアなアプリやゲームは使っていないので問題ない。

Wifi Roaming Fixは常にWi-Fiの状態を監視しているようで電池の消費が増えるがそれほどバッテリーが消耗する感じはなかった。

パソコンでローミングの積極性を利用する

パソコンの場合は、機種(Wi-Fiのドライバ関係)によって違うかもしれないが、ネットワークのプロパティを見ると確認できる。

「ネットワークの設定」から無線LANのプロパティに「Roaming」の項目があると対応している。

BUFFALO製無線LANルーターのSSID設定

参考に、バッファローの無線LANルーターでSSIDとパスワード同じに変更する方法を説明します。ルーター管理画面の入り方は割愛。

事前に、親となる(元となる)ルーターの無線の設定を確認しておいてください。

  1. 管理画面から無線LAN設定画面に入る
  2. チャンネル・SSID・パスワードの入力
  3. 設定の反映

の順で説明します。表記は、機種や設定により異なる場合があります。

管理画面トップページから『無線設定』を選択。

管理画面トップページから『無線設定』を選択。

 

次にSSIDの変更する無線規格を選択

SSIDの変更する無線規格を選択

ここでは、2.4GHzなので「基本(11n/g/b)」を選んでます。

1台目の無線LANルーターと同じSSID・パスワードを設定

1台目の無線LANルーターと同じSSID・パスワードを設定

緑枠を上から順に

  • チャンネル設定
  • SSID
  • 無線の認証タイプ
  • 暗号化の種類
  • 事前共有キー(パスワード)

を入力します。チャンネル設定以外は親となる(元となる)ルーターと同じ設定にします。無線LANのチャンネルは親ルーターと分けておくと電波干渉の影響を受けにくくなります。

最後に、『設定』のボタンを選択します。

確認画面が出るので『設定』を選択して反映

確認画面が出るので『設定』を選択して反映

 

設定完了

設定完了

この画面が出たら設定完了です。管理画面のトップページなどを選択して無線LANの設定を確認しておくといいでしょう。

Wi-Fiルーターの12ch,13ch使用は注意が必要

2.4GHz帯を使うときはチャンネル設定に注意が必要。

ルーターによっては1ch~13chまで設定できる機種もあるが、古いスマートフォンやゲーム機などは12ch,13chに対応してない場合がある。「XPeria AX SO-01E」で11chまで対応、「PS VITA PCH-2000」で12chまでしか対応していない。

もし、完全に接続が途切れるのが嫌なら、無線中継機能付きの製品を購入する必要がある。その場合は、5GHz対応の機種を選ぶと良い。2.4GHzのみだとご近所のWi-Fiルーターで既にchが埋まっている可能性があるためだ。

BUFFALO製

NEC製