2台の無線LANルーターを同じSSIDに設定すると広範囲に電波が届く

自宅は無線LANルーターを設置してる部屋から自部屋までの距離が一番遠く無線LANの電波もギリギリで途切れることもあるので、有線を引っ張て来てもう1台無線LANルーターを自部屋に置いています。

ただ、2台の無線LANを設置しても、電波が切れて再接続になると何故か遠いほうの無線LANに繋がってしまうこともあるので、2台の無線LANルーターのSSIDとパスワードを同じにしました。

大雑把に配線を説明するとこんな感じです。

[ネット]—[ルーター1]—-[ルーター2]

ルーター1とルーター2は横に置いていても電波の届く範囲は変わらないので、出来るだけ電波が届くようにと家の対角上に設置するなど離しています。

なので、2台の無線LANルーターの接続方法と、同じSSIDにして変わったのかについて書いていきます。

スポンサーリンク

2台の無線LANルーター間の有線接続について

2台の無線LANルーターを使う場合はモデム側(親側)のルーターを「ルーターモード」、そうでないほう(子側)をブリッジモードにする。ルーター間の有線接続は「LAN側端子(黒いほう)」に接続する。

※図は分かりやすくするために光回線やADSLのモデムなど省略しています

2台の無線LANルーター(Wi-Fiルータ)を同じ設定にした分け

最初は単純に2台の無線LANを1階と2階に設置しただけ(ルーター間は有線で)。そしたら、別々のSSIDなので、電波が弱くても優先順位が高いほうに繋がっていたので手動で切り替えないと接続は不安定。

なので、2台の無線LANルーターを同じSSID・パスワードにするといいらしい。この2台の無線LANルーターのSSID・パスワードを統一にして、電波が弱くなったら強い方に接続が自動で切り替わる。「ローミングの積極性」って言うらしい。

ローミングの積極性はクライアント(パソコンやスマホ)が対応している必要があります(方法は後述します)。

イメージとしては携帯電話の基地局みたいに、電波が弱くなると近くの無線LANルーターに切り替わって繋がる感じ。

結果的に同一SSID・パスワードにすると近くの無線LANルーターに接続されるようになったけど、想像していた「携帯基地局のように電波が強いルーターに切り替わる」のと違ってたので、どのように接続されるのかについて書いていく

  • 2台の無線LANを同一SSID・パスワードにする前の状態
  • 2台の無線LANを同一SSID・パスワードにした(予想)
  • 2台の無線LANを同一SSID・パスワードにした時の接続タイミング(結果)

図を使いながらこれら3点でWi-Fi接続の確認したので解説していきます。

2台の無線LANルーターを使う場合、子機(サブルーター)をブリッジ接続にする必要があります。
確認に使ったスマートフォンは「ARROWS F-02G」。他のスマホは未確認なのでWi-Fi接続の挙動が違うかもしれないです。

無線LAN2台を設置しただけの場合(SSID別)

2台の無線LANを設置するだけでも接続できるのだが、別々の無線LANに接続するので、例えば、「お隣さんにある無線LANに接続するようなもの」と同じになる。

こうなると、よく接続している無線LANに、離れていても頑張って接続しようとする。

こんな感じで、優先順位が高い無線LANに繋がる。

電波のイメージはこんな感じ、「別の無線LAN」だから色分けしてます。

2台の無線LANルーターを同一SSIDにした場合(予想)

2台の無線LANを「同じSSID」にしたら、接続し直さなくてもいいのではと考えた。ただし、自動で切り替わるのを配慮して2台のパスワードも同じにする。

電波のイメージはこんな感じ。「SSID・パスワード」を統一すると「1つの無線LAN」と同じになるのではと考えた。

携帯電話の基地局をイメージすると良い。あれを小規模でやろうと思った。

移動しても、近い無線LANで接続できるはず・・・

2台の無線LANルーターを同一SSIDにした(結果)

実際は、携帯電話の基地局のようにスムーズに切り変わらなかったが、ほぼ似たようなことができた。

最初、近いほうの無線LANに繋がって、移動して電波が弱くなっても同じ無線LANに繋がったまま。ここまではSSIDを別にした時と同じ

電波が不安定でになり繋がってた無線LANが切れると、再接続で近いほうの無線LANに繋がった。再接続になるから繋がるのに数秒~数十秒ぐらい時間かかるので、リアルタイムに通信してる動画アプリやソシャゲだと切り替え時に通信エラーが起こったりキャリアの回線使うかもしれない。

ただ、ギリ繋がってる状態だと一向に電波の強い無線LANルーターにリンクしないので、この場合は一度端末の無線LANをオフにして再度オンにすることで、電波の強い無線ルーターに繋がった。

これを改善するには次の方法があります。続く

ローミングの積極性を機能させる

iPhoneは持ってないので分かりませんが、調べるとどうやら標準で対応してるみたいです。なのでパソコン(Windows)での確認方法と未対応のAndroidでローミング機能を使うためのアプリについて説明していく。

ローミング機能を使うと常に電波が強いほうの無線LANルーターに接続されます。

パソコン(Windows)

パソコン(Windows)だと無線LANアダプタのプロパティに「Roaming Aggressiveness」がある場合は機能しています。

Android

ではAndroidのスマートフォンはと言うと、スマホにそのような機能が無いので「Wifi Roaming Fix」のアプリをインストールする必要があります。

Wifi Roaming Fix - Google Play の Android アプリ
このアプリは、WiFi AP間のローミングを提供し、ネットワーク管理者向けです。

設定は不要で入れるだけで機能してます。

ローミングで電波が強い方の無線LANルーターに自動で切り替わりますが、切り替わるの時一瞬だけ切れるようで、ストリーミングの動画やリアルタイムで通信するゲームなどのアプリを使う場合は注意が必要になりますね。

一瞬切れるだけなのでアプリなしに比べると切り替わるのが早いのだけど。

無線LANルーターを同一「SSID・パスワード」に設定する方法(BUFFALO製)

僕が使ってるバッファローの無線LANルーターでSSIDとパスワード同じに変更する方法を説明します。ルーター管理画面の入り方は割愛。

事前に、親となる(元となる)ルーターの無線の設定を確認しておいてください。

  1. 管理画面から無線LAN設定画面に入る
  2. チャンネル・SSID・パスワードの入力
  3. 設定の反映

の順で説明します。表記は、機種や設定により異なる場合があります。

管理画面トップページから『無線設定』を選択(ここでは。

次にSSIDの変更する無線規格を選択(ここでは、2.4GHzなので「基本(11n/g/b)」を「選ぶ)。

緑枠を上から順に

  • チャンネル設定
  • SSID
  • 無線の認証タイプ
  • 暗号化の種類
  • 事前共有キー(パスワード)

を入力します。チャンネル設定以外は親となる(元となる)ルーターと同じ設定にします。
最後に、『設定』のボタンを選択します。

確認画面が出るので『設定』を選択して反映させます。

この画面が出たら設定完了です。管理画面のトップページなどを選択して無線LANの設定を確認しておくといいでしょう。

まとめ

家のWi-Fiの電波が不安定で、アンテナ3本などの強力な無線LANルーターを考えてる方は、それなりのものでも現在使ってるルーターと2台設置するほうが確実に安定します。

複数台無線LANを使用する場合は「同一SSID・パスワード」にしてスマホをローミングにするといいです。

ただ無線LANで使うチャンネル設定に気をつけて。ルーターによっては1~13chまで設定できるけど、古いスマートフォンやゲーム機などで12ch,13chに対応してない場合があるのでch設定にはご注意ください(僕の環境だと、Xperia AX SO-01Eが11chまで、PSVITA PCH-2000で12chまで対応)。

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク