スポンサーリンク
スポンサーリンク

宅内で無線LANルーター2台つないでエリアを広げる2つの方法

PC

家の中で1台の無線LANルータを使っていると部屋の隅々まで電波が届かないことありますよね。

家の中心に無線LANルーターを置くのが理想だけど、ネットに繋がってるモデムから距離が離れていたり、間取りによっては廊下やトイレでコンセントが無くて置けないことも。

そんな時は無線LANルーターを2台にすると電波の届くエリアが広がるから、家中どこに居ても接続の切れる心配は無くなりますよ。

新しく2台目を購入するなら中継機能付きの製品。既に2台持ってるなら有線接続で2台ともSSIDの設定を同じにします。

無線LANルーターを2台にすると電波の範囲が広がる

2台の無線LANルーターを使って電波を広範囲に

2台の無線LANルーターを使って電波を広範囲に

図のように、2台の無線LANルーターを設置すると家の隅々まで電波が行きわたります。

この時、2台の距離を離して置くのが良いですが、無線の中継機能を使う方法と2台を有線でつなぐ方法で離す距離に違いはあります。

無線LANルーター2台繋ぐ方法は有線と無線の2つ

2台の無線LANを中継(無線)で接続

2台の無線LANを中継機能で接続

2台の無線LANを中継機能で接続

最近の無線LANルーターは中継機能が付いています。

  • 設置が容易
  • スマートフォンなどの端末で設定不要で使える
  • 子機が中継機能対応なら親機は古くても使える
  • モバイルルーターのエリア拡大にも使える
  • 親機の電波が届かない場所で設置は出来ない
  • 2台とも古い無線LANルータだと対応してない

2台有線接続よりWi-Fiエリアが狭くなるので、そこまで広くない家向け

中継機付きルーターがあると、モデム(ネット)につながってるルーター(親機側)から発信してる電波を中継機してエリアを広くする方法です。親機側は古いルーターや他社でも使用可能で子機側は中継機付きルーターが必要です。

1つの大きな電波になるので、ルーター切り替え時の無線が一瞬切れる心配もありません。

また、無線で中継するので2台のルーター間の配線は不要。中継機能を使うので端末のWi-Fi設定は1台の無線LANのみ行えば2台ともつながります。

ただし、2台目(子機)は親機の無線LANルーターの電波が届く範囲で設置する必要があります。親機の電波が届かない場所に設置しても使えません。

また、2台とも古い無線LANルーターの場合は、中継機能は使えません。BUFFALO旧製品にある「エアーステーション間接続」も同様で、同様の機能がありますが同一製品に限り中継が可能です。

最近出ているBUFFALOの「中継機能」付き無線LANルーターは他社や旧製品とも接続できます。

2台の無線LANを有線接続

有線接続で2台の無線LANを使用

有線接続で2台の無線LANを使用

無線LAN中継機能が付いていない古い無線LANルーターは有線接続で電波の範囲を広くできます。

  • 2台の無線LANルーターの距離が離れていても使える
  • 2台とも古くても使える
  • 2台のSSID・パスワードを同じにすることで端末のWi-Fi設定は1つで済む
  • 有線でつなぐため配線に工夫が必要
  • Wi-Fi接続で一瞬途切れる

有線で配線する必要はあるけど、広い家向け

2台の無線LANルーターを有線でつなぐので距離が離れていても使えます。2台とも古い無線LANルーターでも有効です。

2台の無線LANルーターで設定するSSID・パスワードを同じにするとローミングになり携帯電話基地局のように電波が強いルーターに切り替わります。(SSID・パスワードを同じにする理由については後述で接続の挙動について検証してますので参考にしてください)

ただし、端末でルーターの接続が切り替わるときに一瞬通信が途切れます。リアルタイムのオンラインゲームをしているときは要注意です。

2台とも有線で接続するのでドアを跨ぐ配線の場合は極薄のフラットケーブルを使うなど工夫が必要になります。

また、有線接続で子機側になるルーターは「ブリッジモード」にします。

2台の無線LANを有線でつなぐ

2台の無線LANを有線でつなぐ

2台の無線LANルーターを使う場合はモデム側(親側)のルーターを「ルーターモード」、そうでないほう(子側)をブリッジモードにする。ルーター間の有線接続は「LAN側端子(黒いほう)」に接続する。

※図は分かりやすくするために光回線やADSLのモデムなど省略しています

2台目の無線LANルーターにオススメな機器

2台目に無線LANルーターとして使える機器です。

主な特徴として

  • 2.4GHz・5GHz両対応
  • 無線の中継機能

2つあります。

5GHz帯に対応していると電波の干渉の影響が少なくなります。

10年前に比べて家庭での無線LAN機器は普及しています。2.4Ghzは1チャンネル辺りの周波数が近いため隣のチャンネルと電波が干渉しやすいです。

アパートやマンションが隣に建っていると2.4GHz帯のチャンネルがすべてのチャンネルで電波が干渉してしまう場合もあります。

5GHz帯に対応していると1チャンネル辺りが離れているので電波の干渉が起きにくいです。また、5GHz使用している家庭もそれほど多くは無いので空きチャンネルも見つかる可能性も高いです。

無線LANルーターに中継機能があると、中継として使えるほか有線でつなぐのも問題ありません。

製品選びに迷ったら5GHz帯対応・中継機能付きの機種を選ぶと良いです。

無線の中継機能対応製品は他社ルーターでもつながりますが、相性などのトラブルで繋がらないときはサポートで対応できない場合があるので、同じメーカーを選ぶと安心です。

BUFFALO製

NEC製

2台の無線LAN有線接続でSSIDを同じにした場合を検証

無線LANルーター2台を有線接続する時はSSID・パスワードを同じにしておくと接続する端末は通信がプチプチ切れることが無くなります。

2台の無線LANのSSIDが異なる場合同じ場合で検証した。確認したスマートフォンの端末は「ARROWS NX F-02G」。端末によって動作が異なりかもしれないです。

SSIDを別に設定した場合

2台の無線LANを設置するだけでも接続できるのだが、別々の無線LANに接続するので、例えば、「お隣さんにある無線LANに接続するようなもの」と同じになる。

こうなると、よく接続している無線LANに、離れていても頑張って接続しようとする。

SSIDが違うと優先度の高い無線LAN機器に接続しようとする

優先度の高い無線LAN機器に接続しようとする

こんな感じで、優先順位が高い無線LANに繋がる。

電波のイメージはこんな感じ、「別の無線LAN」だから色分けしてます。

SSIDを同じにした場合

SSIDを同じにした場合、携帯電話の基地局のように切り替わるのではと考えた。

予想

2台の無線LANを「同じSSID」にしたら、接続し直さなくてもいいのではと考えた。ただし、自動で切り替わるのを配慮して2台のパスワードも同じにする。

SSID同じにした場合(予想)

SSID同じにした場合(予想)

電波のイメージはこんな感じ。「SSID・パスワード」を統一すると「1つの無線LAN」と同じになるのではと考えた。この考えは、無線LANルーターの中継機能と同じ。

SSID同じなら近くの無線LANにつながるはず

SSID同じなら近くの無線LANにつながるはず

移動しても、近い無線LANで接続できるはず・・・

結果

もう1つの無線LANルーターの電波が強くなっても直ぐには切り替わらなかった。弱いほうの無線LAN接続が切れて再接続の時に近くの無線LANルーターにつながる結果になった。

Wi-Fiが切れるまではSSID別の時と同じで遠くの無線LANにつながる。

Wi-Fiが切れて再接続になると近くの無線LANルーターにつながる。

SSID同じだと、再接続の時に電波の強い無線LANに繋がるので問題ない。ただ、アンテナ1本のギリギリで繋がってる状態だと一向に近くの無線LANに繋がらない。

この時、一度端末の無線LANをオフにして再度オンにすることで電波の強い無線ルーターにつながる。

これを、解決するには端末のローミングの積極性を使うと良いらしい。

有線接続はローミングの積極性を機能させる

2台の無線LANルーターを有線接続にして同じSSID・パスワードにするとローミングの積極性で、電波が強いルーターに自動で切り替わるというもの。

ローミング機能についてAndroidには機能はありません。アプリで対応する必要があります。パソコンは無線LANアダプタによって対応が異なるので、ネットワークの設定からプロパティで確認するとよいです。

iPhoneは持ってないので分かりませんが、調べるとどうやら標準で対応してるみたいです。

パソコン(Windows)

パソコン(Windows)だと無線LANアダプタのプロパティに「Roaming Aggressiveness」がある場合は機能しています。

スマートフォン(Android)

Androidのスマートフォンはと言うと、スマホにそのような機能が無いので「Wifi Roaming Fix」のアプリをインストールすることで対応できます。

Wifi Roaming Fix - Google Play のアプリ
This app is for network administrators as it requires technical knowledge about wifi configuration. Most of the negative reviews are from people who have not co...

設定は不要で入れるだけで機能します。

ローミングで電波が強い方の無線LANルーターに自動で切り替わりますが、切り替わるの時一瞬だけ切れるようで、ストリーミングの動画やリアルタイムで通信するオンラインゲームなど使う場合は注意が必要です。

一瞬切れるだけなのでアプリなしに比べると切り替わるのが早いのだけど。

BUFFALO製無線LANルーターのSSID設定

参考に、バッファローの無線LANルーターでSSIDとパスワード同じに変更する方法を説明します。ルーター管理画面の入り方は割愛。

事前に、親となる(元となる)ルーターの無線の設定を確認しておいてください。

  1. 管理画面から無線LAN設定画面に入る
  2. チャンネル・SSID・パスワードの入力
  3. 設定の反映

の順で説明します。表記は、機種や設定により異なる場合があります。

管理画面トップページから『無線設定』を選択。

管理画面トップページから『無線設定』を選択。

 

次にSSIDの変更する無線規格を選択

SSIDの変更する無線規格を選択

ここでは、2.4GHzなので「基本(11n/g/b)」を選んでます。

1台目の無線LANルーターと同じSSID・パスワードを設定

1台目の無線LANルーターと同じSSID・パスワードを設定

緑枠を上から順に

  • チャンネル設定
  • SSID
  • 無線の認証タイプ
  • 暗号化の種類
  • 事前共有キー(パスワード)

を入力します。チャンネル設定以外は親となる(元となる)ルーターと同じ設定にします。無線LANのチャンネルは親ルーターと分けておくと電波干渉の影響を受けにくくなります。

最後に、『設定』のボタンを選択します。

確認画面が出るので『設定』を選択して反映

確認画面が出るので『設定』を選択して反映

 

設定完了

設定完了

この画面が出たら設定完了です。管理画面のトップページなどを選択して無線LANの設定を確認しておくといいでしょう。

無線LANルーターの12ch,13ch使用は注意が必要

2.4GHz帯を使うときはチャンネル設定に気をつけて。ルーターによっては1~13chまで設定できるけど、古いスマートフォンやゲーム機などで12ch,13chに対応してない場合があるのでch設定にはご注意ください(Xperia AX SO-01Eが11chまで、PSVITA PCH-2000で12chまで対応)。

2台目の無線LANの購入ときは、無線中継機能・5GHz対応で選ぶと良いです。

BUFFALO製

NEC製