PS VITAをWPSのPIN方式で無線LANルーターに繋ぐ方法

以前、2台ある無線LANルーターのSSIDとパスワード統一したので、無線LAN1台しか登録してなかったPS VITAのWi-Fi接続設定を再登録することになった。

いつも、スマートフォンやノートパソコンなどは「WPS」で登録している。WPSは、接続したい機器に表示される番号を無線LANルーターの管理画面で入力して接続設定を行える仕組みになっていて、パスワードを入力するより簡単に登録ができる。

でPS VITAでも同じように接続しようとしたけどアクセスポイント登録にある「WPS」から行おうとしても、無線LANルーターのWPS用?のボタンを押さないとだめなようで、管理画面にそれっぽい項目は見当たらなかった。

色々VITAのWi-Fi設定画面を触ってると「WPSのPIN方式でアクセスポイントを登録」する項目を見つけたので、忘れないようにメモを書いておく。

スポンサーリンク

PS VITAでWPSの番号を表示させる方法

  1. 設定
  2. ネットワーク
  3. Wi-Fi設定
  4. アクセスポイントを手動で登録する
  5. WPS PIN方式を使う

でWPS PIN方式の番号が表示されるのが分かった。

次に、画像で手順を説明する。あらかじめ、無線LANルーターの管理画面のWPS PIN入力する画面を開いておくとよい。

デスクトップ画面から「設定」を選択。壁紙がゆゆ式なのは気にしないでくれ。

「はじめる」を選択

「ネットワーク」を選択

「Wi-Fi設定」を選択

「アクセスポイントで手動登録する」を選択

「WPS PIN方式を使う」を選択

画面に番号が表示されるので、無線LANルーターの管理画面からWPS PIN入力してアクセスポイントの登録を行う。

後は、PS VITAが自動で無線LANルーターを登録するので、完了後に、接続テストが確認できたら終了となる。

まとめ

どうだろうか、意外と忘れやすい「PS VITA」でWPS PIN方式で無線LANルーターを繋ぐ方法。WPSはバッファローでもNECでも、共通に使えるので覚えておいて損はない。

私の環境は、2台の無線LANで電波を安定させるために同一のSSIDで使っている。

2台の無線LANルーターで同じSSIDにしてローミングにすると広範囲に電波が届く
2台の無線LANルーターで同じSSIDにしてローミングにすると広範囲に電波が届く
家が広すぎたり構造の問題などで、Wi-Fiの電波が隅々まで届かないからWi-Fiルータを2台、3台など複数台で使いたいと...

興味ある方は記事を読んで欲しいが、WPS PIN方式で一度登録すると2台の無線LANルーターに問題なく接続できた。

では^^

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク