5年でデジカメは変わる?入門モデル旧機種の暗所性能を比較した | コピペから応用へ!

5年でデジカメは変わる?入門モデル旧機種の暗所性能を比較した

G.W前半という事もあってデジカメ比較テストも兼ねてドライブに行ってきました。立ち寄った公園では山桜が咲いていて綺麗でした。

富山県南砺市にある「桜ヶ池公園」です。

実は、僕が持ってるコンパクトデジタルカメラ、CanonのPowerShot「A710IS」と「SX150IS」があるのですが、暗所性能が気になったので比較しに行ってきました。この2機種しか持ってないので「SX150IS」は現役です。

このまえ、メインのSX150ISで星空を撮りに行ったときに、「暗い場所でも綺麗に撮れてるな」と思って、古いデジカメとどっちが綺麗に夜景が撮れるのか気になったのが理由です。

どっちも旧機種ですがA710ISが2006年8月SX150ISが2011年9月発売と5年も違いがあります。この2機種はどちらも入門モデルです。

なので、手頃な値段で買えるエントリーモデルは、夜景など暗所性能が低かったりしてますが、まあ5年も時間が経過すれば、性能も上がってるだろうと安易な考えから、比較することにしました。

この2つのデジカメは型番のアルファベットが違うものの、「電池式、高倍率、マニュアルフォーカス」と共通してる部分があり同じ位置づけだと思ってます。

では、両機種のスペックから見ていきたいと思います。

スペック比較(A710IS・SX150IS)

2機種のスペック表です。主なスペックを記載していますが、サイズやバッテリー持ち時間など省きます。

型番 PowerShot A710IS PowerShot SX150IS
写真
撮像素子 1/2.5型CCD 1/2.3型CCD
画素数 約710万画素 約1410万画素
焦点距離
(35mm換算)
35mm~210mm 28mm~336mm
F値 2.8~4.8 3.4~8.0
ISO 80~800 80~1600
手ぶれ機能 光学手ぶれ補正 光学手ぶれ補正
映像エンジン DIGIC 2 DIGIC 4
備考 光学ファインダー付き  ジオラマモードあり
購入価格
(当時)
26,000円ぐらい 15,000円ぐらい

ごめんなさい、購入価格はうろ覚えです。購入時期はどちらも新機種が出る1,2ヶ月ほど前なのでA710が2007年、SX150が2012年購入です。

夜景(A710IS・SX150IS)

撮影は「Mモード・15秒・F値は最小絞り・AF」でISO感度「80・200・400・800」で行ってます。撮影は2か所です。

手ぶれを防止するために台の上に置いて、セルフタイマー(2秒設定)で撮影してます。夜景なのでフラッシュは焚きません。

こんな感じで2台並べて撮ってます。

クリックすると原寸サイズの画像が開くので容量にご注意ください。

1つめ

ISO A710IS SX150IS
80
200
400
800  
1600
(おまけ)

2つめ

ISO A710IS SX150IS
80    
200    
400    
800    

画角(おまけ)

夜景の比較と同じ画像を使ってます。中心を同じにしてるのでそれぞれの画角を参考にしてください。

A710IS(35mm)
SX150IS(28mm)

まとめ

5年の違いはありますが、A710ISが若干明るいようです。価格を考えるとSX150も、がんばっているかと思います。

両者の映像エンジンは2世代も違いますが、イメージセンサーのサイズがほぼ同じで、A710ISが明るいのは、広角側F2.8とSX150ISより明るいレンズを搭載しているからだと思います。

ただ、液晶モニターは、A710ISの方がが暗く橋脚がかすかに映る程度です。SX150は感度が上がっているのでノイズは多いですがしっかり橋脚が写るぐらい明るいです。

また、画角についてはSX150のほうが広く撮れます。28mmと35mmの違いはハッキリと分かるぐらい違いますね。

というわけで、5年の月日が経てば性能は進化するものと思いましたが、A710が意外に健闘してました。値段の差もあるのでしょうか。

画角がSX150に比べて広くはないですが、A710もまだまだ使えそうです。

シェアする

フォローする

僕のブログはmixhostのレンタルサーバーを使ってます
mixhost