総画素数と有効画素数の違いは?ビデオカメラを選ぶポイントとは | コピペから応用へ!

総画素数と有効画素数の違いは?ビデオカメラを選ぶポイントとは

ビデオカメラのスペックを見ると、「総画素数」と「有効画素数」が書いてあるかと思います。

僕が使ってるビデオカメラ「ソニー HDR-CX430V」は
総画素数:543万画素
有効画素数:223万画素
となってます。

空間手ブレ補正という手ぶれ防止機能が付いてるカメラですが、有効画素数が少ないです。

結論からいいますと、有効画素数が総画素数に近いほど高画質になります。

では、なんで高画質なのか、その理由について書いていきます。

総画素数と有効画素数の違い

総画素数と有効画素数とは、一体何なのか説明します。

総画素数は、イメージセンサー全体の画素数で、有効画素数は撮影に有効な画素数です。

赤い部分が総画素数で、青い部分が有効画素数です。

総画素数に比べて有効画素数の範囲が狭いとイメージセンサーの画素数が無駄になります。

もちろん、レンズの特性や手ぶれ補正などの機能により有効画素数の範囲が小さくしたカメラもありますが、有効画素数が小さいと光が多く取り込まれないので、暗所での性能が低くなります(イメージセンサーの性能や画像処理などで一概には言えませんが)


このように、有効画素数が総画素数に近いのも、ビデオカメラを選ぶ一つのポイントです。

有効画素数は大きいほど高画質

最初にも書きましたが、僕の使ってるビデオカメラの有効画素数は223万画素です。フルハイビジョン(1920×1080)で撮影できます。フルHDは約207万画素になります。

ここで上位機種と有効画素数を比較してみます。

型番 有効画素数 総画素数
HDR-CX430V 223万画素 543万画素
HDR-CX630V 502万画素 543万画素

総画素数が同じですが有効画素数が違いますね。どちらもフルハイビジョンで撮影できるビデオカメラです。

CX430は上位機種のCX630より高倍率と手ブレにも強いので画素数が少ないかと思います。

ここで一つ疑問が出るかと思います「フルHDが207万画素だからどちらも変わらないじゃん」と

まあ、間違っては無いですが、ビデオカメラは有効画素数から縮小してフルHDに記録されます。有効画素数が大きいと解像度が高いわけですから、それをフルHDに縮小するとノイズが目立たなくなるので、高画質になるわけです。

縮小のイメージ

有効画素数と記録画素数の違い

一つ注意することがあります。それは、記録画素数についてです。

ビデオカメラのスペックにはこんな記載もあるかと思います。

総画素数:500万画素
有効画素数:300万画素
記録画素数:800万画素

この記録画素数というのは、静止画撮影(写真)の解像度です。

有効画素数が300万に対して800万画素で写真がとれるということなので、デジタル処理で拡大して記録してます。

なので、元の解像度より鮮明にはならないので記録画素数を見て「写真も高画質でとれる」というのは間違いになります。

まとめ

ビデオカメラを選ぶポイントの一つは、有効画素数です。

イメージセンサーの性能やレンズの違いにより、必ず高画質で撮れるとは限らないですが、有効画素数の大きさは選ぶ目安になります。また、記録画素数と有効画素数の違いにも注意するとよいです。

僕が持ってるカメラがフルHDなのでフルハイビジョンでの説明で書きましたが、最近話題の4Kでも同じことがいえるかと思います。

では^^

シェアする

フォローする

僕のブログはmixhostのレンタルサーバーを使ってます
mixhost