ラジオレコーダーをまとめたよ!ワイドFM対応や予約録音も | コピペから応用へ!

ラジオレコーダーをまとめたよ!ワイドFM対応や予約録音も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

以前ワイドFM対応ラジオについて書きましたが、ワイドFMに対応してない機種を対応していると間違って紹介してました。

『タイマー録音できるラジオは?ワイドFM対応ラジオ2+1機種解説!

なので今回は、「ワイドFM対応・ワイドFM非対応」に分けて録音機能があるラジオレコーダーをでまとめました。各機種のAM・FMの周波数範囲を記載してるので参考になればと思う。

ワイドFM対応ラジオレコーダーは90.0MHz – 95.0MHzの範囲が受信可能な機種をいいます。

ワイドFMの詳細については関連記事を読んでもらえたらなと思う。

ワイドFM対応

ワンセグとワイドFMに対応したラジオレコーダー『ソニー ICZ-R250TV』

価格(2017/6/11 時点)
Amazon:19,200円
楽天:19,100円~

今回まとめてるラジオレコーダーの中で唯一ワンセグ録音に対応した機種。、単三電池4本でも使えるからカバン入れて持ち運びができる。

大きめのサイズなだから卓上ラジオとして使えるから、外でくつろぎがらラジオを聴くこともできる。ACアダプタが付属してるので、録音中のバッテリー切れを起こす心配はない。

サイズ:215.4mm×124.5mm×57.2mm

主な機能

  • ワイドFM対応
  • タイマー録音『毎週・毎日・複数曜日指定・1回』の最大20件登録
  • 8GBの本体内蔵メモリーと32GBまでのSDカードに対応
  • 録音形式はLPCMとMP3(ワンセグ音声は独自形式)
  • バックライト付き
  • ACアダプタ付属
  • AM:531 – 1629kHz
  • FM:76.0 – 108.0MHz

ワイドFMとタイマー録音に対応した唯一の携帯サイズラジオ『東芝 TY-RPR1』

価格(2017/6/11 時点)
Amazon:12,980円
楽天:12,268円~

ワイドFMでタイマー録音に対応した機種で唯一の携帯サイズのラジオレコーダー。充電コードやクレードルが付いてないけど、その分お手頃。

電源は単四電池2本だけどバッテリーに不安があるけど、AMラジオの録音時間で25時間だから長時間番組の録音も問題ない。録音中に電池切れの心配があるけど、エネループなどの充電池使用でこまめに充電しておくと安心できる。

サイズ: 56mm×114mm×14mm

主な機能

  • タイマー録音『毎週・毎日・1回』の最大20件登録
  • 8GBマイクロSDカード付属(最大32GBまで)
  • バックライト付きカラー液晶
  • 録音形式はLPCM・MP3
  • AM:522 – 1701kHz
  • FM:76.0 – 108.0MHz

とにかくラジオレコーダーを体験してみたい『オーム RAD-F830Z』

価格(2017/6/11 時点)
Amazon:2,883円
楽天:2,705円~

タイマー録音が付いてないからお値段も手ごろ、とにかくラジオを録音できればいい人に向いている。低価格でありながらバックライトや自動チューニングが付いてる。

電源も単四電池(別売)3本なのも手ごろ。マイクロSDカードが付いてないので、別途購入する必要があります。

サイズ:58mm×109mm×8mm

主な機能

  • ワイドFM対応
  • 録音形式はMP3
  • 32GBまでのマイクロSDカードに対応(別売)
  • バックライト付き
  • 電源は単四3本使用
  • AM:522 – 1710kHz
  • FM:76.0 – 108.0MHz

ワイドFM非対応

スピーカー内蔵クレイドルで卓上から外出にと2つの要素で活用『ソニー ICZ-R100』

価格(2017/6/11 時点
Amazon:15,650円
楽天:15,650円~

何といっても、ICレコーダーサイズで胸ポケットに入る大きさ。500mWの高出力スピーカー搭載の充電クレイドルで、家ではじっくり番組を聴いて録って、そのまま外出時の移動中に聴くことができる。

なにより録音中にバッテリー切れの心配はない。バッテリーも本体内蔵で録音したMP3は連続で22時間まで再生できる(ヘッドホン端子使用時)

ワイドFMには対応してないけど、スマートフォンやiPodなどに転送する手間が要らないのは利点。

サイズ(本体):47.0mm×112.6mm×13.7mm
サイズ(クレイドル):134.0mm×67.5mm×74mm

主な機能

  • タイマー録音『毎週・毎日・1回』の最大20件登録
  • 8GBの本体内蔵メモリー
  • メモリースティックマイクロ・マイクロSDカード対応(最大32GB)
  • 録音形式はLPCM・MP3に対応
  • バックライト付き
  • 充電用クレイドル付属
  • AM:531kHz – 1629kHz
  • FM:76.0MHz – 90.0MHz

SDカードに録音してICレコーダーで外で聴く『パナソニック RF-DR100 』

価格(2017/6/11 時点)
Amazon:12,890円
楽天:10,281円~

SDカード対応なのでマイクロSDカード(アダプタ必要)で録音した番組をICレコーダーで外で聴くこともできる。タイマー録音機能も付いている。

回転可能な大型バーアンテナ搭載でAMラジオの感度が抜群、ワイドFMには対応してないけど900mWのステレオスピーカで高出力。

サイズ:280mm×175mm×134mm

主な機能

  • タイマー録音に対応(1回、毎日、日付・曜日指定)最大20件
  • 4GB本体内蔵メモリー
  • SDカード対応(最大32GB)
  • 録音形式はLPCM・MP3に対応
  • バックライト付き
  • AM:531kHz – 1629kHz
  • FM:76.0MHz – 90.0MHz

あとがき

ワイドFM対応・非対応でラジオレコーダーをまとめてみた。今回まとめた機種で1つ除けばほぼ全てのラジオレコーダーで予約録音機能がある。

旅行での移動中に、撮った番組を楽しんで聴くこともできるし、全ての携帯性に優れた機種もあるので旅先でもラジオを録音できる。

全国のAMラジオ局のワイドFM対応も、一覧でまとめてるので参考にするとよい。

全国民放AMラジオ局のワイドFM対応・未対応まとめ【周波数一覧】
全国民放AMラジオ局のワイドFM対応・未対応まとめ【周波数一覧】
全国のワイドFM対応した民放のAMラジオ局の一覧リストを作りました。中継局の周波数もまとめてます。2017/6/10に確認し...
スポンサーリンク

このブログはレンタルサーバーmixhost
運営してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする