深夜の自転車徘徊はブログの素材探しも出来そうで楽しい | コロロング

深夜の自転車徘徊はブログの素材探しも出来そうで楽しい

3,4ヶ月伸びた髪を切りに散髪屋に行ってきました。安いお店を使ってるのですが、去年から利用してる所は、ハサミで切ってくのでお気に入りです。いつもはカットだけなんだけど今回は全部込みでお願いしました。

僕は散髪屋はあまり好きではない。散髪中の会話や顔剃りで首筋を顔剃りされるのがどうも苦手なので、安い床屋だと毎回髪を切る長さを伝える必要があるけど、会話しなくていいし顔剃りもすぐ終わるのでその分気軽です。

いや~髪切ると頭が涼しくなって気分爽快になりますね。気持ち軽くなった感じです。

で頭も軽くなったので深夜に自転車徘徊してきた。

スポンサーリンク

夜の撮影は手ブレが発生するので難しい

この季節になると日が沈んだ夜のほうが涼しくて自転車徘徊にいいですね。終電も終わった深夜にデジカメ持って徘徊してましたが、ブログの素材探しもできそうで案外楽しいしものです。車や人がいない静かな雰囲気がなんとも心地よい。

自転車のハンドルの上(正確にはライトの上)にデジカメ置いて手で固定して撮影してたのだけど、光学手ブレ補正のカメラでも上下に手ブレが発生するので難しいですね。この写真はまだマシなほうです(シャッター速度2秒)。

人気が無い深夜の商店街。普段通り過ぎてなんとも思わないのだけどタヌキの像がいい味出てて深夜徘徊もいいですね。Twitterかブログのプロフィールのアイコンにでもしようかな・・・

建物のネオンなどは露出アンダーで撮ると締まった感じなので個人的に好み。桜は露出オーバー、夜景(ネオン)は露出アンダーだといい感じになるの最近覚えました。

F8.0で撮影。絞りMAXで撮ると信号機の光が放射状になるのでイルミネーションなど撮るのにも使えそうですね。(シャッター速度が更に遅くなるのでその分手ブレ対策必要)

意外に市内徘徊してるだけでもブログの素材探しもできそうで楽しい

観光名所でもない場所で、周りに人が居るとカメラを出すのも戸惑うのですが、深夜だと誰も居ないので気軽にカメラを取り出してシャッター押せて普段なんとも思わないものでもパシャパシャ撮れます。まあ不審者に間違われないかは心配ですが・・・

いくつか撮ってるとブログの素材になりそうなものも出てきそうですしね。

この青く光ってる部分をうまく加工(トリミング)するとなんか素材として使えそうな気がします。

あとがき

僕が使ってるデジカメはエントリーモデルなんですが、手ブレ対策してISO感度低めでシャッター速度長めに設定すると意外にも夜でもクッキリ写んるですよね。車が通り過ぎてテールランプだけ写るのとかわりと好きです。

ただ、自転車のハンドルの上にカメラ置いて手で押さえるにしてもシャッター速度に限界あるのでハンドルに取り付けるカメラマウント気にはなってるけど実際どうなんだろう・・・

流石にカメラ固定したまま走行すると自転車の振動で角度が下に倒れそうだから停止中しかダメそうだけど使ってみたい。問題は、ハンドルにライト2つとサイクルメーターを付けてるのでカメラマウントまで取り付けるスペースが無いこと。

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

スポンサーリンク

フォローする