Win10で序数43 Xlive.dllエラーが出たらGFWLをアップデート【DiRT2】

ゲーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DiRt2をWindows10にインストールしてゲームを起動したら「序数43がダイナミックライブラリ Xlive.dllから見つかりませんでした」とエラーメッセージが出て遊べないんです。

なので、エラーメッセージで検索すると、こちらのサイトが出てきたのでふむふむ・・・

どうやらDiRT2インストール時に入る「Games for Windows  LIVE(GFWL)」のバージョンが古いのでGFWLをアップデートすると解決するらしい。

なので、GFWLを更新してDiRT2が起動したので、忘れないようにメモとして残しておきます。

DiRT2でMicrosoftアカウントにログインできない場合は、GFWLインストールしなくても起動する方法があります。xlive.dllを直接ゲームのフォルダに入れるのですが、方法はこちらに書いています。

Win10にDiRT2をGFWLインストール無しで起動。xlive.dllを直接フォルダに入れる
以前、「序数43がダイナミックライブラリ Xlive.dllから見つかりませんでした」とエラーが出たら、新しい「Games for Windows LIVE(GFWL)」を入れるとDiRT2が遊べると書きました。 また遊びたく...

スポンサーリンク

DiRT2のインストール

環境は、Windows7 → Windows10にアップデートしたノートPCとパッケージ版(輸入盤)のDiRT2を使います。また、Windows  LIVEのアカウントも使います。僕は既に登録してあるので新規登録の説明は省く。

とりあえずWindows7やVistaと同じようにインストール作業を進めていく。最初に、DiRT2のディスクを開いて「Autorun.exe」から起動する。

DiRT2インストール画面

DiRT2インストール画面

DiRT2のディスクを入れてゲームをインストールします。Windows7などとインストール手順は同じなので省略。

DiRT2インストール完了

DiRT2インストール完了

インストールが完了したら「Finish」をクリックして終了します。

インストール終了後にこんな画面が出ました。

旧バージョンのGFWLの互換性確認メッセージ

旧バージョンのGFWLの互換性確認メッセージ

DiRT2インストールすると古いバージョンの「Games for Windows  LIVE」も入るので互換性アシスタントのメッセージが出ますが無視してインストールを続ける。

DiRT2起動画面

DiRT2起動画面

一見遊べるようですが、Windows10だと「PLAY」で起動してもエラーになります。

GFWLのバージン古くて序数43のエラーが出る

GFWLのバージン古くて序数43のエラーが出る

エラーの内容は「序数43がダイナミックライブラリ C:WINDOWS\SYSTEM32\Xlive.dllから見つかりませんでした」。

Dirt2インストールと同時に入れたGames for Windows  LIVEのバージョンが古いため起こります。

スポンサーリンク

Games for Windows  LIVEのインストール

Microsoftのサイトから新しい「Games for Windows  LIVE」を入手。名前は「games for windows marketplace」に変わっています。

Games for Windows LIVEのリンクをクリックするとMicrosoftのページに飛び、以下のメッセージが書いてあります。

Windows 7、Windows 8、Windows 8.1 デバイスをお持ちの場合は、こちらをクリックして、Games for Windows – LIVE アプリをインストールする手順に従ってください。

上記メッセージの「こちら」をクリックするとG「games for windows marketplace」のダウンロードができる。GFWLはWin7,8用だがWin10にもインストールできる。

ダウンロードした「gfwlivesetup.exe」を実行してインストールを行います。

Games for Windows  LIVEのインストール画面

Games for Windows  LIVEのインストール画面

インストール時にセキュリティ警告メッセージが何度も出る場合がありますがお構いなく実行。インストールが完了したらもう一度DiRT2を起動します。

スポンサーリンク

DiRT2の起動

再びDiRT2起動画面

再びDiRT2起動画面

Dirt2を起動します。今度はエラーにならないはず……

DiRT2ゲーム画面(サインイン)

DiRT2ゲーム画面(サインイン)

起動できました。ここからは、Dirt2初回起動と同じ流れ。Windows Liveにサインイン(ログイン)してゲームもアップデートします。

GFWLのが開く

GFWLのが開く

このようなブラウザ画面が現れるので、既に登録してあるアカウントでログイン。

GFWLのログイン

GFWLのログイン

登録してあるメールアドレスとパスワードを入力。

ゲームのシリアルナンバー入力

ゲームのシリアルナンバー入力

次に、DiRT2のシリアルコードを入力します。コード入力はセーブデータが無い最初だけかもしれないです。

ゲームのアップデート確認画面

ゲームのアップデート確認画面

アップデートするか聞かれるので「YES」でアップデートを行います。この後、一旦DiRT2が終了してもう一度起動します。

起動後ににまたアップデート聞かれるので「YES」を選択。進行バーが最後まで進むと再びゲーム画面が閉じます。

DiRT2アップデート中

DiRT2アップデート中

この画面に変わり、自動でDiRT2が更新される。

DiRT2アップデート完了

DiRT2アップデート完了

完了をクリックすると、またゲーム画面が起動する。

 

オートセーブするか聞いてくる

オートセーブするか聞いてくる

オートセーブしますかと聞いてくるのでお好みで。ここから先はゲームプレイ時と同じ。

DiRT2ゲーム画面(OPムービー)

DiRT2ゲーム画面(OPムービー)

僕はセーブデーターが残っていなかったので最初から、OPムービーが流れます。

DiRT2ゲーム画面(リ プレイ)

DiRT2ゲーム画面(リプレイ)

あとは普通にゲームをプレイできる。

日本語音声ファイル「おまけ」

DiRT2をインストールすると日本語音声ファイルも一緒に入ります。ただ、言語の選択で日本語が無いのでそのままだと使えません。

日本語音声ファイルは、他の言語(英語)の音声ファイルのファイル名に変更することで日本語音声になります。

場所は「C:\Program Files (x86)\Codemasters\DiRT2\audio\speech」の中に「jp.nfs」があるので「en.nfs」に名前を変更します。この時、元の「en.nfs」は別の名前にして残す。

あとがき

DiRT2をWindows10で起動するには、Games for Windows  LIVEをアップデートする必要がありました。

Dirt2のオンライン(マルチプレイ)機能ですが接続できました。確認したときは、人が居ないので新しく部屋を作れって言われたので、どうやらオンラインも遊べるみたいです。

ちにみにですが、DiRT3のパッケージ版を持っているとSteamでシリアルコードを登録すると、Steamからダウンロードしてインストールできるので、パッケージ版のDiRT3を持っていたら利用してみましょう。

Windows VistaでDiRT2を遊ぶ場合

これは、2年ほど前に確認した内容ですが、ゲームをインストールして起動して、「アップデートしますか?」と聞かれるので。ここでアップデートすると「Games for Windows  LIVE」もアップデートされて接続エラーで遊べなくなるので、アップデートしないで完全オフラインで遊ぶようにしてください。オフラインなのでセーブデータ引継ぎやマルチプレイは使えません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム
みんなに教える
SNS(アカウント)・RSS
コロンの記録帳
タイトルとURLをコピーしました