セーブデータ消えるのでゲームボーイソフトのボタン電池を交換してみた!

ゲームボーイのセーブデータがすぐ消えるので、GBソフトの電池交換をやってみました。以前、10年ほど前にやってたブログでも書いてたので再現記事になります。

ブログは消してしまったため無いですが、以前と同様の手順でGBソフトの電池交換を作業します。

作業時間は遅くても20~30分ほどで終わるかと思います。

スポンサーリンク

GBソフト電池交換で用意するもの

GBソフト電池交換に使用する工具

  • GBソフト
  • 特殊ドライバー(100均のナットドライバーで代用可)
  • マイナスドライバー(中)
  • マイナスドライバー(小)
  • ボタン電池
  • ビニールテープ

GBソフトとを分解するには、特殊なネジを1本外す必要があるので専用ドライバーを使います。今も売ってるか分かりませんが、100円ショップ(ダイソー)で売ってるナットを外す工具ボックスレンチセットでも代用できます(青いケースに入っててその中の3.5mmサイズだったと思います)。

ボタン電池は、新品のCR2016かCR1616あたりを用意します。今回は再現のため外したボタン電池を再度取り付けます。

丁度手元に電池交換してないGBソフト、ポケモン銀があったのでこれを使用します。

使用する特殊工具の詳細は『あとがき』で紹介します。

ソフトの分解

ここから、ソフトの分解と電池交換の作業を説明しますが、全て自己責任でお願いします。

GBソフト電池交換その1

特殊ネジを外していきます。

GBソフト電池交換その2

特殊ドライバーをこのように入れて、反時計回りでネジを外します。外れ寝にくいときは押さえつけながらゆっくり回すとよいです(ネジ山をつぶさないようにします)。

GBソフト電池交換その3

ここまでくると、手回しでネジを外せます。ネジを外したらソフトを表にしてカバーを外します。

GBソフト電池交換その4

カバーをスライドして、この画像のようになったら端子のあるほうから上にめくるとカバーが外れます。

GBソフト電池交換その5

ボタン電池が金具に溶接されています。次にこの溶接をマイナスドライバーを使って剥がしていきます。

ボタン電池の取り外し

これからボタン電池を外します。端子が折れないように慎重に作業してください。

この手順で作業をする。

  1. 表(マイナス)の端子を剥がす
  2. 裏(プラス)の端子を剥がす

GBソフト電池交換その6

マイナスドライバー(中)を電池との隙間に入れます。この状態でテコの原理で上下に動かしてグイグイっとめくる感じで剥がしていく。

GBソフト電池交換その7

マイナスドライバー(中)で厳しくなったらマイナスドライバー(小)を使って電池と金具の隙間に入れてまたグイグイっと。

GBソフト電池交換その8

残りは皮一枚、ここまでくるとあと少しです。

GBソフト電池交換その9

表が剥がれました。次は裏です。

GBソフト電池交換その10

裏も表と同様に刃がしていきますが、端子が折れないように注意を払います。

GBソフト電池交換その11

裏は表に比べて難しいです。電池を倒し過ぎると端子が折れるので慎重に。

GBソフト電池交換その12

最後の皮一枚を剥がす。慎重に力を入れながら・・・

GBソフト電池交換その13

何とかボタン電池を外せました。

ボタン電池の交換

新しいボタン電池を用意して絶縁テープで固定します。ここでは、先ほど外したボタン電池を新品に交換するのと同様に固定する。

電池のプラスとマイナスを間違えないでください。プラス側が下(裏)ですが、不安なら基板に端子がハンダ付けされてる横にプラスかマイナスと書いてあるので確認しましょう。

この手順で作業をする。

  1. テープで固定
  2. テスターで電圧確認

GBソフト電池交換その14

仮配置。この上からテープで止めます。

GBソフト電池交換その15

テープで仮固定。

GBソフト電池交換その16

ボタン電池が浮かないようにテープで止めます。不安ならテスターで電圧を測ります。

GBソフト電池交換その17

テスターの先端をボタン電池の端子部分に当てて測定します。電圧がマイナスとなっていますが、電池が古いのであえて逆に測定して電気が通っていることを確認してます。

電機が通り問題無かったら、分解した手順と逆順でカバーを取り付けてネジを締めます。

あとがき

この記事、10年ほど前にgooブログでやっていた再現記事になります。当時のブログは消したので跡形もありませんが、ネジを外す際に使ったドライバーやボタン電池の剥がし方は以前の記事と同じでやっています。

ボタン電池にハンダ付けする方法もあるのですが、ハンダ付けのさいの熱で電池がどうなるか分からない(危険)なのでやっていません。

特殊ドライバーAnex No6350 E-4」

今回使用した特殊ドライバーは『Anex No6350 E-4』です。

この特殊ドライバーは10年前に近所のホームセンターで買った物です。GBに使われてるネジ専用じゃ無かったと思います。

形状が似てることから購入したのですが一応使えます。

写真はありませんが、ダイソーのボックスレンチセットでも代用できます。今回使用したマイナスドライバーのように細いのでネジを外すときは少しコツがいります(ピンを挿すところがあるので付属のピンを使うと扱いやすいです)。

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク