事前に調べるのが億劫になり即実行は年取ったからなのか

最近(ここ1,2年ぐらいからか)、ネット上のサービスや通販で購入する時などあまり調べもせずにとりあえず申し込んじゃえって。

昔は無料ーサービスでも解約方法など細かいところまで色々調べてたんだけどね、今は自分で納得する前に実行しちゃう。

スポンサーリンク

今と過去の自分の行動の違いを考えてみた

高校の時(2度目なので20代前半ぐらい)はネトゲなどの会員登録する前に解約フォームがちゃんとあるか調べててて(メールや電話で問い合わせるのが面倒で)実際に登録するまで1日かかることもあった。

今はというと、去年の11月ごろに格安SIMに申し込んだ時はそれなりに調べたのだけど、まあ「家のネット回線と同じプロバイダだし」という事で解約方法や契約年数(違約金)など調べ不足だった。(既存端末でテザリングが出来ないこと知ってモバイルルーターをレンタルしたけど2年縛りがあって、契約後に気づいたけどまあいっかって)

他にも無料のネットサービスとか「どんな内容なのか前もって詳しく調べる」から「とりあえず使ってみて覚える」に変わっている。

他にも昔はデジカメなど買う時も価格コムのレビューや個人サイトなどの写真を参考にしてたのが、今は「スペック見てTwitterやAmazonで軽く評判見て」から決めてる(へぇ~よさそうだな、はい購入って)。

既存サービスや製品を購入するのはやっぱり年のせいなのか?

まあ結局のところ、分からないもの(サービスなど)は使わないで分かるサービスだけ要点だけ調べて利用するか決めるように変化してるように感じてます。全くの新しいサービス(新製品)には疎い。

経験を積んで無駄はしなくなったと聞くと聞こえは良いけど、新しく出てきたサービスなどに疎いからね、こうな風に思うと年取ってきてるのかなあって感じちゃうよ。

あとがき

てな訳で、新サービスとか新しく調べないと分からないものとか始めるのが億劫だなぁって最近感じていて、既存のものなど安定してるのを望んでいるとやっぱり年取ってるのかなあって思います。

そんなこんなんで、お風呂に入りながら考えてたわけなんだけどなんか今日異様に眠くってね夕方に昼寝して夜11時頃に目が覚めた。ほんで湯船につかって上記のことふと思って書いたんだけどお風呂でだと色々頭の中かから書きたいことがイメージとして湧いて来て、風呂上がって飯食って少し部屋の整理したら、いざ書こうってなって話の流れとか忘れてる(汗)

まあいつものことなんだけど、本当に日記っていうか「自分がこう思ってる(感じてる)」事を書こうとすると、書き足りないのに「これ以上文章が出てこない」ってなるから難しいね。

日記ブログ書いてる人は感心するよ、僕なんかが書こうとするとまとまりがないからね結論無くても話の流れというかそうゆうの書くのが難しい。「○○のやり方」など手順を説明する記事はすんなり書けるんだけどね(それでも画像多用したりで時間がかかる)。

この辺は勉強というか慣れというか書き続けるしかないのかなあって感じ。

この記事書いてて思ったのが、「見出しに対して問うように」本文を書いていくのが書きやすいかなと。別に「○○は何?、それはね」って感じにQ&Aにしなくてもいい(想像)。

所で「自分がこう思ってる(感じてる)」ってところ、なんか別の言い方があると思うけど忘れちゃいました。

とりあえずここまで書いて1359文字で2時間半。書き始めて頭の中モヤモヤと文字にすらなってなかったのと、ながらで書いてたりトイレ休憩したり、メイドインアビス(アニメ)を30分リアルタイムで視聴してたのでこの時間です。

最後に予約投稿してアイキャッチ探して貼り付けて終わり(投稿)。

長く続くか分からないけど、日記系の記事には文字数と時間を書いていこうかと思います。

(1551文字、145分)

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク