WPプラグイン「Search Regex」で記事内の画像や内部リンクを相対パスに楽々変換

サイトのURLを変更したときやHTTPS化したときは、記事内の画像や内部リンクのアドレスを修正するのが大変です。そんな時、記事内の文字を一括変換できるプラグイン「Search Regex」を使うと楽々に修正できるので、使い方について解説します。

スポンサーリンク

URLの絶対パスと相対パスの違いについて

細かい話は分かりませんが、絶対パスと相対パスのURLの違いは以下のようになります。

絶対パス
https://coronblog.net/wp-content/uploads/2017/09/20170921144720.jpg

相対パス
/wp-content/uploads/2017/09/20170921144720.jpg

どちらも、同じ画像を開くことができますが、HTTPS化やサイトの引っ越しでURLが変わったとしましょう。その場合、絶対パスは「https://coronblog.net/」を修正しないとだめですが、階層が同じなら相対パスだと修正する必要がありません。

僕自身、趣味でホームページを作っていたこともあり、ローカルでサイトの確認をするのもあって、内部リンクは相対パス派です。

一括置換プラグイン「Search Regex」の使い方

記事内の絶対パスのアドレスを相対パスに変更します。初めに、Search Regexをインストールしておきます。WordPress管理画面からプラグインをインストールできるので、インストール方法は省略します。

※ブログカードには使えません、理由については後で説明します。

管理画面の【ツール】>【Search Regex】を開きます。

画像のアドレスや内部リンクを相対パスに一括置換する

Search pattern:元のキーワード
Replace pattern:変更後のキーワード

になってるのでアドレスの一部を入力します。

Search pattern:“/
Replace pattern:“/

変更するURL(キーワード)を入力が完了したら、『Replace』のボタンをクリックすると置換後の確認ができます。置換するURLを入力する際は、以下のことに注意してください。

URLを直接置換するとブログカードに影響が出るので先頭に「”」入れる

URLをそのまま置換すると、ブログカードまで置き換えられて表示されなくなるので、必ず、置換前、置換後のURL先頭にダブルクォーテーション「」を入れてください。

これは、画像やテキストの内部リンクのタグが「<img src=“/…」や「<a href=“/…」のようになってうからです。

サイトのURL変更やHTTPS化でブログカードのURLを変更にする場合は、直接修正するかHTTPS化のプラグイン「Really Simple SSL」を使うとよいです。

画像や内部リンクが相対パスになっているか確認

この時点では、まだ置き換えていません。『Replace』のボタンをクリックしたら記事内の該当箇所が修正前と修正後で一覧で出てくるので、相対パスのアドレスになっているか確認します。

確認ができ、問題なかったら『Replace&Save』のボタンをクリックして置換させます。

※一度『Replace&Save』をクリックすると元に戻せません。なので、念入りにチェックしてから実行してください。

URLが相対パスに置換されたかブラウザで確認

ブラウザの「開発ツール」や「デベロッパーツール」から置換されたアドレスの確認ができます。上の画像の赤枠が「/wp-content…jpg」で相対パスに置き換えられています。

内部リンクのテキストも同様に置き換わってます。

まとめ

記事内の画像のアドレスや内部リンクを相対パスに修正するには、WordPressプラグイン「Search Regex」を使うと一括置換ができます。

ブログカードには使えませんが、記事作成中に画像の挿入やテキストに内部リンクを付けると絶対パスになって、後から修正すると面倒なので「Search Regex」を使うと時間も短縮できて便利です。

こちらもおすすめ→『WordPressを簡単に常時SSL化にするプラグイン「Really Simple SSL」を検証

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク