PCからTwitterの夜間モードで見やすいと思うテーマカラーを色々試した

初めに言っておきます。僕自身「色彩検定」とかそのような資格や知識は無いので、見やすい色は「主観」になります。

スマートフォンのTwitterアプリに背景が黒くなる夜間モードがあるのは知っていて、背景が白い通常モードは暗い場所だと眩しいので、常に夜間モードを利用しています。

これが、パソコンのブラウザからでも使えるようになってるの、ついさっき知りました。

僕のTwitterアカウント「@coronblog」のテーマカラーは、このブログと同じ赤にしているのだけど、さっそく夜間モードに変更したら文字と背景が同化して醜くなった。なので、デフォルトで選択できるテーマカラーを色々試して、両モードで見やすい色はブルーグリーンになった。

スポンサーリンク

Twitterの夜間モードと通常モードの見やすいテーマカラー

Twitterプロフィールのテーマカラーはデフォルトで10色用意されていて、カラーコードを指定してカスタマイズもできる。

個人的に夜間モードと、通常モードで見やすいテーマカラーは以下の通り。(正式な色の呼び方は分からないので適当です)

通常モード

  1. ブルー
  2. レッド
  3. パープル
  4. グリーン

夜間モード

  1. ライトブルー
  2. ライトグリーン
  3. イエロー
  4. グリーン
  5. ブルー
  6. ピンク
  7. オレンジ

上から順に、見やすいと思ったテーマカラー。

基本的に、暗い色は通常モード、明るい色は夜間モードが見やすくなりますね。ただ、どちらのモードでも醜い色がありました。通常モードのグリーンはギリ許容範囲。

どちらのモードでも醜いと思うテーマカラーは「グレー」

通常モードだとリンクの文字が薄くなるし、夜間モードだとテキストとリンクの区別が分かりにくいのが理由。

通常・夜間モード問わず見やすいテーマカラーはブルーとグリーン

通常モード・夜間モード問わず見やすい色は「ブルー」と「グリーン」。

僕は、Twitterはほとんどスマホアプリから夜間モードで見てますが、プロフィールを見てくれる方がどんな環境が分からないので、テーマカラーを意識して「ブルー」に変えました。

前までスマホアプリの夜間モード切り替えが「スライドのボタン」だったのに、いつから変わったんだろう……

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク