ビジネス書の自作ブックカバーにセリアのデザインクラフトペーパーがオシャレに仕上がる

旅行の移動中でも本を読みたいと思い、ビジネス書サイズのパソコンの本を持っていこうと思うのですが、田舎に住んでいるので書店だと文庫本サイズにしかブックカバー付けてくれない。このサイズだとカバー付けるか聞かれないです。

市販のブックカバーも売ってはいるけど千円以上するので高い。

100円ショップでブックカバーが売っているか探していたけど見つからず、ふとしたことからコピー用紙などでブックカバーが作れるのが分かったので、自作ブックカバーを作ることにした。

コピー用紙だと味気ないので、セリアで売ってる「デザインクラフトペーパー」が絵柄も付いて良さげだったので購入。

初めて作ったにしてはおしゃれな感じで、かなり良く仕上がりました。

スポンサーリンク

セリア「デザインクラフトペーパー」はおシャレで透けないブックカバーが作れる

セリアの「デザインクラフトペーパー」は絵柄がおシャレで表紙が透けないブックカバーが作れます。

A2に近いサイズで3枚入りです。8つ折りに畳んだ状態(A4)で売っているのですが、コピー用紙と重ねると若干A4サイズより小さいです。

僕は不器用なので安心のためにもう1袋購入。

ブックカバーの作り方(折り方)は、ぴらめこな生活の『2分で作るブックカバーの作り方。』が折り目の付け方が分かりやすく解説してたので、参考にしました。

不器用で、少し斜めってたり表紙を入れる部分のバランスも悪いけど、絵柄がオシャレで表紙も透けないので初めて作ったのにしてはかなりgoodな出来です。

A4クラフト紙はサイズが小さくて失敗

A2クラフト紙を購入する前にA4サイズのクラフト紙を購入したのですが小さくて失敗。マンガ~ビジネス書まで使えたらと思って購入したんですが……(不器用なのでカットするのは嫌)。

このA4サイズの[筋入りクラフト紙]は50枚入りと枚数が多いのですが薄くて1枚や2枚だと表紙が透けてしまいます。しかも青年誌サイズ(B6)でも両端の折り目が1cmも無くて、なんとか作った感じになってしまいました。

まとめ

セリアにある「デザインクラフトペーパー」はサイズが大きく絵柄がおシャレで表紙が透けないので、ビジネス書サイズのブックカバーを作るのにお勧めなクラフト紙ですね。

市販のブックカバーは千円以上して高く感じるし、自作なら100円で6冊作れます。ボタンを付けた紐をブックカバーの内側に貼りつけてスピン(しおり)のように使うのも有りですね。

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク