充電端子がヘタレスマートフォンにはセリアの布巻き充電ケーブルが使えるかも

2年ぐらスマートフォンを使ってるとマイクロUSB端子(充電端子)がヘタってグラグラしてきた。

そのまま誤魔化しながら使ってたら接触不良で充電ランプが高速で点滅するので、100円ショップのセリアは種類が豊富なので色々と充電ケーブルを購入してみました。

その中で、ヘタレた充電端子でも安定して充電できたのは写真下の布巻きケーブルですが、他のアルミコネクタとフラットケーブルも扱いやすさなど感想も書いていきます。

スポンサーリンク

セリアのマイクロUSBケーブル色々購入してみた

100円ショップのセリアに売ってるMicroUSBケーブルも100円です。USBケーブルは50cmと短いですが、種類も豊富でケーブルが短いのでカバンにモバイルバッテリーと一緒に入れてても邪魔になりません。

ダイソーだと充電ケーブルは200円することもありますが、セリアはどれも100円ですし高速充電や巻き取りケーブルも売ってるので、一押しです。

種類は多いのですが充電端子たヘタレたスマートフォンでも安定して充電できるケーブルもあったので感想を書きます。

充電専用(アルミ・赤布・フラット)ケーブル

充電専用なので、パソコンと接続してデータ転送はできません。

アルミのほうは、ケーブルがフニャフニでやわらかく、microUSB側のプラグの銀色の部分も他のケーブルのプラグより若干長いです。充電中は熱が伝わりアルミコネクタが少し温かくなります。

スマホの端子がへたって無ければ問題なく充電できます。

赤色の布巻きは、ケーブルは硬く少し癖があります。ケーブルもザラザラしてて布というより洗顔ネットのような質感です(例えが分かりにくくすいません)。

一応、高耐久となっていますが、まだ使って間もないので不明です。

ごめんなさい、袋は捨ててしまったのでケーブルのみの写真です。

2A出力可能なケーブルでフラットで癖が無いのでカバンの中に入れておいても邪魔になりません。アルミと同じく端末の充電端子が問題無いなら正常に充電できます。

データ転送にも使える布巻きケーブル(白)

データ転送にも使える高速充電可能な布巻きケーブルです。質感は「赤」と違い柔らかく繊維が巻きつけあるみたいです(柔らかいと言ってもケーブル自体は硬い)。

色は「白」と「黒」があります。

癖の付き方も赤布と同じで、充電速度も正確には測っていないですがどちらも変わらないように思います。こちらのケーブルも使って間もないので耐久性は不明です。

赤布やアルミのケーブルはどの店舗でも見かけましたが、データ転送にも使えるこのケーブルは中規模のお店にありました。

充電端子の接触不良スマホには布巻きケーブルが良いかも

僕のヘタレた充電端子のスマートフォンの場合ですが、2本の布巻きケーブル共に安定して充電できます。他の2つ(アルミ・フラットケーブル)は、普通の挿すと駄目で半挿しとまではいかないですが少し戻す(引く)と充電できるように不安定です。

布巻きケーブルはスマホを充電しながらズボンのポケットの中に入れても、バックの中に入れても電池残量が減るどころか増えていったので確実に充電できるかと思います。充電中にプラグを触っても充電ランプが消えることも無いです。

まとめ

スマートフォンの充電端子がグラグラで充電が不安定な場合は、セリアの布巻きケーブルを試し見るとトラブルが解消されるかもしれません。

100円なので個体差があると思いますが、買って試す価値はあると思います。

普通に使う分にも50cmと短いので小旅行などで荷物を少なくしたい場合も邪魔になりません。

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク