野々市市の新図書館、学びの杜ののいちカレードでの本の借りかた

本日2017年11月1日にオープンした野々市市立図書館に行ってきました。夜10時まで利用できますが、閉館30分前で初日のこともあってかそれなりに人がいました。

図書利用カードを作成したので本の借り方について書いていきます。貸し出しは自動貸出機で行うのですが、簡単なので説明していきますね。

スポンサーリンク

野々市市立図書館の利用時間と貸出期間

貸出方法の前に野々市市立図書館の利用期間と貸出期間についてです。

  • 開館時間 9時~22時
  • 休館日 水曜日、年末年始、特別整理期間
  • 貸出期間 2週間以内
  • 貸出数 図書10冊、CD・DVD2点

図書利用カード発行可能な地域

  • 野々市市に在住・在学・在勤
  • 金沢市・白山市・かほく市・内灘町・津幡町に在住

詳しい情報は『学びの杜ののいちカレード』に書いてあります。

野々市市立図書館での貸出と返却方法

利用前に図書利用カードを作る必要があります。カードの作成は駐車場のある入口から奥のカウンターです。

図書利用カードの作成は閉館に近い時間帯だと終了しているので余裕を持っておきましょう。

図書の貸し出し方法

貸し出しは全て自動貸出機で行います。

  1. 自動貸出機のテーブルの上に本を置きます
  2. 画面をタッチして次に進む
  3. 利用者番号を求める画面になるので横の機械にカードを入れる
  4. 貸出冊数を選択
  5. 借りる本のタイトルが一覧で表示される
  6. 貸出を完了するボタンをタッチする
  7. カードが出てきて完了

3冊借りたのですが、テーブルの上に本を重ねておいても読み取れるので並べて置かなくても大丈夫のようです。もし読み取れない場合は2列に重ねるなど工夫すると良いかもしれません。

3番目の項目で一瞬戸惑いました。利用者番号を入力するのかと思いましたが、このタイミングでカード入れると次の画面に進みました。

そしたら、4番目の貸出冊数を選択する画面が表示されます。画面の、借りる本の「数」をタッチすると本のタイトルが一覧で表示されます。

貸出の手続きを完了するボタンをタッチするとカードが出てきて貸出手続きが完了します。

レシートは無くて、図書利用カードに借りてる本の名前と貸出期限が印字されて出てきます。

図書の返却方法

貸し出した本は館内にある返却ポスト入れます。CD・DVDは直接受け付けカウンターに渡す形になります。

返却ポストは、正面玄関入って直ぐ右側の場所と玄関の外の横に設置してあります。

本を借りて2週間が経ったので本を返しに行きました。日時は11月16日の午後9時30分頃。

返却ポストに本を1冊ずつ入れて完了です。閉館時間まで少しあったので、新しく本を借りたのですが、利用カードに印字されてる貸出中の本が延長期間も含めて更新され、先ほど返した本の情報が消えていました(この間20分ぐらい)。

思ったより返却処理は早いほうかもしれません。(閉館直後だったこともあるかもしれないですが)

貸出図書の延長

図書の貸出期間は2週間で、図書の延長は予約が入って無い時に1度だけ2週間の延長が可能です。貸出図書の延長は館内の端末や受付カウンター、電話にインターネットから行うことが出来ます。

インターネットの場合は、『野々市図書館 蔵書検索ページ』からログインして、利用者のページの「ご利用状況参照」から借りた本の延長ができます。

スマートフォンのページからだと蔵書検索しか出来ないみたいなので、延長はパソコンのページにアクセスする必要があります。

延長期間は2週間ですが、延長を行った日からです。また、水曜日に延長をした場合は休館日の関係で15日後の木曜日になるようです。

図書の予約

図書の予約は、館内の検索端末やインターネット、受付カウンターで出来ます。資料の用意が出来たら連絡が来て1週間取り置きしてくれるようです。1週間を過ぎると自動で予約が解除されます。

予約した本はサービスカウンター横の予約コーナーに置いてあり、自動貸出機で貸出手続きをするようです。

まとめ

野々市市立図書館の貸し出しは全て自動化されていて、図書利用カードの作成以外は受付を利用しなくても良いので、割とスムーズに貸出返却が出来ると思います。

図書の貸し出しは自動貸出機で返却はポストに入れるだけなので、若い人の利用を想定した印象。ただ、自動貸出機の使い方は簡単で係りの人もいるので分からないことは気軽に聞けるので戸惑うことは少ないと思います。

まだまだ本棚に空きスペースが目立つので、これから本が増えることに期待ですね。

野々市市立図書館の詳細は『学びの杜ののいちカレード』で確認してください。

スポンサーリンク

当ブログのレンタルサーバーは『mixhost』で運営してます。

フォローする

スポンサーリンク