WinSCPでラズパイの共有フォルダ接続はネットワークドライブから出来た話

RaspberryPiをファイルサーバーにしておくと、ブログにアップロードする画像などのファイルを複数のパソコンから開くことできるし、スマホで撮った写真なんかも入れておけるので編集しやすく便利なので使い勝手が良いです。

普段、ブログに画像などアップロードするときは管理ページからアップロードするのでFTPで上げる必要ないのですが、バックアップ用ともしもの時のためにWinSCPでFTP接続もできるようにしています。

ただ、ここで一つ問題が発生しました。それはラズパイのファイルサーバーにWinSCPからは「UNCパスはサポートされていません」とエラーが出て接続できないということ。

共有フォルダのショートカットアイコン

共有フォルダのショートカットアイコン

正確には、ショートカットのフォルダですね。丁度、画像のようなアイコンです。

ネットワークドライブを割り当てることでアクセス出来たので、その話をしたいと思います。

RaspberryPiでファイルサーバーを使える状態から話しています。ファイルサーバーのソフトは「Samba」を使っています。

WinSCPで「UNCパスはサポートされていません」と出て共有フォルダにアクセスできない

WinSCPでラズパイにアクセスすると「「UNCパスはサポートされていません」と出て接続できない

WinSCPでラズパイにアクセスすると「「UNCパスはサポートされていません」と出て接続できない

先ほども説明した通り、ラズパイのファイルサーバーにブログのデータを入れてあります。ファイルサーバーへパソコンからのアクセスは共有フォルダのショートカットを作成してるので、WinSCPからこのショートカットにアクセスしようとすると「UNCパスはサポートされていません」とエラーメッセージが出て接続できないです。

別件で設定したネットワークドライブの割り当てから、偶然にもWinSCPでアクセスが出来たので、次にその話です。

ラズパイの共有フォルダをネットワークドライブを割り当てたらWinSCPからアクセスできた

別件の、アカウント管理してるソフトで保存してるRaspberryPiにアクセスしようと、パソコンの「ネットワーク」からローカル上のラズパイを検索すると出て来なかったので、ネットワークドライブを割り当ててそのドライブから保存してるアカウントのファイルを読み込みました。

WinSCPでのラズパイにアクセスするの諦めていましたが、もしやと思い、試しに割り当てたネットワークドライブをWinSCPからアクセスしたら入ることが出来ました。

WinSCPでネットワークドライブにアクセスする

WinSCPでネットワークドライブにアクセスする

WinSCPで割り当てたネットワークドライブを選択するだけです。

Windows10でネットワークドライブを割り当てる方法

Windows10でネットワークドライブを割り当てるする方法について書いていきます。

コンピュータから「コンピューター」のタブを選択

コンピュータから「コンピューター」のタブを選択

コンピュータを開いて「コンピューター」のタブを選択します。Cドライブ名がWindows7になっていますが、Windows7からWindows10にアップデートしているからです。

ネットワークドライブの割り当てを選択

ネットワークドライブの割り当てを選択

タブが現れるので、「ネットワークドライブの割り当て」を選択します。

ラズパイの共有フォルダのパスを入力

ラズパイの共有フォルダのパスを入力

フォルダーから共有フォルダにしてるRaspberryPiのパスを入力します。最後に「完了」ボタンをクリックして完了です。

共有フォルダのパスの確認

共有フォルダのパスの確認

パスはラズパイの「共有フォルダ」にアクセスしてアドレスバーで確認できます。

パソコンにネットワークドライブが登録される

パソコンにネットワークドライブを割り当てた

先ほど登割り当てたネットワークドライブ(Y)と違うドライブ名(Z)になっていますが、ネットワークドライブ割り当ての説明する前に登録済みだからです。

まとめ、WinSCPでラズパイの共有フォルダにアクセス出来ないときはネットワークドライブを割り当ててみる

RaspberryPiの共有フォルダをネットワークドライブに割り当てるとWinSCPからアクセスが出来るようになりました。ラズパイ以外にも、NASや他のパソコン上の共有フォルダに「UNCパスはサポートされていません」とエラーが出て接続できない場合にも使えるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク