Googleスプレッドシートにヘッダーとフッター追加・編集は印刷設定から

PC

Googleスプレッドシートのヘッダーとフッターに情報が入っていると印刷された資料の管理に役立ちます。

印刷した資料整理など「これ何処の内容?」「何ページ目?」など分からなくなること無くなります。これ、プライベートだからと適当に作って印刷すると、後で何の資料か分からなくなるんですよね。

Googleスプレッドシートを新規作成するとヘッダーとフッターに情報が入っていません。情報追加(書式設定)は印刷設定から行います。

スポンサーリンク

スプレッドシートのヘッダーとフッターは印刷設定から

スプレッドシートのメニューから
【ファイル】>【印刷】の順から印刷設定を開きます。

プリンターのアイコンをクリックしても開くことが出来ます。

スポンサーリンク

スプレッドシートのヘッダーとフッターに情報追加する

Googleスプレッドシートの印刷設定

Googleスプレッドシートの印刷設定

印刷設定画面が出てきたら右側のメニューの「ヘッダーとフッター」を選択します。

スプレッドシートのヘッダー・フッターの設定

スプレッドシートのヘッダー・フッターの設定

ヘッダーやフッターに情報を追加する項目が出てくるので、付けたい内容をチェックします。

ヘッダーとフッターを付け加えた印刷イメージ

ヘッダーとフッターを付け加えた印刷イメージ

先ほどの「ヘッダーとフッター」の設定でチェックした項目が印刷プレビューに表示されます。

このままでも良いのですが、追加した情報の位置が決まっていて自由に変更が出来ません。

情報の位置を変更するには「カスタム欄の編集」から行います。

スポンサーリンク

スプレッドシートのヘッダーとフッターの書式設定

ヘッダーとフッターの情報「追加・編集」は

  • ページ番号
  • タイトル名
  • 日付
  • 時間
  • 任意のテキスト

が出来ます。

ヘッダーとフッターのカスタム欄を編集

ヘッダーとフッターのカスタム欄を編集

ヘッダーとフッターの「カスタム欄を編集」をクリックします。

カスタム欄編集をする場合はページ番号などの被る項目のチェック□を外しておきましょう。
ヘッダーとフッター編集の画面

ヘッダーとフッター編集の画面(拡大可)

ヘッダーとフッターはそれぞれ「左側」「中央」「右側」の3つに分かれています。

情報を追加したいエリアを選択します。

ヘッダーやフッターに追加できる情報の項目

ヘッダーやフッターに追加できる情報の項目

情報追加のバーが表示されます。

ページ番号追加

ページ番号追加

ページ番号は3種類。

タイトル表示

タイトル追加

タイトルの追加はワークブックとシート名の2種類。

日付の追加

日付の追加

日付は7種類です。「7 日目」など表示されていますが、「7日後」ではなく日付の表示パターンの種類になります。

時間の追加

時間の追加

時間の表示は秒を表示するかしないかの2種類。

任意のテキスト追加

任意のテキスト追加

ヘッダーやフッターのエリアに直接テキストを入れることもできます。情報追加のメニューバーから追加した情報は[1 日目][時間 1]など表示されます。

ヘッダーとフッターにカスタム情報追加

ヘッダーとフッターにカスタム情報追加(拡大可)

コンテンツエリアなど空白エリアを選択すると追加した情報が確認できます。

【確定】をクリックすると追加した情報が反映され「印刷設定」に戻ります。

印刷設定の画面

印刷設定の画面(拡大可)

ページ番号も表示

ページ番号も表示(拡大可)

複数ページもしっかりページ番号が割り振られています。ヘッダーの中央エリアにページ番号追加しました)。

ヘッダーやフッターに追加した日時情報は「印刷設定」画面に移動した時間です

スプレッドシートのヘッダーとフッターの余白を調整

ヘッダーとフッターの余白調整も「印刷設定」から出来ます。

余白の項目

余白の項目

ヘッダーとフッターの余白調整

ヘッダーとフッターの余白調整

デフォルトで3種類「標準、狭い、広い」が用意されていますが、カスタム数値で任意に設定することも可能です。

余白のカスタム調整

余白のカスタム調整 寸法入力(拡大可)

余白の調整は寸法を入力するかマウスで移動させることもできます。

余白調整 カーソル移動

余白調整 カーソル移動(拡大可)

上下左右の余白を調整できます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC
みんなに教える
SNS(アカウント)・RSS
コロロング
タイトルとURLをコピーしました