スポンサーリンク

涼むより写真スポットに良さげな七ツ滝に行ってきた

七ツ滝(二の滝) 石川・北陸ローカル

自宅から15kmほどの場所にある七ツ滝に行ってきました。

暑い中自転車で1時間半ほど移動でしたが、先日行ってきた「綿ヶ滝」と比べると涼みに来るスポットではなく写真撮るのに良いかなと思う場所です。

滝を見るだけなら駐車場から直ぐなので迷わないと思いますが、展望台など散策する場合は遊歩道入口にある案内板を写メ撮っておくと良いと思います。

能美市 七ツ滝の場所

石川県能美市にあります。金沢から県道22号(加賀産業道路)を辰口・小松方面へ進み川北大橋を超えて2つ目の信号(三ツ口)を左折、次に1つ目の信号を右折して北陸先端大学院大学に進む道を右側に分岐して長滝町の集落を抜けて左手が入口です。

駐車場まではイノシシ除けのゲートが塞がれているので、このゲートを開けて進みます。ゲートは2ヶ所あります。

開けたら閉めましょう。戸締りを忘れずに。

特に最初のゲートは閉めるのにコツが入ります。

駐車場はトイレのみ。トイレの裏に雨水を貯めるタンクがあり、水道はこの雨水を利用してるようで飲めません。

七ツ滝

遊歩道の案内板。拡大できます

遊歩道入り口から六つの滝が楽しめます。『七つ目の滝は人工』で出来ており集落入口にある瀧波神社の近くにあります。

こんな感じの小さい滝がいくつもあります(でかい滝が1つある)。拡大できます

先々週の大雨の影響か気の葉っぱから照らされている日光の明かりのせいなのか分かりませんが、水が黄土色です。

駐車場から一番奥の「一の滝」まで270mほどの距離です。

散策してると直ぐに滝が現れるので写真撮ってると何番目の滝なのか忘れてしまいます。

七ツ滝(二の滝)

二の滝。拡大できます

落差は10mほど、一番大きな滝です。

この滝の断崖絶壁のギリギリのところまで近づいてる人がいたのですが、ようやりますわ僕には到底無理。

一の滝をさらに進むと先端大学の寮の近くに出ました。遊歩道から段々整備された道に変わって人工的な建物が現れた風景。

最後まで行ってないですがガードレールになってたので、多分この先ありません。

展望台に行ってみよう

展望台からの景色。拡大できます

滝の上部にまで来てしまったので一旦戻って展望台まで行くことにしましょう。展望台への分岐は2つあるようですが、先端大学から戻って2つ目のルートが迷いにくいです。

2つ目の展望台への分岐

階段もあり整備されてるので1つ目の分岐より道が分かりやすいです。

拡大できます

ただ、あまり管理されていないようなので何度も蜘蛛の巣の壁が立ちはだかります。駐車場の遊歩道入り口に置いてある太い木の棒や道端に落ちてる木の枝など使って進まないといけないです。

道の状態も草が生えてるので何とか道らしいのが分かる感じで野生動物も出てきそうな雰囲気なので、途中からradikoでラジオ流しながら進んでます。

途中も分岐があり標識もあって真っすぐ進んで突き当りを左に行くと展望台に付きます。展望台までの道のりは比較的整備されているようでした。

展望台からの風景は写真の通りなんですが、行くまでの大変さに比べたら微妙な感じなんですぐさま来た道戻りました。

帰りも道が分かり難い。拡大できます

帰りは行きより早く滝の方まで戻りました。拡大できます

その後、写真撮りながら駐車場に戻りました。

先端大学から戻って1つ目の分岐は行かないほうが良いです

先端大学から戻って展望台へ続く道1つ目の分岐はこんな場所です。

標識は立派です。左が展望台の道のようです。写真上部にある橋を渡ると「さいの河原塚」に行くようです。

案内板の通り進もうとしても道っぽい道がいまいち分からないので行かないほうが良さそうです。こんな小さな里山でも遭難する可能性ありますから。

七ツ滝は写真を撮るには良いスポット

しかし暑かった。帰り道で道路の温度計が32度ありました。この日は全国的に37度とかの地点もあるそうで、そこと比べると大したことない気温かもしれませんがほとんど日影が無いところを走ってたのでかなり汗かいた。

七ツ滝へ行ったら少しは涼めるかなと期待してましたが、遊歩道は日影ではあるもののジメジメしてて風もほとんど吹いてなく暑かったです。

写真撮るには良い場所だと思うので、撮影スポットには良さそうな場所だと思います。まだまだ画像検索で出てくる「七ツ滝」のような立派な写真は撮れませんけど……

滝沿いの遊歩道はぬかるんでたり狭くて急で細い階段が有ったりと足元に注意が必要ですが割かし歩きやすいです。ほとんどの人が滝を見たら戻るようで展望台などあまり人が通らない場所に行かなければ蜘蛛の巣が顔にかかるなどの心配も無いかなと思います。

先日の「綿ヶ滝」にも行って、涼むなら綿ヶ滝、写真撮るなら七ツ滝かなと思いました。

金沢・松任エリアから車で1時間ひんやりスポット手取峡谷の綿ヶ滝に自転車で行ってきた
きっかけは、今年の冬にBSで放送していた「空から日本を見てみよう」で地元金沢・白山市が放送されていたから。 そこで見た手取峡谷、前から手取川にそういう風景あること知ってたけど、そこまで興味が無かったので何処になんて名所があるのか分から...

外部リンク『七ツ滝 遊歩道マップ