スポンサーリンク

岩崎工業の1.3L小型ピッチャーは部品点数が少なく保冷庫にも入る大きさです

生活

去年、同じ井阿波崎工業から出てる1.2Lの小型ピッチャーを買っていたのですが、フタが自動で閉まるようにとバネが付いていて洗うのが面倒ななので使ってませんでした。

小型保冷庫に入る1リットル冷水筒(ピッチャー)ってあるの?
ツインバードの『D-CUBE S』は500mlペットボトルが4本入る小型の保冷庫で、作ったお茶を冷水筒(ピッチャー)で冷やして気軽に部屋で飲みたいんだけど入るサイズがなかなか見つからないんだよね。 今まで使ってたガラス瓶にヒビが入った...

先日、いつも寄ってるホームセンターで部岩崎工業の「1.3L K-1261」が売っていたので購入。上記記事でも書いていますが、部品点数が少ないので気にはなっていたけどようやくお目にかかれた。

使ってみての感想は、バネとか部品点数が少なくてシンプルで洗うのも面倒にならないです。

岩崎工業1.3L小型ピッチャー

容量は1.3L、「容器・フタ」の耐熱は100℃でシリコンパッキンの耐熱は140℃になってます。

1.2lピッチャーのフタとスライドキャップ

1.2lピッチャーのフタとスライドキャップ

注ぎ口のフタはストッパーを押しながらスライドして開けます。スライドは2段階開くようになっていてさらに開くとスライドキャップが外れます。

スライドキャップを外すと持ち手の上のあたりにバネが付いてるのが見えます。このバネがスライドキャップのストッパーになっていますが注ぎ口と距離があるのでお茶が直接かかる心配もありません。

スライドキャップには注ぎ口をフタするパッキンが付いてます。このパッキンは外して洗うことも可能。

フタの裏側にも大きなリングのパッキンが付いてます。注ぎ口にスライドキャップのパッキンが当たるので横置きにしても漏れることは無いです。

写真の黒い点は小さなゴミです。洗うと問題なく取れます。

岩崎工業の1.3Lと1.2Lピッチャーの違いは部品点数の少なさ

容量も大して変わらず、容器の部分も若干高さが違うもののフタの径が共通してたりほぼ同じです。

どちらも熱湯対応で容量と形状以外は違いありません。

  • 1.3L小型ピッチャーのほうが部品点数が少ない
1.2lピッチャーのフタとスライドキャップ

1.2lピッチャーのフタとスライドキャップ

1.3L小型ピッチャーは1.2Lに比べ部品点数が少ないです。基本的に「容器・フタ・スライド」の3つにシリコンパッキンが2つです。

1.2Lはどうなのかと言うと、「容器・フタ(下部)・フタ(上部)・レバー」の4点です。レバーを挟む形状になってるのでフタが2つ付いてます。これ以外にも自動でフタが閉まるように注ぎ口の中にバネが入っています。容器の中にバネが入るので気になる方もいると思います。

1.3Lにもストッパー用のバネがありますが、注ぎ口から離れてるのでお茶がかかる心配は無いでしょう。

部品点数が少ないから洗うのが楽

僕は普段パッキンまで念入りに洗いません。たまに茶渋が濃くなったら外して洗う程度です。

それでも1.2Lピッチャーに比べると1.3Lピッチャーは洗うのが圧倒的に楽です。「容器・フタ・スライドキャップ」の3つだけ分解して洗います。

感覚的に水筒洗うのに似ています。フタを外してスポンジで洗うだけです。

1.2Lはと言うと注ぎ口にあるバネが面倒です。複雑なつくりなので装着も面倒です。その点、組み立てを考えると1.3Lピッチャーはシンプルです。

岩崎工業の1.3L小型ピッチャーは保冷庫にも入る

ツインバードの小型保冷庫にも入ります。これは1.2Lピッチャーと同じで収まります。

高さは普通の500mlペットボトルと同じぐらいでしょうか。コーラや伊右衛門などの少し背が高いペットボトルよりは背が低いです。

縦に入れた状態です。

保冷庫は冷蔵庫に比べるとあまり冷えません。正確に測ってませんが、特に夏場だと15度前後になります。

なので、作ったお茶は2,3日で飲むようにしています。それ以上冷やしておくと飲んでて味が変わってくる感じがするので。

岩崎工業の1.3Lピッチャーは洗うの楽だし小型保冷庫に入る

岩崎工業の1.3Lピッチャーは部品点数が少ないので洗うのが楽になりました。

ホームセンターで購入したときは箱に入って無くて袋に入れてあるだけでした。購入してフタやパッキンに黒くて粒のようなゴミが付着してたので使う前に全部ばらして洗うと簡単に取れました。ちょっと神経質だと気にはなりますね。

小型保冷庫に入る小さいピッチャーはガラスの冷水筒がありますが容量700mlほどなんですね、洗うのはガラス冷水筒が圧倒的に楽なんですけど、真夏で部屋で過ごしてたら足りないですし、1リットルは欲しいです。

だから、僕はこの1.3Lの小型ピッチャーは丁度良いと思います。1.2Lに比べて部品点数も少ないですからね、洗いやすいガラス冷水筒と比べても「容量」を選びます。

地元のホームセンターであまり見かけなくてもAmazonや楽天なら確実に手に入ります。

色やデザイン(キャラクターもの)色々あります。