HVTRN-BCTLのHDDをノーパソHDDに試しに交換。リカバリーで戻すとき抹消ソフトが必要でした

PC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

地デジ・BS録画にアイオーデータの「HVTRN-BCTL」を長年使っているんですけど、大容量HDDや故障して交換が可能なのか、HDD購入してから出来なかったら困るんでね試しにノートパソコンのHDD代用して動作確認してみた。

HDDレコーダーの「HVTRN-BCTL」は2.5インチHDDが使われています。

HVTRN-BCTLでHDD交換で使えるかの動作確認なので、ノートパソコンのHDDは「SATA-USB変換ケーブル」でデスクトップPCに繋いでバックアップ取ります。

確認出来たら、リカバリーして戻します。

HDD換装の動作はというと、HVTRN-BCTLで初期化が必要ですが数分間録画して再生を確認した。初期化後の録画時間もHDD容量に合わせて変わってる事も確認。

分解すると保証が無くなります。自己責任でお願いします。

「HVTRN-BCTL」のHDD交換(換装)

「HVTRN-BCTL」のHDDを交換するので、カバーを外して分解。

外装はネジ4本を外す

外装は底面に1本ネジが見えますが、残り3本はゴム足に隠れている。

HDDと繋がってるケーブルを外す

HDDは天板に固定されている。本体の基板と繋がってるケーブルを外す。断線しないように慎重に

SATA USB変換基板が付いてるので外したいところですが、このままだと取れないのでハードを固定してるベイを外す

HDDベイ取り外し

天板とHDDを固定してる4本のネジを取る

外した状態。長年の使用からHDDのベイと天板の間に衝撃吸収材がくっ付いてるので横に回し(捻り)ながら外した。

これで、「SATA-USB変換基板」が取り外せる。変換基板は薄っぺらいので折らないように慎重に。

HDDはベイの裏面に4本のネジで固定されているので、これも外す。

HDDの基板の面には透明なフィルムが付いている。ベイとショートしないためのもののようです。

HDD交換

ノートパソコンのHDDを取り付けた。取り付けは、外したときの逆順。

横にあるサムスンHDDは元々「HVTRN-BCTL」に付いてたHDD。

「HVTRN-BCTL」のHDDの換装。初期化と録画を確認

ごめんなし、画像なしです。

「HVTRN-BCTL」にアンテナ線やHDMIケーブル挿して電源付ける。「ディスクがありません」のメッセージは出なくて、交換したHDDは認識されてる。。このまま録画しようとしても「初期化してください」のメッセージが出る。

なので、メニューから初期化を実行。

初期化後に数分録画しましたが、再生も確認できて問題ないようです。ものによってはHDDに専用の領域があり、この領域が無いと認識しない製品もあるそうですが、「HVTRN-BCTL」は初期化メニューがあり専用フォーマットされるので交換したHDDでも使えるようですね。

交換したHDDは320GBで元のハードの500GBより容量が少ないので初期化した状態で録画時間は30時間ほど。500GBだと50時間以上の表示なのでHDDの容量違いでもしっかり認識されてるようです。

ノートパソコンのHDDを代用して動作確認しましたが、これでHVTRN-BCTLのHDDが壊れても交換できますね。320GB交換で録画時間も短くなったので、1TBなど大容量のHDDも使えそうです。

「HVTRN-BCTL」で使ったHDDのノートPC使用は抹消ソフトが必要

さて、「HVTRN-BCTL」で交換したHDDの動作を確認したので、元の状態に戻します。

HVTRN-BCTLで初期化したHDDの状態

ノートパソコンのデータはLBイメージバックアップ(Paragon系)でバックアップしてるのでリカバリーするだけですが、HVTRN-BCTLで初期化すると独自フォーマットになるようです。

ただ、HDDの容量は320GBなのに、「329.7GB+98.8GB」のパーティションが出来てて容量が増えてるのは謎ですが・・・

エラーでフォーマットできない

リカバリーする前に、パーティション削除やフォーマットしようにもエラーがでますね。。

「HVTRN-BCTL」は独自フォーマットの用でこのままだとWindowsに戻せません。ノートパソコンが使えないのは困った・・・

なので、以前から使っているHDD抹消ソフトでHDDの消去をしました。多分これでいけるだろう・・・

DESTROYの使い方

HDD抹消には無料ソフト「DESTROY」を使います。必要なのは空のCD-R1枚です。

DESTROYはダウンロードしたファイルの中にISOがはあるので、これをCD-Rに焼いて使用します。

窓の杜
DESTROY

DESTROYの焼いたCDをパソコンにセットしてブートで起動します。

※「SATA-USB変換ケーブル」で外付けとしてデスクトップPCに繋いだら認識しなかったので、ノートパソコンに内蔵としてセットしてる。

読み込みが終わると黒い画面に「>」の文字が出て入力を求められるので半角で「DESTROY」と打って[Enter]

DESTROYの画面

「personal」の[p]を入力

メニューが出るので[n]のキーを入力。

抹消するHDDの番号を選択

※パーティションを含めたHDD内の全データが消えます。削除するドライブは間違いないように

再びメニュー画面。一番速く終わる[0]を選びます。HDDを処分するわけでは無いので厳密な消去は不要。

確認の警告メッセージが出ますがそのまま実行。

後は、終了まで待ちます。結構時間かかります。

終わったらパソコンの電源をオフにしてもう1台のデスクトップPCにHDDをセット。

バックアップソフトで「未割り当て領域」と認識されました。これでリカバリーが可能になった。