Gmailで未開封メールを検索する。ラベル機能は未読メール振り分け出来るけど管理に使えない

PC
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Gmailで未読メールが溜まってくる開封するのが面倒になります。新着順で未開封メールが並んでると順番に開けばよいのだけど、数千ものメールの中に古い未読メールが残ってたら探すの大変ですよね。太字のメールを見つけるのはしんどいです・・・

バラバラになってる未開封メールはGmailの検索機能で表示することが出来ます。ラベル機能を使ってでも未読メールを振り分けることも出来るけど、開封したメールはラベルに残ったままになるから、未開封メールの管理には使えません。

Gmailの検索で未開封メールのみ表示させる

Gmailの検索フォームに[is:unread]を入力(半角で)。

すると、開封・未開封でバラバラだったメールが未読だけ表示される。ほら、全てのメールの日付が太字で表示されてるでしょ。

これだけで、未開封メールだけになりました。ハイ簡単!

ラベル機能で未開封メール振り分けることが出来るけど開封メールもそのまま残る

実は、検索同様にラベル機能でも未開封メールを振り分けることが出来る。

「含む」に[is:unread]を入力。そして、フィルタ作成に進む。

振り分けたいラベルを選んで、既存のメールにもフィルタを適応させるため「25通の…」にもチェックしてフィルタ作成する。

すると、未開封メールがラベルに振り分けられる。

ただラベル機能が使えるのは最初だけ。そのラベルの未開封メールを開いて「開封」にしても、ラベルに残ったままなんですよ。開封済みのメールとして。

だから、ラベル機能は未開封メールを管理するのに使えないの。

スマホに[is:unread]を単語登録しておくとGmailアプリでも使える

スマートフォンのGmailのアプリでis:unreadで検索しても、未開封メールが探せる。

スマホでバラバラになった未読メールを見つけるのは大変なので、[is:unread]を単語登録しておくと簡単に未開封メールを開封メールに出来る。

未開封メールが溜まってるあなた、ぜひ使ってみて。

 

▼Gmailに関する記事▼

>>特定のラベルに届いたメールをスマートフォンに転送する
>>Gmailに転送したメールをラベルで振り分ける