ライトアップの金沢城・兼六園に行ってきた。水面に反射する紅葉は幻想的

石川・北陸ローカル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

金沢城・兼六園のライトアップがあったのでカメラ持ってお出かけしてきました。

日曜の夜なので観光客が少なくなるかなと期待してたんですが、それでも兼六園の「ことじ灯籠」は人が多くて行列でしたね。

でも、初めてのライトアップは感動です。水面に反射して写ってる紅葉なんか幻想的。

撮影はブレブレだったのですが、カメラに観光客が写っても影絵のようにシルエットになるので、いつもはプレビュー画面で萎える僕も、わりかし抵抗なく写真撮ってました(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金沢城・兼六園ライトアップの日程と時間(2018)

  • 日時:11/9 – 12/1
  • 時間:17:30 – 21:00(最終入場20:45)
  • 入園料:無料
  • 場所:兼六園・金沢城公園・玉泉院丸庭園

入園料が掛かる兼六園が無料で入園できるんですね。

金沢城・兼六園ライトアップの情報

一部制限してあるエリアがあるのですが、兼六園で3/4ほどのエリアは散策出来ます。照明があるのですが暗いので足元注意です。

兼六園のライトアップ中の入口は3ヵ所。蓮池門口・真弓坂口・小立野口があります。なお、有名な正門(桂坂)と金澤神社側の入り口は利用できません。

金沢城公園も三十間長屋など一部通行できないエリアがありますが、玉泉院丸庭園はライトアップしているので入れます。

ライトアップの兼六園

瓢池のライトアップ見て圧巻。これは他も期待できる

兼六園は真弓坂口から入りました。最初に見た瓢池からの景色がすごかった。

何がすごいって、ライトアップで照らされている紅葉が水面にクッキリ反射してるの。紅葉の色も強調される。

これは、他も期待できる。

昼間と比べて夜はライトに照らされるから水面の反射がクッキリ写るんだ。これは良いこと知ったぞ・・・

栄螺山、ここの絶景も昼間より一味違う

人が多かったが頂上まで登って良かった。遠くに森の里方面の夜景も見えるのでなかなか良い。

ことじ灯籠・霞ヶ池周辺は混んでいる

やはり、一番有名なスポット「ことじ灯籠」は、早朝開園以外はいついっても混んでいる。

この日のライトアップは日曜日の夜なのでそれほど観光客が居ないかなと思ってましたが、ことじ灯籠の前に並ぶ行列がわんさか・・・写真の右から左へ一方通行になってました。

ことじ灯籠の反対側(カメラ後ろ側)は金沢市街地の夜景も見渡せます。

霞ヶ池周辺では、ことじ灯籠側が人が多くて、奥へ行くほど少しまばらなになる感じ。

この場所は、期間中の土曜日に「おもてなしカフェ」やってます。

雪つりは、近所の家の庭でもしてるので、見慣れてはいたけど、これも凄かった。1つの木に4角形,8角形ぐらいかと思ったらそれ以上の多角形。こんなに数多くしてるんだと、温かい時期の無料開放しか行かない県民は驚きました。

それにしてもライトアップになると、人が多くても影絵のようにシルエットになるから、後でプレビュー見てて気まずくなることないな~。カメラと目が合うのも分からないから意外と気軽に撮れる。

その他兼六園の紅葉スポット見て回る

兼六園内の他のスポットも見て回ります。霞ヶ池周辺に比べると人がまばら。あまり周りに気を使わなくても写真が撮れます(ことじ灯籠だけ見て終わる人が多いんかな、隅々まで欲しいと思うのだけど)。

小立野口近くの「山崎山」からの紅葉。

斜面になってるので、下から上に眺めると立体感と言うか奥行き感があります。

最初ん見た「瓢池」に戻ってきました。瓢池を「海石塔」のある奥の方に行くと写真の場所があります。海石塔の真ん前は人がそれなりに居てますが、少し奥に移動するとあまり人が来ないので落ち着いて写真が撮れました。

兼六園のライトアップでは、人が少なくて一番お気に入りの場所です。

最後に噴水。後ろにベンチがあるので、手ブレ防止のために座って撮りましたが、中々人が居なくなるタイミングが合いませんでした(^^;

あまり近くまで行くと「紅葉+噴水+雪つり」で写真が撮れないので少し下がる必要があります。

蓮池門口から出て、次は金沢城公園へ移動します。

金沢城公園は人は少ないが紅葉もあまり・・・

時間は19:45頃。日中だと観光客が多いですが、ほとんど人が居ませんね。

金沢城公園の広場も人がほとんどいないので落ち着いて見れます。紅葉はあまりないので、建造物を見るのも面白そうです。

建物も水面にクッキリ反射してライトアップは良いですね。

極楽橋下の通路。

辰巳櫓跡に向かいます。途中の遊歩道は日中もあまり人が来ない場所ですが、しっかり足元に照明があります。

ただ、辰巳櫓は閉鎖されていました。広坂通りや21世紀美術館など見渡せるので夜景に期待してたんですけどね。残念。

2018年6月の百万石まつりの時に辰巳櫓から撮影。広坂交差点やしいのき迎賓館の広場も堪能できます。

金沢城公園にはもう1つの展望台(丑寅櫓跡)があります。こっちはライトアップされていて通ることが出来ます。

ほんと、誰もいないです。

展望台からの眺め。先ほど通った兼六園の茶店。

金沢城公園の「三の丸広場」も見えます。ここから市街地の夜景が観れます。

玉泉院丸庭園は昼間と違った風景。ライトアップで一番お気に入りの場所になった

兼六園は混んでるけど、玉泉院丸庭園はいつも人が少ないので落ち着いて見れますね。

こちらは、休憩施設からの眺め。ただ、日中は通れた写真左手から上に登る道は通行止めなので残念。

ここのライトアップもそこそこ良かったんですが・・・

そう思ってたら、石垣のライトアップが始まりました。いきなり石垣が現れて感動。

琴と尺八の音楽も流れて、石垣のライトアップは複数パターンで7分間続きます。なんか幻想的。

金沢城公園・兼六園のライトアップは幻想的で楽しめる

兼六園は人が多いですが、ライトアップ見れる期間、1年とうしてあまりないですからね、特に「紅葉+ライトアップ」は今だけの時期。

水面に反射して浮かび上がる紅葉は幻想的です。

なお、兼六園は早朝開園がおすすめです。季節により時間帯が変わりますが、観光客がほとんどいないので人が多いことじ灯籠もゆっくり楽しめます。

兼六園の早朝開園は穴場スポット!入園無料でまったり過ごせるので金沢旅行2日目の朝に訪れたい場所
石川県を代表する観光名所「兼六園」、通常310円の入園料がかかりますが、有料開園の始まる15分前までは『早朝開園』を行っていて無料で見学できます。 しかも朝が早いので地元の人がちらほら散歩に来てる程度で、カメラで写真を散っている人は見...

自転車で行くなら香林坊周辺駐輪場が便利です。地下駐輪場も22時30分まで使えます。

金沢中心部の駐輪場の場所確認してきたので「香林坊・片町・兼六園」マップを作成した
駐輪場まとめ『金沢市中心部・金沢駅の駐輪場マップまとめ』 金沢市の駐輪場「香林坊・片町・兼六園」周辺の駐輪場は裏通りが多くて分かりにくい。 僕の中で、この近辺の駐輪場は香林坊大和の地下駐輪場が定番ですが、他の駐輪場は金沢...