WordPress5のGutenbergでHTMLコード編集を行うにはコードエディタを使用

WordPress
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WordPress5.0が正式にリリースされたので、テスト環境に入れてみました。

WordPress5.0は従来の投稿画面(エディタ)から、ブロック単位で編集するGutenberg(グーテンベルク)変更になったのでHTMLソースコードを直接入力する方法も違います。

Gutenbergを少し触った程度で、備忘録として書き残しています。全ての機能を把握しているわけではないのでご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

HTMLコード編集はブロック単位と本文全体

HTMLコードの編集はブロック単位と本文全体で入力する2種類があります。

部分的なHTML編集は「ブロック単位」での編集が便利です。

ブロック単位で編集

Gutenbergのエディタ画面

Gutenbergのエディタ画面

ブロックを選択するとビジュアルエディタが表示されます。

ビジュアルエディタ右の項目[]をクリック。

ブロック単位でHTMLコードを編集する

ブロック単位でHTMLコードを編集する

メニューが出るので「Edit as HTML」をクリック。

ブロック単位でHTMLコードを編集

すると、ブロック単位でHTMLで編集できます。

リストを追加

リストを追加してみます。

ブロック以外の余白をクリックすると上記画面に変わるので「Convert to HTML」をクリック。

タブが表示されるので、「Preview」で表示の確認が出来ます。

プレビューでHTMLコードの表示確認

タブ右にある[]をクリックして

HTML編集を完了する

HTML編集を完了する

メニューの「Convert to Blocks」をクリックするとHTML編集が完了します。

編集したHTMLは要素ごとにブロックが分かれる

編集したHTMLは要素ごとにブロックが分かれる

編集したHTMLは要素ごとにブロックが分かれるようです。

新しくHTMLコードを追加する場合は、改行して段落(ブロック)を追加するとやりやすい。

段落をマウスカーソルであてて、右側に出る「HTML」をクリックするとHTMLコードが編集できるようになります。

本文全体で編集

エディタ画面の右上に[]のアイコンをクリックするとメニューが表示されるので「Code Editor」を選択します。

すると、本文入力枠にHTMLコードが記入できるようになります。

コメント<!– –>に囲まれているコードが1つのブロックです。

コードを編集したら[]メニュー画面の「Visual Editor」を選択するとビジュアルエディタ画面に戻りますが、入力したコードが校正されたりと少しクセを感じます。

ブロックの外にリストを入れる

ブロックの外にコードを入力。

ClassicEditorの画面に変わる

ビジュアルエディタでは、リストのブロックだけClassicEditorの画面になります。

続いて、ブロックの中にリストを入れてみます。

ブロックの中にリストを入れる

入力枠以外の余白をマウスでクリックしたら下のようにコードが校正されました。

校正されたHTMLコード

校正されたHTMLコード

<p>タグが追加されてますね。

この状態でビジュアルエディタに戻すと

ビジュアルエディタを表示

ビジュアルエディタを表示

こうなりました。本文全体のコード編集は使いにくい感じです(;^_^A

まとめ。GutenbergでHTMLコード編集はブロック単位が扱いやすい

WordPress5.0のGutenbergでHTMLコードを編集するにはブロック単位が扱いやすいです。

以前のエディタだとHTMLコードを編集でコードを探すのに一苦労してましたが、グーテンベルクはエディタに癖はあるものの、ブロック単位になっているのでHTMLコードの編集が簡単になったように思います。

だからと言って、WordPress5.0に急いでアップデートする必要はないです。

グーテンベルクのメニューは英語で表示されていて日本語訳になっていないのと、プラグインなど干渉して不具合が出る可能性もあるからです。

テスト用のブログはWordPress5.0ですが、このブログはまだWordPress4.9.8です。

とりあず、本番環境でWordPressをアップデートする前に、サブドメインなどにテスト環境となるコピーサイトを作って動作確認してみてはと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク
WordPress
SNS(アカウント)・RSS
スポンサーリンク
コロロング