WordPress使うだけなら無料のレンタルサーバーも利用できます

よく「WordPressを使用するには有料のレンタルサーバーを借りる必要があります」と耳にするのですが、WordPressを使うだけで有料サーバーを借りる必要があるの?って疑問に思うことがあります。

無料レンタルサーバーに比べると、有料レンタルサーバーは広告が表示されないしPHPで使える機能(モジュール)の制限が無く(もしくは緩い)ので、僕はサーバー内部の詳細な仕様の話までは分かりませんが、サイト(ブログ)の運営で本格的に収益化を考えているのなら有料サーバーを借りる選択肢は分かります。

ただ、何でもかんでも「WordPressは有料レンタルサーバー」で勧めてる人を見ると違和感を覚えるのです。

このブログ見ていただけると分かりますけど有料サーバー使ってますが収益なんてい無いようなもんですし、なのでサイトで収益化とは別の話で、無料でもWordPressが使えるレンタルサーバーがあるの知ってほしいと思い記事を書きました。

スポンサーリンク

無料サーバーと有料サーバーの違いは性能と広告表示

無料レンタルサーバーと有料レンタルサーバーの違いを表にまとめました。無料レンタルサーバーでもサービスごとに違いはありますが、一般的な内容でまとめてます。

無料レンタルサーバー有料レンタルサーバー
費用無料発生
ディスク容量少ない多い
独自ドメインの使用一部サービスで可使用できる
商用利用一部サービスで可利用可
WordPress一部サービスで可対応
広告表示表示される表示されない
サポートなしあり
アクセス増加による影響高い低い
サービスの急な終了可能性あり無料サーバーに比べてリスクはほとんどないが、ゼロではない

今は、有料サーバーはWordPressが利用できるところがほとんどです。WordPressが使えることアピールしているサービスももあります。

また、一部ですが無料レンタルサーバーでWordPressgが使えるサービスもあります。その場合は広告が表示されることが多いです。

独自ドメインも無料レンタルサーバーで対応していることが多くなりました。独自ドメインの取得には数十円~千円程度の費用が掛かりますが無料サーバーを使うことでサーバー代を節約することが出来ますね。(ドメインの更新は種類によるのですが.comや.netの場合1,500円ほどです)。

ただ、無料レンタルサーバーは急にサービスが終了するリスクは有料レンタルサーバーに比べると高くなります。過去にも新規登録を終了したサービスがいくつもあります(その当時はWordPressというよりホームページが主ですが)。

急なアクセス増加などの影響も無料場サーバーは影響が出やすいです。サーバースペックなどで一丸に言えませんが、お金を払っている分有料サーバーのほうが安定してるとは言えます。

WordPressが使える無料レンタルサーバーを比較

僕が知る限りで、WordPressが使える国内無料サーバーは3つあります。「エックスフリー」「XREA フリー版」「スターサーバー フリー版」です。

エックフリーはレンタルサーバーで有名なエックスサーバーの無料レンタルサービスです。以前、エックスドメインで無料サーバーのサービスを行っていたのですが、2018年12月17日以降は「エックスフリー」にサービスが変わりました。

XREAとスターサーバーもレンタルサーバーで会社としての歴史は10年以上になる老舗のレンタルサーバー会社です(スターサーバーのネットオウルは2009年3月24日設立)。

「エックスフリー」「XREA フリー版」「スターサーバー フリー版(PHP+MySQL)」の比較です。

サービス名エックスフリーXREA フリー版スターサーバー フリー版(PHP+MySQL)
費用0円0円0円
ディスク容量2GB1GB2GB
データベース容量100MBディスク容量に含まれる50MB
提供(初期)ドメインあり
独自ドメイン10個10個(提供ドメイン含めての最大)1個まで
WordPress
SSL××
商用利用
広告表示あり (スマホ・タブレット)ありあり(スマホ・タブレット)
備考利用持続は3か月毎にサーバー管理パネルより更新手続きが必要登録時に.shopドメインが無料で付いてくる

ディスク容量やデータベースの容量が少ないものの、1つWordPressのサイトを運営していくには十分使えます。

この「コロロング」ブログのデータベース容量は約70MBほどです。投稿ページ・固定ページ含めて304記事ありますが、それでも100MBまで3割ほど余裕があります。

XREAの初期ドメインは、登録時に「.shop」ドメインの独自ドメインが無料で付いてきます。ただ、最初の1年は無料で2年目以降は更新料が掛かります。なので、初期ドメインを使う場合は、.shopドメインを削除にする必要があります。

無料レンタルサーバーはSSL非対応が多い

無料レンタルサーバーでSSL対応のサービスは極めて少ないです。XREAフリー版で対応していますが、初期ドメインだとURLがサブドメインからサブディレクトリに変わります。

アップロード先 public_htmlディレクトリ内
共有 SSL URL https://ss1.xrea.com/ID.サーバー名.xrea.com/

XREA よくある質問より

XREAで初期ドメインのSSL化は、サブドメイン形式から上記のようにサブディレクトリのURLに代わります。

無料レンタルサーバーは広告表示される

無料レンタルサーバーは提供している会社の広告が表示されることが多いです。中にはHTMLサーバーで広告表示が無いサービスもありますが、WordPressが使える高機能なサーバーだとほとんど広告が表示されます。

ヘッダーやフッターにバナー広告が挿入されたり、パソコンは広告非表示でスマートフォン・タブレットの画面下にオーバーレイ広告が表示されるなどあります。

WordPressを使うだけなら無料レンタルサーバーでも十分

本格的にサイト(ブログ)で収益化するなどの目標は無く、WordPressを使ってみたいだけなら、無料レンタルサーバーでも十分可能です。

ホームページでHTML書いてFTPでアップロードするより更新が格段に楽になります。

ただ、WordPressを使いたい人はサイト(ブログ)で収益化を考えている人が多い印象です。そういう方は有料レンタルサーバーを契約して始めるのが良いかもしれません。

このブログも最初はSeesaaブログで初め、エックスドメインに移転して、そのあと有料のレンタルサーバーに落ち着きました(その有料レンタルサーバーも転々としているのですが)。有料が良いからではなく他のブログで契約したので、こっちのブログもついでに有料サーバーに移転しようと思ったからです。

WordPressで有料レンタルサーバーをススメてるのは、サイト(ブログ)で収益化したい人に向けて書いているでしょうし、サイト(ブログ)で収益化を考えいないのなら無料レンタルサーバーでWordPressも全然ありだと思うのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WordPress
SNS(アカウント)・RSS
スポンサーリンク
コロロング
タイトルとURLをコピーしました