古いUSBサウンドカードを汎用オーディオでWindows10で認識した

sound blaster digital music lx PC
スポンサーリンク

XP~VISTA時代に使っていたクリエイティブのUSBサウンドカード「USB Sound Blaster Digital Music LX(モデルNo.SB0271)」がWindows10で認識しなかったのですが、ドライバを「汎用オーディオ」でインストールしたら使えるようになりました。

なので、メモとして書き残します。

Windows10のパソコンはレノボ ThinkPadT520で、第二世代のCore i5(購入時のカスタマイズで)搭載なのでWin7→Win10にアップデートしたパソコンになります。

上記写真の「USB Sound Blaster Digital Music LX」の背面端子の上部の落書きはラジオ録音していた時の目印です。

スポンサーリンク

Win10で古いUSBオーディオが突然認識しなくなった

Win10のパソコンで「USB Sound Blaster Digital Music LX」を最初に挿した時には認識してました。

汎用オーディオとして認識していたのですが、一度USBケーブル抜いて数日後に挿しなおしたら認識しなくなりました。デバイスマネージャーで⚠が出ます。

なぜ、認識しなくなったのか分からなかったので、メーカーから出てる「USB Sound Blaster Digital Music LX」のドライバを探して、Windows7用のドライバがあったのでそれをインストール。あたりまえですがデバイスを認識してくれません。

(認識しなくなったのは恐らくWindowsアップデートか何かで自動でクリエイティブのドライバがインストールされたのかな・・・)

でも、ほんの数日前までドライバ入れずに認識してアナログ外部入力から録音も出来ていました。

なので、デバイスマネージャーから手動でドライバをインストールします。

メーカーで用意されてるドライバをインストールしても認識しない

メーカーで用意されてるドライバをインストールしても認識しない

ちなみに、デバイスマネージャーから手動でクリエイティブのドライバをインストールするとエラーになります。

スポンサーリンク

Win10で古いUSBオーディオを汎用オーディオで認識させる

なので、「USB Sound Blaster Digital Music LX」を汎用オーディオのドライバを選んでインストールします。

デバイスマネージャーを開く

PCのプロパティからシステムを開く

PCのプロパティからシステムを開く

デバイスマネージャーは
PCの「プロパティ」>システムの「デバイスマネージャー」から開きます。

コントロールパネルからもデバイスマネージャーを開くことが出来ます。

汎用オーディオドライバをインストールする

USBオーディオをダブルクリック

USBオーディオをダブルクリック

USBオーディオが認識されていませんね、プロパティを開きます。

「ドライバの更新」からをクリックする

「ドライバの更新」からをクリックする

ドライバを手動でインストールする

ドライバを手動でインストールする

「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索」を選択します。

(ドライバを自動検索しても認識せずにエラーで失敗しました)

一覧からドライバ選択

一覧からドライバ選択

ドライバを一覧から選択します。

サウンドのデバイスを選択する

サウンドのデバイスを選択する

「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」を選択して【次へ】をクリックします。赤枠をダブルクリックしても進みます。

USBオーディオデバイスを選択する

USBオーディオデバイスを選択する

対象となるデバイスが複数出るので、汎用オーディオの「USBオーディオデバイス」を選択して【次へ】進みます。

ドライバーのインストール完了

ドライバーのインストール完了

ドライバーのインストールが完了します。

デバイスマネージャーで認識される

デバイスマネージャーで認識される

USBオーディオが認識されました。

スポンサーリンク

Win10で認識した古いUSBオーディオを選択する

Win10で「USB Sound Blaster Digital Music LX」が認識できたようなので、「サウンドの設定」から選択できるか確認します。

サウンドデバイスが選択できるか確認する

サウンドデバイスが選択できるか確認する

タスクバーの通知領域のスピーカーアイコンを右クリックで、「soundの設定を開く」を選択します。

サウンドの設定画面

サウンドの設定画面

サウンドの設定画面が出るので、スピーカーや入力デバイスから「USB-Audio」が選択できるようになりました。

スピーカーを「USB-Audio」を選択して、適当に動画を再生。「USB Sound Blaster Digital Music LX」に挿したイヤホンから音が出たので、これで使えることが分かりました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PC
みんなに教える
SNS(アカウント)・RSS
コロンの記録帳
タイトルとURLをコピーしました