修理の前にSDスロット基板とメイン基板接続するコネクタサイズを確認

破損した基板対基板コネクタ(ソケット) 電子工作・プログラム勉強中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、流星群の試し撮りに隣町の公園へ行ったのですが、その時誤ってカメラを落下。カメラジャケット(ポーチ)に入れていたのでレンズや本体に外傷はなくて良かったのですが、打ちどころ悪かったのかSDカードの読み込み不良が発生「カードが異常です」の表示が。

他のカードも試したのですが全てダメ。

去年中古(ネットオークション)で購入した物で発売が2006年と古い機種だったので、原因確認と壊れたならダメもとでと分解。最初はケーブルかSDスロットの端子が接触不良を起こしていると思ったのですが、どうやらメイン基板とSDリーダーの基板同士を繋ぐコネクタ(メイン基板側)が破損していました。

このコネクタを交換すると直るかも知れないので、調べたコネクタ仕様について書いていきます。

なお、管理人はユニバーサル基板での簡単な電子工作の経験はありますが、家電製品などの修理は未経験です。まだ作業前なので直せるかは実際にやってみないと分かりません。

サイズは実寸で測ったものです。まだ部品を購入していないため、このサイズで合わない可能性もあります。

あくまでメモで書いているので、実際に同じ作業する際は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

K10DのSDスロット基板とメイン基板を繋ぐコネクタについて

K10Dの分解は「K10D 分解」で検索したらサービスマニュアルがあるとの情報があったので、そのサイトのリンク先からサービスマニュアルをダウンロードして行いました。

メイン基板の取り外しにはリード線のハンダを取る作業もありますが、分解方法については省略。

破損した基板対基板コネクタ(ソケット)

破損した基板対基板コネクタ(ソケット)

メイン基板にある「基板対基板(BtoB)コネクタ」が片側端子が外れ(折れ?)取れかかっています。落下の衝撃で破損したと思われる。このコネクタ、何度も折り曲げていたら取れました。

SDスロット側の基板対基板コネクタ(ヘッダー)

SDスロット側の基板対基板コネクタ(ヘッダー)

SDスロット側の基板対基板コネクタは無事です。

最初は、SDスロットと同じタイプのコネクタを探そうとしたのですが、厳密に型番不明なのでSDスロット側のコネクタも取り外し。(こっちは)はんだこてを端子の両側交互に当てながらハンダを溶かして外しました。

基板対基板コネクタのサイズを調べる

SDスロット側・メイン基板側のコネクタを外したので、ピッチとピン数が合っていれば元々付いていたコネクタと違う外寸でも「同じ」ヘッダー・ソケットなら取り付け可能と思われるので、コネクタサイズ(特にピットと高さ)について調べます。

基板対基板コネクタのピッチ

基板対基板コネクタのピッチ(メイン基板側)

基板対基板コネクタのピッチ(SD基板側)

基板対基板コネクタのピッチ(SD基板側)

どちらも7ピンの幅が約2.5mm。

参考に、パナソニックの狭ピッチコネクタのピッチサイズは「0.35mm、0.4mm、0.5mm」がある。

それぞれ、7ピン合計のピッチ幅は「2.1mm、2.4mm、3.0mm」になるので、7ピン幅を実寸で測った2.5mmに近い「0.4mmピッチ」の可能性が高い。

ソケット側コネクタ高さ(向きA)

ソケット側コネクタ高さ(向きA)

ソケット側コネクタ高さ(向きB)

ソケット側コネクタ高さ(向きB)

ソケットの両側の高さを測り約2.5mm。

ヘッダー側コネクタ高さ(向きA)

ヘッダー側コネクタ高さ(向きA)

ヘッダー側コネクタ高さ(向きB)

ヘッダー側コネクタ高さ(向きB)

ヘッダー側は約1.5mmほど。

ヘッダー側コネクタ外寸(幅)

ヘッダー側コネクタ外寸(幅)

約5.0mm

ヘッダー側コネクタ外寸(奥行)

ヘッダー側コネクタ外寸(奥行)

約4.0mm

次に、基板側のコネクタ足が付くランドの内側のサイズを見る

メイン基板側のコネクタ足の内側の幅

メイン基板側のコネクタ足の内側の幅

約3.5mm。

SD基板側のコネクタ足の内側の幅

SD基板側のコネクタ足の内側の幅

約2.5mm。

スポンサーリンク

メイン基板とSDスロット基板のBtoBコネクタサイズ

コネクタの型番不明で実寸で測ったサイズなので誤差はあるかもしれない。

  • ピッチ:0.4mm
  • ピン数:14ピン
  • ソケットの高さ:約2.5mm
  • ヘッダーの高さ:約1.5mm
  • ソケット両端の足幅(内側):約3.5mm
  • ヘッダー両端の足幅(内側):約2.5mm
スポンサーリンク

基板対基板コネクタを個人購入できそうなサイト

色々な通販サイトで出てきた基板対基板(BtoB)コネクタ、ヒロセ電機とPanasonicのBtoBコネクタを個人で購入できそうなサイト

2019年8月14日時点

本家Digi-Kyeは個人で購入できるかは不明です。Digi-Kyeで探したパーツの型番(Digi-Kye品番)をマルツオンラインで検索すると同じ商品が表示される。

マルツは実店舗もあり個人で各種パーツの購入が出来ます。Digi-Kye取扱製品も同様に個人で購入できると思われる。

マルツとDigi-Kye業務提携について

RSコンポーネンツは基本的に法人との取引ですが、個人でも支払い方法に制約がありますが利用できるそうです。ただ、RSコンポーネンツでBtoBコネクタのソケット側 「0.4mmピッチ 14ピン」はありません(2019年8月14日時点)

ミスミもBtoBコネクタを扱っていますが、購入には会員登録が必要で個人では登録不可(個人事業主なら可)。

ヒロセ電機に購入店舗リストがあるので、上記以外の通販については確認中。

タイトルとURLをコピーしました