素人が13年目のクロスバイクCS3000を徹底メンテナンス。Vブレーキと泥除け分解

ブレーキワイヤーの通りを確認 GIANT CS3000いじり
スポンサーリンク

ブレーキアームと泥除けを外していきます。

使用工具

  • ドライバー
  • 六角レンチ
  • ソケットドライバー

他の作業も同時進行で行っているので時系列におかしい場合があります。ご了承ください。

素人による見解なので、記載内容に間違いがある場合があります。プロによるメンテナンス法ではありません。自転車メンテナンスはショップに任せるか自己責任でお願いします

スポンサーリンク

泥除け外し

前後の泥除けの固定ヵ所を確認します。

泥除けを外す前にタイヤを外します。自転車を逆さにすると泥除け外しやすいです。

前泥除け固定ヵ所1
前泥除け固定ヵ所1

フロントフォークのキャリパーブレーキに泥除けと一緒にフロントラックも固定されてます。ネジはプラスドライバーも使用できる六角ボルトM6x45mmで、フォークを貫通してナットで閉まっています。

場所が場所だけにモンキーレンチx2だと持ち手の部分とか色々干渉してできなかった。

ネジが固くプラスドライバーでは外れなかったので、モンキーレンチとボックスレンチで外しました。

ソケットドライバーとモンキーレンチ
ソケットドライバーとモンキーレンチ

写真はリフレクターライトを外した時のですが、フロントラックも同じようにボルトの頭とナットをモンキレンチとドライバーで外しています。

ドライバーがラチェットになってるので、モンキーレンチで固定してドライバーを回して外しました。

泥除けを何度か着脱することを考え、取り付ける時は六角穴ボルトに変更します。六角レンチが使えるので工具とフレームなどの干渉は少なくなるかなと。

フロントラックは、自転車購入時にお店で付けてから1度も外していません。一応ボルトを通す、ワッシャー、フロントキャリーの順番も確認しておきます。

前泥除け固定ヵ所1(別角度)
前泥除け固定ヵ所1(別角度)

前カゴを取り付けていたフロントラックは、キャリパーブレーキの位置とVブレーキの位置で固定されています。フロントラックはVブレーキを外さないと取れません。

前泥除け固定ヵ所2
前泥除け固定ヵ所2

もう1っカ所はクイックレリーズ横のダボ穴に固定されています。前輪泥除けはこのダボ穴左右2ヵ所と先ほどのフロントフォークの計3ヵ所で固定。

後泥除け固定ヵ所1
後泥除け固定ヵ所1
後泥除け固定ヵ所2
後泥除け固定ヵ所2
後泥除け固定ヵ所3
後泥除け固定ヵ所3

後輪泥除けもキャリパーブレーキの穴とクイックレリーズ横のダボ穴、クランク側にも1ヵ所あり、合計4ヵ所で固定されてます。

キャリパーブレーキの穴はダボ穴になっていてM5のボルトになっています。ネジ切りもあるので貫通せずにクイックレリーズ側と同じボルトで固定されています。

外した前後の泥除け
外した前後の泥除け
スポンサーリンク

Vブレーキを外す

後Vブレーキ
後Vブレーキ
前Vブレーキ
前Vブレーキ

Vブレーキは台座にボルトで固定されているだけです。

Vブレーキを外す
Vブレーキを外す

ボルトの頭に泥やゴミなどが付着してる状態だと六角レンチが浅く入ってしまうため、ゴミなど取り除いてから六角レンチを入れます。

フロントラックやワッシャーなどの順番を忘れないように写メしておきます。

Vブレーキのボルトを外した
Vブレーキのボルトを外した

フロントラックのVブレーキを固定してるアームは、ある程度サイズに合うように稼働するので、下に向けてVブレーキを外します。

フロントキャリア
フロントキャリア

泥除けを先に外すか、Vブレーキを先に外すかでフロントラックの外す手順は若干変ってきます。

スポンサーリンク

ホームセンターで六角穴ボルトが手に入る

外したボルトはそのまま使用できますが、ホームセンターのネジ類バラ売りコーナーにステンレス製の六角穴ボルトやナット、ワッシャーが手に入ります。(サイクルショップやイオンの自転車コーナーにも自転車用六角穴ボルトが売っている)

なので、材質がスチールや錆びて酷い場合は簡単に入手できます。

ホームセンターに売っている六角穴ボルトの六角レンチ適合サイズは自転車用のボルトより小さくなっています。サイクルショップで売ってるM5のボルトは5mmの六角レンチを使用しますが、ホームセンターで売っているM5のボルトは4mmの六角レンチになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
GIANT CS3000いじり
みんなに教える
SNS(アカウント)・RSS
コロンの記録帳
タイトルとURLをコピーしました